>
>
>

無気力症候群を改善する4つの問いとはどのようなものでしょうか。

無気力症候群,改善


無気力症候群を改善する対処法③

コラム②では、無気力症候群になってしまう原因の1つ「完璧主義な性格」の解決方法を考えました。「ほどほど」の感覚を身につけることが大事でしたね。

今回は、無気力症候群になってしまう原因の2つめ「アイデンティティの未確立」について考えます。

自分自身と向き合うことが改善の第一歩

アイデンティティとは「自分らしさ、自分なりの価値観」を意味し、心理学の世界ではとても大切な概念です。

中学生以降の思春期〜青年期の20歳前後に人は大人として自分が成長する過程で精神的に自立することが求められます。

「自分と人とは違う人間だ」と気づきそれを受け入れ、「自分とはどんな人間なのだろう?」と自分らしさである自己や自我を見つけていきます。そして、「これこそが本当の自分だ」という自分を発見し自我を定めることを「自我同一性(アイデンティティ)の確立」呼びます。

無気力とアイデンティティの深い関係

アイデンティティを確立するまでの間は、 人間関係や他人に対して一喜一憂したり、また、人間関係を壊さないよう無理をしたり、逆に全く付き合わないなど、極端な行動をとることがあります。

そのため精神的な病気になったり一時的にそのような症状が出ることもありあます。無気力の状態もアイデンティティの確立の際の一過的な状態である可能性も考えられています。

アイデンティティは、青年期だけの問題ではなく、その後の就職や結婚、家族などその後の人生に大きく影響します。主観的にも客観的にも自分自身を理解することが求められます。昨今では青年期の問題は職業世代(20歳〜40歳位前後)にまで及ぶとも考えられています。

アイデンティティが確立できないとさまざまなライフイベントでつまづいたり、精神的な病気の症状が表れることもあります。気になる場合には心理カウンセリングなどの専門的な支援を受けてみましょう。

アイデンティティを確立するためには、まず自分自身に向き合うことです。今の自分がどんなことを思い、考え、感じているのか、そして将来はどうなりたいのか、時には過去の自分と向き合うことも必要でしょう。

 

心が揺らぐ、アイデンティティの拡散

アイデンティティの確立、自分らしさ…コラムを読んでなんだか頭が固まってきた方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は少しリフレッシュ。

それでは具体的に考えていきましょう。例えばこんな問いかけがあります。

「私は何者なのだろう?」
「私はどんな人生を歩みたいのだろう?」
「私はどんな仕事がしたいのだろう?」
「私はどうして生きているのだろう?」

これらの問いにすらすらと答えられる人は、すでにアイデンティティを確立していると言えます。一方、答えられない人は、アイデンティティが確立していない可能性があります。

アイデンティティが確立していないと、自分が何者かわからず、生きている実感も薄れてしまいます。先ほどの例で言うと、

「私は何者なのか、わからない」
「私はどんな人生を歩みたいのか、わからない」
「私はどんな仕事がしたいのか、わからない」
「私はどうして生きているのか、わからない」

という状態です。これを、アイデンティティの拡散と言います。自分なりの生きる価値観がしっかりしていないと、心の中はぐらぐらと揺らぐことが多くなります。生きることは選択の連続なのに、自分自身がわからないと、何を選び、どうしたらいいのかわからないことが多くなってしまうのですね。

4つの問いで無気力症候群を改善!

それではアイデンティティを確立するためには、どうすればいいのでしょうか。正直これはすぐには見つからないと思います。実は筆者もまだ模索中と言っても良いかもしれません。

明確な答えでなくてもOKです。直観的に当てはまる言葉を次の下の問いのに回答してみましょう。最初は軽い質問からはじめていきます。徐々に深くなっていきますよ!

問1 「私は〇〇をたくさん食べたい」
問2 「私は〇〇に行きたい」
問3 「私は20年後〇〇に住んでいたい」
問4 「私は〇〇な異性が好きだ」
問5 「私は〇〇の仕事にかけている」
問6 「私は〇〇するときに生きがいを感じる」

今の時点では、うまく答えられないと思います。でも落ち込む必要はありません。

アイデンティティを確立していく作業は、つらく難しいもので、とても時間がかかるものです。まずは日々の中で、自分はどんな生き方をしてどんな人間になりたいのかを、意識することから始めましょう。無気力症候群の改善に向けた大きな一歩になると思います。

無気力症候群を改善のために意識しよう

無気力症候群の原因を解決する、アイデンティ確立にコツをご紹介しました。自分の生きる意味、生きがいを感じることができたら、もう無気力症候群に悩まされることは無くなると思います!まずは意識する事から始めてみましょう。

アイデンティティは、さまざまな経験をし、悩み、模索する中で、少しずつ構築されていきます。焦らず自分のペースで確立して無気力症候群を改善していきましょうね!それでもやっぱり難しいなと感じることがあれば、心理カウンセラーの助けを借りることも一つの方法です。

次回の無気力コラムは、無気力症候群になる原因の3つ目「生活リズムの乱れ」の対策についてご紹介します。次回もお楽しみに!

★ 自分らしさがわかると、無気力症候群は改善できる
★ 無気力症候群の改善はアイデンティティの確立から
★ 4つの問いを意識して無気力症候群を改善しよう

 

*出典
・大学生の友人関係のありかたとアイデンティティの発達 鈴木貴美子,長江美代子日本赤十字豊田看護大学紀要 7(1), 133-144, 2012
・よくわかる臨床心理学 山口 創著 川島書店

コミュニケーション講座


アイデンティティ確立のコツを身に付けて克服を目指しましょう。