>
>
>

落ち込むときの原因・3つの対処法で落ち込みやすい気持ちを解消

ochikomu


落ち込むときの原因と3つの対処法。落ち込みやすい気持ちを解消しよう!⑤

気分が落ち込むときは適切な対処を

今回が「落ち込む」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

落ち込む状況を解消できない問題と3つの原因    

コラム①では、落ち込む状況を解消できない問題と原因をご紹介しました。原因は3つありましたね。

・感情の抑圧
・認知の偏り
・問題をひとりで抱え込む

落ち込む状況が続くと物事を必要以上にネガティブに捉え、それが行動につながり、悪循環になってしまうということでしたね。

落ち込むときの対処法セルフチェックで自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみて下さい。落ち込むときの気持ちに対処していこう

3つの原因を解決する具体的な対処法   

コラム②③④では、3つの原因に対処する具体的な方法をご紹介しました。

1.フィンクの危機理論で感情を受け止める

落ち込む状況を解消できない原因の1つ目「感情の抑圧」の対処法として、抑圧していた感情を受け止めて落ち込む状況を解消するフィンクの危機理論をご紹介しました。フィンクの危機理論とは、危機を経験した本人がその状況を受け入れていく過程と、各過程で援助者として適切な支援方法を示した理論モデルでしたね。

落ち込んだときは、次の4つの段階をたどるとしていました。

1:衝撃
2:防御的退行
3:承認
4:適応

自分の感情に丁寧に寄り添うことが落ちこんだ状況を解消する一歩につながります。コラム②のワークに取組みながら、身に付けてくださいね。

2.リフレーミングでポジティブ思考へ

落ち込む状況を解消できない原因の2つ目「認知の偏り」の対処法として、フレーミングという方法をご紹介しました。リフレーミングは、物事のマイナス化思考という認知の偏りをプラス面にも注目することで対処する方法でした。

具体的には、
・状況のリフレーミング
・内容のリフレーミング 
の2種類がありましたね。

落ち込んだときや落ち込みそうなとき、そして、ネガティブ思考に気づいたら実践してみてください。コラム③のワークも参考に、認知の偏りを修正して落ち込む状況の予防や解消を目指していきましょう。 

3.ソーシャルサポートで問題解決

落ち込む状況を解消できない原因の3つ目「問題をひとりで抱え込む」の対処法として、ソーシャルサポートの利用をご紹介しました。ソーシャルサポートとはその名の通り、社会的関係の中でやりとりされる支援のことです。

具体的には
・家族
・友人
・会社の同僚
・専門的なサービス
など、自分を取り巻く環境の中でサポートしてくれる人やものをさします。

コラム④では、これまで落ち込むと一人で問題を抱え込んでしまっていた、実際どうすればよいか迷ってしまうという人に向けてカウンセリングというソーシャルサポートを利用して、問題を解決していく事例をご紹介しました。問題が起こったときには、いろいろな人の力をかりることで落ち込む気持ちの予防や解消につなげていきましょう。3つの対処法で落ち込むときの気持ちや気分を晴らしていこう

落ち込む状況を解消して前向きに

「落ち込む」コラムでは、落ち込む状況を解消できないことでお悩みの方を対象に落ち込む状況を解消できない問題や原因、対処法を全5回のコラムで解説してきました。

コラムを読み終えて「明日から1つやってみよう」と思って頂けると嬉しいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、あなたが悩んでいた落ち込む状況を解消できない3つの原因 「感情の抑圧」「認知の偏り」「問題をひとりで抱え込む」が少しずつ解消されることを実感して頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「落ち込む」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。新しいことを生活に取り入れ、これまでの習慣を変えるのはなかなか大変なことです。焦らず、できそうなことから根気強く取り組んでみて下さい。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの方法で落ち込むときの気持ちに適切な対処をしていこう!



落ち込む気持ちに適切な対処をしよう