>
>
>
楽観主義とは?意味や定義を心理学的に解説

楽観主義とは?意味や定義を心理学的に解説

はじめまして!社会心理学の専門家 川島です。私は現在、こちらの初学者向けコミュニケーション講座の講師をしています。コラムを読んで興味を持っていただいたら、是非お待ちしています。

今回は「楽観主義」についてお話していきます。

楽観主義の意味

皆さんは楽観主義という言葉にどのようなイメージがありますでしょうか。一般的には、物事を深刻に受け止めず「なんとかなるさ」の精神で捉えることと考えられているように思えます。

世界百科事典によると、

”楽天主義,楽観主義と訳される。ラテン語のオプティムスoptimus(最善の意)に由来し、世界や人生の価値や意義を究極的には肯定的に認める立場をいい、日常の用語としては、ものごとや事態のなりゆきをすべて良い方向に考える心理的傾向をいう”

と定義されています。

物事をポジティブに捉えるという意味が強いですね。今起こっている出来事だけではなく、人生のなりゆきをすべて肯定的に見る心理傾向と解釈しておくと良いでしょう。

心理的な影響は?

平野(2012)は心理的な敏感さが高い人において、心理的な適応度にどのような影響を及ぼしているかについて検討しています。

心理的な敏感さと楽観的の関係

ここで言葉の説明をしておきます。
楽観的…将来に対して不安を持たず、肯定的な期待を持って行動できる
社会適応度…充実した毎日を送ったり、孤独にならず生きがいを持って生活ができる

この結果から言えることは、敏感さが高い人が充実した毎日を送るためには、肯定的な期待を持って行動できる楽観性があると良いということです。

楽観性はその人がもともと持っている資質でもありますので、なかなか身に着けるのは難しいとは思いますが、ある程度の楽観性も必要であるということがわかります。

★楽観主義は「社会適合」のキーポイント!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります

人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
平野真理(2012) 心理的敏感さに対するレジリエンスの緩衝効果の検討―もともとの「弱さ」を後天的に補えるか― 教育心理学研究 60,343-354