>
>
>
メンタル弱いを克服する

メンタル弱いを克服する「コミュニティ」を増し方④

コラム③では、メンタル弱いを改善する方法の2つ目「正のストローク」についてご紹介しました。練習問題を行いながら2つの考え方を身に付けてくださいね。今回は、メンタル弱いを改善する方法の3つ目「ソーシャルサポート」についてご紹介します。

ソーシャルサポートでメンタル弱い克服

皆さんは「悲しい」「不安」などの気持ちで悩んでいる時に、打ち解けられる人がいるでしょうか?もし周囲にに相談できる人がいないとしたら要注意です。心理学の研究ではコミュニティに所属し、ソーシャルサポートを得られるほどメンタルヘルスが安定することが報告されています。

ソーシャルサポートは、周囲からの心理的・道具的な援助を意味します。ソーシャルサポートはコミュニティに所属することで獲得することができます。そのため、適切な範囲内でコミュニティに参加することでメンタル弱い状態から抜け出すことができます。

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートと精神的な健康ほ関係について調査を行いました。その結果、家族、大切な人、友人のサポートが得られやすい方は不安感などの指標においてポジティブな関連があることが報告されています。

メンタル弱い

まずは、家族から得られるサポートを見てみましょう。上図の(-)マイナスの意味ですが、家族のサポートを得られやすい方は、特に自立神経症状が少ない傾向を表しています。

メンタル弱い原因

次に、大切な人のサポートですが、疲れやすさ・自立神経症状は家族からのサポートぐらい大きくはないものの、不安感の減少に大きく影響しています。大切な人が側にてくれる安心感はメンタル弱い状態を高めてくれます。

メンタル弱い 克服

最後に友人のサポートですが、同じく不安感が大きく減少していることが見て取れます。不安感の減少ぐあいは、大切な人のサポートよりも若干少なくなっているものの、疲れやすさ、自立神経症状は少ない傾向にあります。

 このように、ソーシャルサポートは様々なコミュニティから受けることで、精神面で大きくな効果をもたらします。家族だけ、友人だけではなく幅広い人間関係を構築していけるといいですね。

コミュニティとは何か?

ここで、ご自身が所属しているコミュニティの数を考えてみましょう。”コミュニティ”とは以下のように定義します。

①3人以上のグループ
②少なくとも月1回、1時間以上の集まりがある

上記を満たすグループに所属している場合は1と数えてください。


家族、職場、学校、
登山同好会、
大学時代の友人、飲み友
ママ友の会、
サークル、部活、麻雀仲間等

コミュニティは「  」箇所

5~7
青信号です!充分満足できるコミュニティ数 メンタル弱い状態も克服しやすいです。
3~4
黄色信号です!コミュニティ数は少なめ 許容できるレベルですが、もう少し増やせるのが理想です。
1~2 
赤信号です!コミュニティ数が少ない 精神的にトラブルが起きやすい状況です。

所属するコミュニティは最低でも3つは持っていた方は良いでしょう。1つだけのコミュニティでは人間関係が広がらず、お互いに固執してしまう関係で問題が発生しやすいからです。

また1つのコミュニティで問題が起きても、後の2つのコミュニティが援助してくれるため、メンタルに悪影響が起こりにくくなります。もし2つ以下のコミュニティ数の場合は注意が必要です。さみしい気持ちは交流を増やして対処しよう

メンタル弱いを克服するコミュニティ探し

コミュニティに所属する、と言われても、実際に何をすればいいかわからないという方も多いでしょう。そこでコミュニティを増やすためのポイントをいくつかお伝えします。

① 趣味のコミュニティを探す
コミュニティを探しの大事なポイントは「好きなこと、趣味」を基準に探していくことです。逆説的ですが、コミュニティに所属してメンタル弱い状態を高めれたらいいなぐらいに考えて、まずは興味のあるテーマにまつわるコミュニティを探してみましょう。

例えば私の場合は「麻雀」が好きで、たまに集まるのですが、好きなことが共通したコミュニティなので比較的長続きしやすいです。未婚の方であれば、婚活の情報を教え合う仲間をつくるとお互いの悩みをオープンにしやすいでしょう。自然が好きであれば、アウトドアにまつわるコミュニティなどもありますね。スポーツのコミュニティなども交流が深められるかもしれません。

② 会話のコツを抑える
どのコミュニティでもやはり会話スキルは必要です。心理学の研究でも、会話力が少ないと孤独感が増えたり、人間関係が希薄になってしまうとされています。会話スキルがつくとコミュ二ケーションが楽しくなり、交流を広げることができます。こちらの参考のサイトのリンクを張っておきますので参考にしてみてください♪傾聴トレーニング発話トレーニング初対面力 少し宣伝になってしまいますが、私たちも講座を開催しています(お知らせはページ下部)

③ まずは雑談できればOK
いざコミュニティに所属をしたら、他人とコミュニケーションができそうな機会があれば、積極的に関わっていきましょう。なかなか馴染めずに孤独にハマってしまう前に、まずは何でもない雑談をしてみることが大切です。良好な人間関係を構築している人は日常生活で起こるポジティブな出来事を積極的に利用する傾向があります(Gable et al, 2004)。

僧侶系男子・女子と出会おう

関連動画として、僧侶系男子・女子と会おう!動画も掲載させて頂きます。孤独で悩みを抱えやすいという方は是非ご覧ください。

メンタル弱いはコミュニティで克服

いかがでしたでしょうか。メンタル弱い状態を克服する基本的な解決策は第一にコミュニティへの所属が大切です。無理に関係深める必要はないですが、落ち込んだ時、立ち直れない時はソーシャルサポートを求めることが有効です。

次でメンタル弱いコラムの最後です、ここまでお伝えしてきた内容のまとめをします。一緒に振り返っていきましょう!!

★社会的なサポートでメンタル弱いを克服!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
青年期における対人葛藤が解決するまでのプロセス. 心理臨床学研究32(4), 502-512.岡本悠・井上孝代(2014)

2017 青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響 大坪岳 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 
レジリエンスの資質的要因・獲得的要因の分類の試み――二次元レジリエンス要因尺度(BRS)の作成
平野 真理 2010 パーソナリティ研究