>
>
>
寂しい気持ちに対処して不安や孤独を軽減

寂しい気持ちを改善する方法!まとめ-臨床心理士が解説⑥

今回が「寂しい」コラムの最後です。ここまで5回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

寂しい気持ちの問題と原因

コラム①では、「寂しい」に悩まされる4つの原因をご紹介しました。

・交流の少なさ
・条件付きの愛

・見捨てられ不安
・対人関係の不安

「寂しい」という感情に悩まされてしまうことは、対人関係がうまくいかない悪循環になったり、思考力が低下したりする点で注意が必要でしたね。予防するためには、「寂しい」という感情をうまくコントロールすることが必要なお話をしました。

「寂しい」という気持ちにどう対処するか、解説をしましたね。コラム②③④⑤では、4つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

寂しい気持ちを改善する4つの方法

1:コミュニティを見直す
1つ目の解決策として「交流の少なさ」を解決するための知識をお伝えしましました。相手が知らない人であっても、少しの会話を持ち掛けてみて些細な会話をしてみること。また、気楽にできる集団活動に参加してみることなど。交流の機会を増やしてみることをお話しました。コラム②を参考にしてみてください。

2:無条件の愛に甘える
2つ目の解決策として「無条件の愛に甘える」についてお伝えしました。愛情のストロークには2種類があり、寂しい気持ち緩和するには、無条件の肯定的ストロークが大切でしたね。まずは肯定的ストロークを、無条件で与えてくれる人を探すことからはじめてくださいね。コラム③のポイントを参考に、心理的な安定が得られる環境を作って、寂しい気持ちを解消していきましょう。

3:見捨てられ不安とうまく付き合う
3つ目の解決策として「見捨てられ不安」について解説しました。見捨てられ不安が強いと人間関係が不安定になり、孤独な状態になることで寂しい気持ちになってしまいます。コラム④でご紹介した4つの方法を活用して、見捨てられ不安による寂しい気持ちと上手に付き合っていきましょう。

4:「ポジティヴ眼鏡」を掛けよう
4つ目の解決策として「対人関係の不安」に対処し「寂しい」を軽減することを解説しました。交流を持つようになった相手と親密になれるまで時間がかかるかもしれません。そして、なかなか自分にとって心地よいものを与えてくれない相手に不満を持つかもしれません。

そんな時、相手へのポジティヴな期待が役に立ちます。コラム⑤でご紹介したポイントを押さえて、親密な交流を目指しましょう。

寂しい気持ちをコントロール

「寂しい」コラムでは、「寂しい」と感じたり、対人関係で満たされない方向けに、対処を解説してきました。コラムを読み終えて「寂しい」が軽減できそうだと思っていただけたらうれしいです。

4つの解決策を元に、寂しい気持ちをコントロールしてくださいね。寂しい気持ちをプラスに変えよう

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「寂しい」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!「寂しい」という感情は人に備わった大切な機能ですが、それに悩まされすぎないようにうまく付き合っていくことが大切です。適度に「寂しい」を感じつつ、ご紹介した方法で適度な満足を培ってみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★4つの方法で 寂しい気持ちを軽減して 満足を培っていこう