>
>
>

ポジティブシンキングになるための方法を確認しよう

ポジティブシンキング


ポジティブシンキングな人になるための具体的な方法のまとめ⑤

ポジティブシンキングを専門家が解説

みなさんはじめまして!臨床心理士の兵働です。私は臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや交流分析の講義を行っています。

当コラムは「ポジティブシンキング」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

 

ポジティブシンキングを目指そう

今回が「ポジティブシンキング」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

マイナス思考の問題と3つの原因

ポジティブシンキングになれない3つの原因コラム①では、ポジティブシンキングが欠如する3つの原因をご紹介しました。

・「視野が狭い」
・「感謝の気持ちの不足」
・「過剰なポジティブ」

ポジティブシンキングの欠如は、過度なストレスを生み、うつなどの精神疾患を引き起こす可能性もあるため注意が必要でしたね。簡単診断できるポジティブ思考度セフルチェックで、自分の状況をまずは確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:リフレーミング技法
1つ目の原因「視野の狭さ」を解決するのに効果的な技法。見方に捉われることがなく、多面的な枠で考えられるようになります。ポジティブ心理学で使われる技法の1つでもあるんですよ。コツは3つありましたね。

・他の人の視点で考えてみる
・他の状況でのメリットを考える
・プラスの意味づけを考える

コラム②でご紹介した練習等を繰り返してポジティブシンキングを高めていきましょう。

2:「感謝」を見つける
2つ目の原因「感謝の気持ちの不足」を解決する対処法。日常にある感謝の見つけ方のポイントを2つご紹介しました。

・「してもらったこと」から見つける
・「したこと」から見つける

コラム③でご紹介した簡単手順を元に、日常にある感謝の場面を繰り返し見つけ、言葉を伝えるようにしていきましょう。

3:「過剰なポジティブ」を抑える方法
3つ目の原因「過剰なポジティブ」を抑える対処法として、適度なポジティブシンキングを手に入れるためのネガティブの捉え方のコツをコラム④で2つご紹介しました。

・マイナスの状況も人生には必要
・ずっとポジティブでいなくてOK!

ネガティブもポジティブも自分のできる範囲で受け入れるだけで十分!そんな気持ちで過ごす事が大切でしたね。

ポジティブシンキングに向かう自分を

ポジティブシンキングを実感「ポジティブシンキング」コラムでは、ポジティブ心理学に興味がある方・ポジティブシンキングになる方法を知りたい方・ネガティブ思考で悩んでいる方向けに、ポジティブシンキングについて正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて「これなら自分でポジティブシンキングになれそう!」と思っていただけたら嬉しいです。また。ご紹介した解決方法を実践する中で、あなたのポジティブ思考を邪魔していた3つの原因「視野が狭い」「感謝の気持ちの不足」「過剰なポジティブ」が少しづつ解消され、ポジティブシンキングに向かっていく事を実感していただけたら幸いです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「ポジティブシンキング」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!適度なポジティブシンキングはあなたの心と体を健康にしてくれます。そして、日々の生活の視野が広がり、ちょっとした幸せに気づきやすくなり幸福を実感できる機会が増えると思います。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ ポジティブシンキングを 理解して 幸福感も得よう


幸福を感じる機会を増やそう