>
>
>

プレッシャーは自分に合った方法で対処!

プレッシャー


プレッシャーに弱いなら「3つのC」を知ろう③

コラム②では、プレッシャーやストレスの対処法として「認知のクセを修正」についてご紹介しました。日々の小さなイライラ「デイリーハッスル」にもしっかり目を向け、心の安定を図っていきましょう。

今回は、プレッシャーを軽減する方法の2つ目「3つのCを知る」をご紹介します。

プレッシャーに弱い人とは?

コラム①でも少し触れましたが、人間はさまざまなタイプがあり、心理的プレシャーに強い人・弱い人があります。例えば、心理的プレッシャーに弱い人は次のような特徴があります。

・心理面の対処法を知らない
・周りを見る余裕がない
・自分の状態に気付けない

これらに思い当たる場合は、心理的ストレスに弱いタイプかもしれませんね。

プレッシャーに強い人弱い人の特徴を知ろう

プレッシャーに強い人は刺激を受けた時に、どのように「判断・対処・実行」をして上手に対処しているのでしょうか。プレッシャーに強い人の特徴「3つのC」から、出来事へ判断・対処・実行への傾向がわかりますよ。

3つのCがプレシャーに強くなるカギ

プレッシャーに強い人には「3つのC」と呼ばれる特徴があります。

①コミットメント(Commitment)
②コントロール(Control)
③チャレンジ(Challenge)

この3つのCを持つことで、プレシャーやストレスを感じる状況も、上手く対処していけるようになります。ぞれぞれについて詳しく見ていきましょう。

①コミットメント
ここでいうコミットメントとは、ストレスがある状況とうまく関わることです。基本的にはストレス環境から逃避することなく、試行錯誤しながら環境とうまく付き合っていきます。今ある環境に価値を見出す力が強いと言えます。ただし、本当に合わないと感じるときはうまく、距離を置くのもコミットメント力の1つと考えましょう。

②コントロール
自分の感情や欲求、行動を上手くコントロールできるスキルです。心理面のコントロールができると、対人関係でのプレッシャーやストレスを軽減できます。

③チャレンジ
どのような困難でも、立ち向かう姿勢と楽しむ気持ちです。今が困難な状況であっても、チャンスをとらえ経験や成長と捉えることができるタイプです。

プレッシャーやストレスはネガティブに捉えがちです。しかし、どのような状況でも自分の気持ちを調節積極的に挑戦していく前向きさがあれば、上手に対処していけそうですね。

3つのCをチェックしてプレッシャー対応策を見つけよう

3つのCを向上させるには?

ここでは3つのCを向上させる、具体的な方法を見ていきましょう。

自分の考えで行動しよう!
プレッシャーやストレス状況であっても、その場にとどまり出来事や人と関りを持ち続けることが大切です。そしてストレスに対して、自分なりに最善な対策を考えて行動することがとても重要です。

自らの考えでストレス状況を軽減・克服できたことは、大きな自信となり3つのCを向上させてくれます。

ポジティブな捉え方をしよう!
プレッシャーやストレスを感じる状況の、ポジティブな側面に目を向けるようにしましょう。

ストレスが強い状況は、マイナスの側面ばかりではありません。そこでの経験が成長につながり、能力やスキルを伸ばすきかっけにもなるはずです。プラスの側面に目を向けて挑戦していきましょう!3つのCを身につけてプレッシャーに強くなろう

3つのC・自分に合った対処法を知ろう

プレッシャーに強い人の特徴「3つのC」についてご紹介しました。3つのCから自分の強み、対処法が見えてきましたか。自分にはプレッシャーに打ち勝つ強みが無かった…と思った方がいるかもしれませんが、安心してください。

強みはこれから作っていけばOK!自分に合いそうだな~と思う対処法から少しづつ取り組んでみてくださいね。コラムを通して見つけていただけたらうれしいです。

次回は、プレッシャーを軽減する方法の3つ目「ソーシャルサポートの利用」についてご紹介します。

★3つのCでプレッシャーに強くなろう!自分にあった対処法もチェック

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



3つのCからストレスに対処していこう