>
>
>

パニック障害の治療法!回避症状を克服

パニック


パニック障害の治療法「エクスポージャー」で回避症状を克服しよう④

不安を乗越えよう

コラム③では、パニック障害の改善を妨げる原因の1つ「不安に陥りやすい破局的な考え方をしている」の対処法として、不安を切り替える認知再構成法をご紹介しました。

今回は、パニック障害の改善を妨げる原因の3つ目「不安に圧倒されて行動範囲が狭くなる」の対処法を取り上げます。

 

エクスポージャーとは?

コラム①でも取り上げましたが、パニック障害には、発作が起きそうな場所や状況を回避する症状があります。

電車や飛行機など、密閉された空間やすぐに逃げられない場所が怖くなってしまうのです。この症状がエスカレートしてくると、電車に乗ることはおろか外出すること自体ができなくなって引きこもってしまうケースもあります。こうした回避の症状の対処にはエクスポージャーの技法が有効です。

エクスポージャーとは、日本語では「曝露」と訳されます。その名が示す通り、苦手な状況に“さらされる”ことです。苦手な状況にさらされながら、次第に慣れて克服していくという、パニック障害の治療法のひとつです。

これから、エクスポージャーのポイントを3つ取り上げます。

エクスポージャーの3つのポイント

3つのポイントで症状に対処①パニック障害についてよく知る
パニック障害について、コラム①~③に書いてある知識をよく知っておくと、その後の治療がうまくいきやすくなります。

パニック発作とはどのようなものか、予期不安や回避行動のこと、呼吸法で発作を抑えることが可能なこと、発作が起きそうになっても認知再構成法で不安を切り替えられること、などを復習してみてください。

②自分でコントロールできると信じる
特に知っておいたほうがいいのは、パニック発作や予期不安、回避行動などのパニック障害の症状は自分でコントロールできるということです。

このように、ある事柄を自分でもコントロールできる、ととらえることを“セルフ・エフィカシー”と言います。ある種の自信のことで、自己効力感と呼ばれます。

陳ら(2001)は、エクスポージャーの治療を始める前に、パニック障害についてきちんと知っておくこと(患者教育)が大切で、そうするとセルフ・エフィカシーが高まりやすいと報告しています。

セルフ・エフィカシーが高まると言うことは、パニック障害を自分でもコントロールできると信じられる、と言うことです。そうすると、不安な状況にさらされるという大変なエクスポージャーの課題でも、やってみようと思う意欲につながります。ですから、セルフ・エフィカシーを高めることはパニック障害の治療には大事な要素です。

③段階的に不安な状況に近づいていく
イメージと現実場面で、不安に感じる状況に少しずつに近づいていきます。つまり、自ら不安にさらされるということです。

例えば、電車に乗ることが不安な場合は、

イメージ
各駅電車に乗っている自分を想像する
→満員電車に乗っている自分を想像する

現実場面
駅まで行って帰ってくる
→1駅だけ電車に乗る
→2~3駅ほど電車に乗る
→満員電車や急行電車に乗る

こうした具合に、段階的に難易度(不安の度合い)を上げていき、徐々に目標に近づいていくのがエクスポージャーです。うまくいったら自分を褒め、うまくいかなくても「また挑戦すればよい」と励まします。

 

エクスポージャーは協力者と行おう

パニック症状の治療は専門機関をエクスポージャーは非常に心理的な負担が強い技法です。そのため、ひとりで実行するよりも、協力者がいるほうが安心できます。できれば、専門機関にかかり、治療者を味方につけることをお勧めします。

今回のコラム「エクスポージャーで不安を乗り越えよう」はいかがでしたか。次回は、「パニック」コラムのまとめをお伝えします。

★セルフ・エフィカシーを高めてパニック障害に対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・引用文献
陳峻雯ら(2001)広場恐怖を伴うパニック障害患者を対象としたエクスポージャーに及ぼす患者教育の効果. 行動療法研究, 26(2), 57-68.



エクスポージャーで克服を目指そう