>
>
>

完璧主義者の極端な考え方!2つの対処法で気持ちを楽に③

完璧主義者


完璧主義者の考え方の特徴とは?2つの対処法で気持ちを楽に③

完璧主義者の長所と短所を知ろう

コラム②では、完璧主義を強めている原因の1つ「白黒思考,過度の一般化,べき思考」をご紹介しました。「考え方のクセに気づき修正する」事が大切でしたね。完璧主義者のの考え方の理解を深めて気づけるようになっていきましょう。

今回は、完璧主義者になる原因の2つ目「自分の考えに固執しすぎる」を解決するための対処法です。

完璧主義者に多い考え方を治すコツを身に付けて、完璧主義の短所を長所に変えていきましょう!練習問題を交えながら詳しく解説していきたいと思います。

 

極端な考え方を緩めよう

完璧主義者を治して気持ちを楽に完璧主義の思考が強い人は、自分の極端な考え方に固執したり、絶対的なものとして思い込んでしまう傾向があります。また、他人の意見や考えをなかなか受け入れられないという特徴もあります。

この考え方の根底には「考え方は1つでなければいけない」という考えがあるからです。そのため、対処するには他にどのような見方があるのかを考える事が大切になります。

物事の見方や考え方は人それぞれ違います。それが良い悪いということを抜きにして、まずは「そういう考え方もあるんだな」と受け入れることが重要です。受け入れる気持ちがあると気持ちが楽になり、完璧主義が軽減されていきます。

焦らず少しづつ「多様な考え方や視点を受け入れる」ことで、極端な考え方(=短所)を適度な考え方(=長所)に治して、完璧主義を改善していきましょう。

完璧主義者を治す2つのコツ

ここでは、多様な考え方に気づくきかっけを作ってくれる「2つのコツ」をご紹介します。

①他者の視点で考える
完璧主義の人は自分の中の合格基準が高すぎるため、自分で自分の首を絞めてしまう結果になることが多いです。

ですから、一度自分の視点は置いておいて「あの人だったらどうだろうか?」と他者目線で物事をみることも大切になります。

②反対の考えを見出す
完璧主義の人の考え方のクセは極端な場合が多いです。

ですから、思い切ってそれとは逆の考えや視点を考えてみましょう。最初は抵抗があると思いますが、意外と良い考えが思いつきやすくなるかもしれません。

この2つのコツは、完璧主義を強めている考え方を軽減するのに役立ちますから、ぜひ普段から心にとめてみてくださいね。

 

実践!様々な考え方を練習しよう

完璧主義者の考え方を緩める練習問題

それでは、練習問題で様々な考えに気づくトレーニングをしていきましょう。コラム②の練習問題で行った、完璧主義で困っているカトウさん、サトウさん、スズキさんの事例をもとに考えていきます。それぞれの状況での、別の考えや視点を考えてみてください。

練習問題1
カトウさんはある企業の会社員です。会社で使用する資料を作っている時、少しでも誤字があるとすべてやり直して最初から作り直していました。

別の考えや視点は何でしょうか?

 

<練習問題1の解答例>
○「誰にだって多少のミスはある。最初からやり直さなくてもいいだろう」
○「誤字があっただけで内容がダメなわけではない」

この問題は、誤字があっただけですべてをやり直すところに問題があります。やり直す必要がないという考えを思いつく事が、完璧主義の生きづらい気持ちを改善するために必要でしょう。

 

練習問題2
サトウさんは学生です。試験が近づいてくるとテストのことが気になって他のことが手につかなくなります。サトウさんは「テストでは良い点数を取らなければならない」と考えていました。

別の考えや視点は何でしょうか?

 

<練習問題②の解答例>
○「良い点を目指すのはいいけれど、必ず取れることはない」
○「テストの点数だけがすべてではない」

この問題は、テストで良い点数を取ることに捉われています点が完璧主義を治すポイントです。良い点数を目指すことと「必ず」取らなければいけないということは、分けて考える必要がありますね。そして、テストの点数だけが絶対ではないという視点も必要だと思います。

 

練習問題3
スズキさんは仕事でちょっとしたミスをしてしまいました。すごく落ち込んでしまい、「どうせまた失敗してしまうんだ…」と次の仕事をするのが怖くなってしまいました。

別の考えや視点は何でしょうか?

<練習③の解答例>
○「ミスをしたことで逆に次からはそのミスはしなくなるだろう」
○「同じミスを繰り返しているわけではない。次から気をつければいい」

この問題では、1つのミスで今後もそのミスがずっと続いてしまうのではと考えてしまったり、これまでもそうしたミスが続いていたかのように思い込んでしまっています。ですから、これまでのことを冷静に振り返ってミスしたことだけでなく、できていることに注目することが、完璧主義を治すコツになります。

 

練習問題をやってみていかがです?簡単にいくつも思いつく人もいれば、なかなか考えつかず思い悩んでしまった人もいるかもしれませんね。解答例を参考にしてみてください。

 

完璧主義者を治す第一歩を!

完璧主義を治す完璧主義者になる原因の2つ目「自分の考えに固執しすぎる」の対処法として「多様な考え方や視点を受け入れる」ためのコツと練習問題をご紹介しました。毎日の生活で少し意識して取り組んでいく事で、考え方の短所を長所に治していきましょう。

物事の考え方は人の数だけあります。良い悪いという判断だけで切り捨てるのではなく「そういう考え方もあるんだな」と受け入れることが、完璧主義を改善・治すための第一歩です!早めに対処していきましょう!

次回は、完璧主義者になる原因の3つ目「出しどころを間違えてしまう」の対処法についてご紹介します。

★ 2つのコツで 完璧主義者の考え方を 長所に変えよう
次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。
 
コミュニケーション講座


様々な捉え方を身に付けよう