>
>
>

メンタル弱い!を改善する

メンタル弱い,鍛え方


メンタル弱い!を改善する3つの鍛え方!折れない心を作る⑤

「メンタル弱い」から折れない心へ

今回が「メンタル弱い」コラムの最終回です。これまでの4回のメンタル弱いコラムで解説してきたことをおさらいしましょう。

メンタル弱いを改善するレジリエンス

コラム①では、メンタル弱い状態とレジリエンスの深いかかわりについて説明し、レジリエンスが低いとでき起きてくる問題を挙げました。メンタル弱い状態の原因は3つありましたね。

・極端にマイナスに捉える
・自分を責めすぎてしまう
・周囲からのサポートが少ない

メンタル弱い状態では、抑うつ的になりやすいといった、日常生活に支障をきたすリスクがあることが分かってきています。メンタル弱い状態にあるかどうかの簡易チェックテストで、まずは、ご自身の状態をチェックしておきしましょう。コラム②③④では、メンタル弱い状態の原因を解決する3つの具体的な方法をご紹介しました。

1:ABC理論
メンタル弱い状態の1つ目の要因「破滅的な考え方」に対処するに効果的な方法です。適応的で現実的な状況把握を目指し、「“絶対に~しなければならない”といったフレーズは使わない」「うまくいかないことがあっても極端な考え方はしない」「どんに辛い状況でも幸福につながる考え方をする」という3つのコツがありました。

コラム②で紹介した練習問題に取り組んで、メンタル弱い状態を改善していきましょう。

2:正のストローク
メンタルが弱い状態の2つ目の要因「自分を責めてしまう」を解決するための方法です。肯定的であたたかみのある言動を自分に投げかけてみるのも大切です。無条件の肯定的ストロークを日々に向ける!ことをぜひ意識しましょう。コラム③で紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

3:Iメッセージ
メンタルが弱い状態の3つ目の要因「周りからのサポートが少ない」を解決するための方法です。その時、感じている感情とその理由を具体的な言葉にして、素直に人に伝えてみるのも良いです。自分の気持ち(私)主語にして相手に感情を表現することが大事でした。勇気をもって自分の感情を言葉にして、ソーシャルサポートを増やしていきましょう。コラム④でお伝えした方法を参考にチャレンジしてみてくださいね。

メンタル弱い状態から折れない心へ

「メンタル弱い」コラムでは、辛いことがあって立ち直れない方、レジリエンスを高めたい方、すぐに落ち込んでしまう方向けに、メンタル弱い状態について性格な知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、「これで折れない心が持てるようになれそうだ」と感じていただけたら嬉しいです。また、ご紹介した練習方法を実践する中で、ご自身のネックとなっていたメンタル弱い状態の3つの要因が少しずつ解消され、メンタル弱い状態から折れない心へと変化して頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「メンタル弱い」コラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!始めは、ご紹介したメンタル弱い状態かを判断するセルフチェックや、自主練を行って実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★メンタル弱い状態は3つの具体的な鍛え方で、折れない心へ変わる!



折れない心を作ろう