>
>
>
自信がない原因とは?

自信がない原因とは?心理的特と対処法とは-心理専門家が解説①

はじめまして!臨床心理士の竹元です。私は臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングを行っています。今回は「自信がない」についてお話していきます。コラム①は自信がないについて基礎的な話を5分程度させていただきます。目次は以下の通りです。

  • 自信とは何か
  • 他人嫌いに!?
  • 問題意識が大切
  • リフレーミングとは
  • アイデンティティ確立
  • サポートを増やそう

各コーナーにはもっと深く知りたい!という方のためのリンクがあります。まずは全体を読んでみて、気になる場合はリンク先をクリックしてみてください(^^) それでは早速、自己嫌悪の基礎から解説させて頂きます

自信がないとは何か

「自信がない」と近い言葉に、自己嫌悪があります。心理学的にはどのような意味・定義があるのでしょうか。いくつか見ていきましょう。

定義①水間(1996)
“客観的事実はどうであれ,否定的な感情や事象が
自分自身に由来するとし,自分が自分自身のことをいやだと
感じること”

定義②佐藤(1994)
”自分が、自分で、今の自分がいやだと感じること”

このように、自分が自分のことを「いやだ」と感じることという定義が多く見られます。

みなさんは「自信がない状態」に陥ることはありますか?長い人生の中で、失敗や壁に突き当たることもあると思います。そんなときは自信がない状態になってしまう・・・そんなこともあるかもしれませんね。

例えば、

・僕は周りよりスキルがない
・自分の見た目が嫌だ
・また挫折してしまった…

これらは代表的な、自信がない状態と言えます。自己嫌悪は、「こうなりたい」という理想がある一方で、現実的にはかなっていない状況で起こりやすくなります。

それ以外にも、心理学的にどのような状態をと定義づけるのか以下のコラムで解説しています。

意味や定義をより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・理想と現実のギャップ
・自己再生願望とは
・自己弁護とは
自信がない状態の心理学的な意味・定義②

自信がない悪影響

自信がないの状態では、他人も嫌いになってしまう恐れがあります。細田ら(2009)は中学生305名を対象に「自己肯定感」と「他者肯定感」の関連を調査しました。その結果が以下の図です。

このように、自己肯定感と他者肯定感が「正の相関」を示していることが分かります。正の相関とは、片方が増加すると、他方も増加する関係のことを意味します。
(※相関について深く知りたい方はこちらを参照ください。)

つまり、自信が高いと、他人を肯定する気持ちも高くなる、言い換えれば、自信がないほど、他人を嫌いになってしまうと考えられます。

そのほかにも、失敗を過度に恐れるなどの悪影響があります。

デメリットをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・他人を嫌いになってしまう
・失敗を過剰に気にする
・行動疑念とは何か
自信がないの悪影響!他人嫌いにもなる③

自信がないのは強み!?

実は「自信がない自己嫌悪の状態は自己成長にもつながる」(Deevyら,1992)と報告されている面もあります。「自己嫌悪」は、至らないと思うところや、課題点に目が向くので反省点がたくさん出てきます。その反省点を上手く活用していければ日常生活での問題を解決し、前に進んでいくことができます。

自信がない状態は「目標達成」にはメリットもある!と認識しておくと良いでしょう。

メリットをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・ネガティブ思考で成功する!?
・自己成長につながる
自信がないことのメリット!問題意識が上がる!?④

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

自信がない状態の対処法

自信がない状態の対処法について考えていきましょう。自身がない解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①リフレーミングで前向きに

・自分の短所ばかりに目が向く
自信がないという気持ちを強く持ってしまう人は、自分の至らないところばかりに目がいってしまいます。極端になると、自分にはいいところが1つもない…という心理に陥ること可能性があります。

・見方を変えよう!
このような場合、自分のプラス面にも目を向けていくことも大切です。当コラムでは、捉え方を変えることで自分の長所に目を向ける「リフレーミング」をご紹介します。

リフレーミングとは、
「これまでのものごとを見る枠組みを変えて、違う枠組みで見ること」
を指しています。

つまり、自分自身のものごとの見方を変えていくものです。家族療法や解決志向アプローチ(Solution Focused Approach :SFA )などの心理療法で用いられています。

リフレーミングの技法は、学校場面では、学校の先生が少し対応に困っている生徒の対応方法を発見することに用いられたり、仕事のモチベーションを上げる目的の企業研修などでも活用されることがあります。様々なところで活用されています。

リフレーミングをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・リフレーミング具体例
・高橋さんの実例
・練習問題でマスター
自信がない状態の克服法「リフレーミング」⑤

