>
>
>

マイナス思考の3つの治し方

マイナス思考


マイナス思考を3つの治し方で改善!前向きの捉えよう⑤

マイナス思考の原因に対処しよう

コラム④では、「認知の歪み」を修正する方法をご紹介しました。せひ解説した認知療法を活用しながら、自分の考えを整理をしてマイナス思考を改善していきましょう。今回が「マイナス思考」コラムの最後です。ここまで4回でお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

マイナス思考が離れない原因3つ

コラム①では、マイナス思考が離れない3つの原因をご紹介しました。

・すべて自分のせい
・ネガティブ反すう思考
・認知の歪み

マイナス思考が長続きすると、体調に悪影響を及ぼすだけでなく、モチベーションや意欲の低下、集中力もなくなってしまいます。最悪の場合だと、うつ病になってしまうこともあるため対策が必要でしたね。まずは、ネガティブ反すう傾向尺度で自分の傾向を確認しましょう。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

マイナス思考を改善するテクニック

コラム②③④では、マイナス思考を引き起こしている3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1広い視点で物事を考える
1つ目の原因「すべて自分のせい」を解決する方法です。ある出来事の原因を正しく帰属するポイントは3つありましたね。

・自分のーと+の部分を考える
・少しだけ他人の責任も考える
・「環境や状況」の原因を考える

まずは、結果の原因は1つではないと知ることが大切です。幅広い視点で物事を見ることで、すべて自分のせいにしてしまう思考のクセはかなり改善されます。

コラム②でご紹介した練習問題と3つのポイントで、より適切に原因帰属を行うようしていきましょう!

2:ネガティブ反すうを鎮める
2つ目の原因「「ネガティブ反すう」傾向が高い」を改善する対処法を3つご紹介しました。

・マイナス思考をアウトプットする
・マイナス思考をそのまま観察する
・今すべきことに集中する

ネガティブ反すうの症状がでてきたら、この3つの対処法で落ち着いて対処しましょう。コラム③でご紹介した練習問題もぜひ挑戦してみてくださいね。

3:コラム法で思考を客観視
3つ目の原因「認知の歪み」を正しくする、認知療法のコラム法をご紹介しました。自分のマイナス思考をパーセント(%)で表すことで、客観的に自分の考えを整理する方法でしたね。書き出すことで、頭の中がスッキリして、よりわかりやすくマイナス思考を捉えることができます。

マイナスな気持ちが強くなってきたら、コラム④でご紹介した手順と練習問題で具体的に思考を整理して、マイナス思考に対処していきましょう。

マイナス思考からプラス思考へ

「マイナス思考」コラムでは、マイナス思考で悩んでいる方、前向きになりたい人向けにマイナスな気持ちの原因や特徴、改善のテクニックなど正しい知識を具体的に解説してきました。「マイナス」という言葉はどうしても悪いイメージを与えがちですが、危機やリスクに対応する大切な機能でもあります。マイナス思考を治したい人が、マイナス思考への理解が深まり、少しでもイメージが変わったら嬉しく思います。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「マイナス思考」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!コラムの具体的な対処法を行動に移して、適度なマイナス思考を手に入れて安定した心の健康を保ってくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、心理学講座教室への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★マイナス思考は3つの原因と対処法で「ポジティブに活用」できる



後ろ向きな考え方を改善