>
>
>
完璧主義を改善する「べき思考→なるべく思考」④

完璧主義を改善する「べき思考→なるべく思考」④

今回は、完璧主義者の傾向を改善する方法の2つ目「考え方を柔らかく」についてのコラムです。心理療法の1つである認知行動療法をベースにした対処法を、事例や解説を交えながらご紹介していきます。

柔らかい思考に

完璧主義者に共通する考え方

完璧主義者には、特有の偏った考え方があることが知られています。完璧主義を研究している有名な心理学者であるバーンズ(1980 Burns, D.D.)は完璧主義者の考え方の1つとして、「べき思考」を挙げています。

これは、何か取り組む時に「~すべき」「~してはならない」という考えが強いことです。例えば、「このくらいの仕事は完璧にこなすべきだ」「絶対に失敗してはいけない」といった考えにとらわれてしまい、自分に過剰にプレッシャーをかけてしまいます。

べき思考はもちろん長所もありますが、大きすぎると自分自身を苦しめるもろ刃の剣です。過剰になっているなあ…と感じる場合は少し緩める感覚を持っても良いかもしれません。

練習!べき思考を緩めてみよう

これからべき思考に陥ってしまった人の事例を挙げていきます。少し緩めた柔軟な考え方に修正してみましょう。

練習問題1
サトウさんは社会人になって初めて、会社の飲み会に参加しました。しかし、お酒の席でうまく会話ができませんでした。帰りの電車の中で「飲み会で孤立するべきではない!」と考え、それが出来なかった自分を責めてしまいました。

解答例
べき思考:「飲み会で孤立するべきではない」
⇒飲み会では孤立する時もある。次、飲み会に行くときは、
自分の話を1回できればOK

完璧主義 改善

 

練習問題2
田中さんは保険の営業マンです。アポイントから商談までスムーズに進み、次のプレゼンでうまくいけば成約できそうなお客さんがいます。しかし、田中さんは「プレゼンでは一言もかまずにずっと好印象であるべきだ」と考えるあまり、プレゼン前に緊張して資料を持つ手が震えています。

解答例
べき思考:「一言もかまずにずっと好印象であるべきだ」
⇒人間だからカミカミになってしまうこともある。そして、好印象かどうかは相手が決めることだ。適度に噛んだ方が人間味が出ることもある。最初と最後だけはしっかり笑顔を意識して、あとは自然に話せばOK。

客観的な視点で完璧主義者を克服!

完璧主義者にありがちな「べき思考」の修正法は把握できましたか。もしサトウさんのように、いつも自分にプレッシャーをかけ続け、緊張が強かったり、落ち込むことが多かったりする場合は、少し緩める選択肢を持つようにしましょう。結果的にパフォーマンスはあがると思います♪練習問題や日頃から意識して取組むようにしてみてください。

★ 完璧主義者の特徴の1つ 偏った考え方を 3つ対処法で

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①治し方を臨床心理士が解説
②心理的問題!病気になる?
③「失敗過敏→高目標設定」に
④「べき思考→なるべく思考」
⑤「1つの価値観→多様な価値観」
⑥「完璧主義2割法」とは
⑦完璧主義傾向を診断しよう!

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→