>
>
>
ナーバスと上手に付き合う方法

ナーバスと上手に付き合う方法-まとめ⑤

今回がナーバスコラムの最終回です。ここまで4回のコラムでお伝えした内容を一緒に確認しましょう。

ナーバスとは?問題と原因

コラム①では、ナーバスの意味や特徴、ナーバスで落ち込む原因を3つご紹介しました。

・完全主義
・執着しすぎる
・恐怖心が強い

ナーバスとは、神経がとても敏感な精神状態で、抑うつとの関連が深く、注意が必要でしたね。

ナーバスな気持ちと上手に付き合う3つの方法

ナーバスを改善する3つの方法

コラム②③④では、ナーバスな気持ちを改善する3つの方法をご紹介しました。

1:認知療法で完全主義を緩める
ナーバスな気持ちを改善する方法の1つ目として「認知療法」をご紹介しました。完全主義の捉え方をかえるのは3STEPでしたね。

STEP1:「出来事」「認知」を整理する
STEP2:「認知」を確認する
STEP3:現実的な認知に捉え直す

コラム②でご紹介した例を参考にしながら、完全主義を緩和してナーバスな気持ちを軽減していきましょう。

2:コラム法で捉え方を広げる
ナーバスな気持ちを改善する方法の2つ目として「コラム法」をご紹介しました。ナーバスな人は、些細なネガティブなに囚われたり、ひとつのことに執着しすぎる選択的注目をしがちです。

コラム③の事例も参考に、選択的注目を緩和しナーバスな気持ちとうまく付き合っていきましょう。

3:森田療法で受け入れる
ナーバスな気持ちを改善する方法の3つ目として「森田療法」をご紹介しました。コラム④では、具体的な考え方として、森田療法の基本理念を3つお伝えしましたね。

・よりよく生きたい欲望を引き出す
・目的本位で考える
・囚われを抜け、あるがままへ

不安や緊張など恐怖心でナーバスな気持ちが強くなってきたら、できたことを褒める、できないことは放っておく「あるがまま」の捉え方で、心のゆとりを持つようにしましょう。

 

ナーバスな気持ちの対処法を知ろう

上手に付き合っていこう!

「ナーバス」コラムでは、ナーバスで落ち込みがち、ナーバスな気持ちに悩まされているという方向けに、ナーバスについて正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて「ナーバスな気持ちと付き合っていけそう!」と思っていただけたらうれしいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、ナーバスな気持ちをゆるめていけるのを実感していただけたらうれしいです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「ナーバス」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!ナーバスな気持ちとうまく付き合えれば、物事がスムーズに運ぶようになり、心身の疲労から解放されることでしょう。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの具体的な方法でナーバスな気持ちと上手に付き合おう!