 

イラスト:リフレーミングで自分の良い所に向き合えている人

②自分を確立させよう

・アイデンティティの拡散
アイデンティティ確立とは、「自分とはこういう存在なのだ」という確信がある状態です。自信がない状態を乗り越えていくためには、アイデンティティを形成していくことがとても大切です。

・自分に価値を見いだす
中間ら(2015)は、アイデンティティ発達をとらえる尺度を作成した際に、453名の大学生を対象に調査を行いました。その中で、自尊感情のグループごとの比較を行っています。

自尊感情とは、平たくいうと「自分のことを価値があると思う」ことで、自己嫌悪とほぼ反対の概念のものです。群比較の結果、アイデンティティ達成群は、他の群に比べて有意に高い結果を示しました。

棒グラフにて、自尊感情の高さが示されています。グラフが高く、値が大きいほど、自信がない傾向が少なく健康的であることを示しています。以上から自己嫌悪には、アイデンティティが確立できているかどうかは重要な問題であると考えられます。

コラム⑥では、具体的なアイデンティティの形成方法について解説しています。

アイデンティティをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・アイデンティティ確立
・原田さんの事例
・価値観形成を目指そう
自信がない状態を和らげる「アイデンティティの確立」⑥

③ソーシャルサポートを得よう

・サポートが少ない
自信がない状態は疎外感と関連があるとされています。これは、最初に疎外されているからこそ自己嫌悪感が強くなるということもありますが、自己嫌悪感を持っているからこそ、疎外感を感じやすくなっているということも考えられます。これは様々な研究で両方の側面から報告されています。

水間(1996)は、自己嫌悪尺度を作成する際に、孤独感を要素の1つとして取り入れています。孤独感で人間関係がない方は自分を嫌いになりやすいのです。この点を改善する上では「ソーシャルサポート」を受けることが重要です。

ソーシャルサポートは、4種類あると言われています。

1.情緒的サポート・・
慰め、共感など感情面を支える

2.情報的サポート・・
アドバイスや解決策などの情報提供

3.道具的サポート・・
物理的に手伝ってくれるサポート

4.評価的サポート・・
正当な評価をしてくれるサポート

みなさんはいかがでしょうか。これらのサポートを受けられる環境にありますか?

・周囲に褒め褒め君はいませんか?
情緒的なサポートは端的に言えば、褒めてもらうことと言い換えても良いかもしれません。世の中には心理的に安定していて、愛情が豊かな方がいます。褒め褒め君となずけましょうか。

自信がないが状態が場合は、ソーシャルサポート上手な褒め褒め君を探してみましょう。意外なところにサポートが受けられるかもしれないですし、すでに受けているサポートもあるかもしれません。

ソーシャルサポートをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・サポートで自己肯定感UP
・褒め褒め君を探そう
・平山さんの事例
自信がない状態は「ソーシャルサポート」で克服できる⑦

自己嫌悪診断とチェック

自信がないについて簡易診断を作成しました。ご自身の状況を把握したい方は、コラム1を概観した後、一度診断してみることをお勧めします。
自信がない診断!今の自己効力感をチェック⑧

自己嫌悪と上手く付き合おう!

自信がない状態の対処法には、「リフレーミング」「やりたいことに集中する」「ソーシャルサポート」の3つが関わっていると言えそうです。

次回の自信がないコラムは、自信がないことの意味や定義について解説していきます。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★自信がない状態を理解して適切に対処しよう

目次

①自信がない-概観
②心理学的な意味・定義
③他人嫌いにもなる!?
④問題意識が上がる!?
⑤リフレーミングとは
⑥アイデンティティ確立
⑦ソーシャルサポート
⑧自信がない診断でチェック!

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Bandura, A. 1977 Self-efficacy: Toward a unifying theory of behavioral change. Psychological Review, 84, 191-215.
坂野雄二・東條光彦 1986 一般性セルフ・エフィカシー尺度作成の試み 行動療法研究, 12, 73-82.
浅沼(2018)教師からのほめられ経験・叱られ経験がその後の自己効力感に与える影響 岩手大学大学院教育学研究科研究年報 第 2 巻(2018.3) 49−57
森津誠(2007),「学生のネガティブな反すうと劣等感および自尊心との関係―『やる気』理解のための一考察―」,国際研究論叢,20(2),p63-70.
三好 昭子 2007 人格特性的自己効力感と精神的健康との関連 ―漸成発達理論における基本的信頼感からの検討― 青年心理学研究 19, 21-31.