>
>
>

ネガティブ思考の正しい対処法を専門家が解説!

ネガティブ,思考


ネガティブ思考の正しい対処法を専門家が解説!3つのコツで気持ちを楽に⑤

ネガティブ思考の原因に対処しよう

コラム④では、「認知の歪み」を正しくする対処する方法をご紹介しました。ご紹介した認知療法を活用しながら、自分の思考を整理をしてネガティブを改善していきましょう。今回が「ネガティブ」コラムの最後です。ここまで4回でお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

ネガティブを強める3つの原因

ネガティブ思考の原因コラム①では、ネガティブ思考を強めている3つの原因をご紹介しました。

・自責が強い
・「ネガティブ反すう」傾向が高い
・認知の歪み

過度なネガティブ思考は、体調に悪影響を与えるだけでなく、やる気や意欲の低下、集中力もなくなってしまいます。最悪の場合、うつ病になってしまう可能性もあるため注意が必要でしたね。

まずは、ネガティブ反すう傾向尺度で自分の傾向を確認しましょう。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

ネガティブ思考を改善する具体的な方法

ネガティブ思考の解決策コラム②③④では、ネガティブ思考を引き起こしている3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:原因帰属を見直す
1つ目の原因「自責が強い」を解決するのに効果的な方法です。人が行動した結果の原因を正しく帰属するコツは2つありましたね。

・他人に原因や責任を求める
・その時の状況や環境に原因を求める

まずは、物ごとの原因は1つではないと知る事です。様々な視点を持って考える事で、責任の原因を自分ばかりに押しつける事が無くなります。

コラム②でご紹介した練習問題と2つのコツで、出来事の原因を正しく帰属できるようしていきましょう!

2:ネガティブ反すうを抑える
2つ目の原因「「ネガティブ反すう」傾向が高い」を解決する対処法を3つご紹介しました。

・ネガティブ反すう傾向を知る
・ネガティブに過剰反応しない
・ネガティブな思考を積極的に伝える

ネガティブ反すうの症状がでてきたら、この3つの対処法で焦らず対応しましょう。コラム③でご紹介した練習問題もぜひトライしてみてくださいね。

3:コラム法 
3つ目の原因「認知の歪み」を修正する、認知療法のコラム法をご紹介しました。

自分がどれくらいネガティブな考えを持っているかパーセント(%)で表すことで、自分の考えをわかりやすく整理する方法でしたね。

ネガティブな気持ちが強くなってきたら、コラム④でご紹介した手順と練習問題で客観的に気持ちを捉えて、ネガティブを打ち消していきましょう。

ネガティブ思考を解決してポジティブへ

ネガティブ思考からポジティブへ「ネガティブ」コラムでは、ネガティブ思考で悩んでいる方、ポジティブになりたい方向けに、ネガティブの原因や意味、対処法など正しい知識を詳しく解説してきました。「ネガティブ」という言葉の先入観だけで悪いイメージを持っていた人、ネガティブ思考に苦しんでいる人も、ネガティブの理解が深まり、イメージが少しでも変わったら嬉しく思います。

ネガティブ思考を強めていた3つの原因「自責が強い」「「ネガティブ反すう」傾向が高い」「認知の歪み」が改善され、ポジティブ思考に向かっていく事を実感していただけたら幸いです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「ネガティブ」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!コラムの具体的な対処法を実践して、適度なネガティブ思考を手に入れて心と身体の健康状態を保ってくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの原因と対処法で ネガティブ思考と 上手く付き合っていこう



理解を深めてポジティブへ