>
>
>

プレッシャーを軽減はソーシャルサポートで

プレッシャー


プレッシャーはコミュニティに所属して対処④

コラム③では、プレッシャーの対処法をストレスに弱い人・強い人から見ていきましたね。ご紹介した「3つのC」から、自分の強みやプレッシャーへの最適な対処法を見つけてくださいね。

今回は、プレッシャーやストレスを軽減する方法の3つ目「ソーシャルサポートの利用」について解説していきます。

ソーシャルサポートとは?

ソーシャルサポートとは、周りの方からの心理的・道具的な援助のことで、コミュニティに所属することで得られます。

例えば

・家族が抱きしめてくれてホッとした
・友達の言葉に励まされた
・同僚からのアドバイスに救われた
・近所の人の挨拶で笑顔になれた

私たちはさまざまな場面でソーシャルサポートを受けています。

心理学の研究ではコミュニティに所属し、ソーシャルサポートを受ける方は心理的に安定することが分かっています。

大坪(2017)が大学生254名を対象に行った「ソーシャルサポートと心理的な関係」について調査では、家族、大切な人、友人のサポートを受けやすい方は不安感などの指標においてポジティブな関連があることがわかりました。

▼こちらは家族のサポートです。

家族のサポート例からストレス軽減を解説

家族のサポートを受けやすい人は「不安感」「疲労感」「自律神経症状」が少ない傾向というのがわかります。

▼こちらは、大切な人のサポートです。

大切な人のサポート例からストレス軽減を解説

大切な人からのサポートが得やすい人も、3つのネガティブ要素が大きく減少しているのが分かりますね。特に不安感の軽減に貢献しています。

▼最後に友人のサポートがこちらです。

友人のサポート例からストレス軽減を解説

家族や大切な人ほとではありませんが、不安感の軽減に大きく影響しているのがわかりますね。

このようにソーシャルサポートは、さまざまなネガティブ要素を軽減し、多くのメリットをもたらします。家族だけ、友人だけなどといった偏りをなくして幅広いコミュニティで交流できるとプレッシャーなどのストレスを軽減できます。

コミュニティとは何か?

ソーシャルサポートが受けられるコミュニティとは、家族や学校、友人関係、職場、団体、また町内など地域社会もコミュニティです。また、趣味で集まる仲間やインターネット上で共通の話題で集まる人たちもコミュニティとなります。

ここでは、あなたがいくつのコミュニティに所属しているかをチェックしてみましょう。チェック後の解説もぜひご覧くださいね。今回はコミュニティの定義を、以下の2つを満たしている集団としましょう。

①3人以上の複数人の集まり
②最低月1回、1時間以上の集まりがある

例えば

・家族・職場・飲み友達
・ママ友コミュニティ
・学生時代の友人
・職場のサークル
・趣味の集まり

いかがでしょうか。
いくつのコミュニティに所属していますか?

さあ、
コミュニティの数はいくつになりましたか?

コミュニティからプレッシャーに強い環境をつくろうそれでは解説を見ていきましょうか。コミュニティの数でチェックしますよ。

5~7個
安心!十分なコミュニティ数です。ソーシャルサポートも得やすい状況だと思います。
3~4個
注意!コミュニティ数はやや少ない状況です。健康的な範囲といえますが、もう少し増やせるといいですね。
1~2個
危ない!コミュニティ数が少ない状況です。プレッシャーやストレスでメンタルヘルスに不調が起きやすい状況です。

所属するコミュニティは最低3つは欲しいですね。
3つ所属していると、1つのコミュニティで失敗しても、後の2つのコミュニティで支えてくれるため、心にゆとりができます。もし所属しているコミュニティが2つ以下の方はコミュニティを増やす努力をしてみてくださいね。

コミュニティを増やす3つの方法

世の中にはいろいろなコミュニティがあり情報を得ることも容易になってきました。しかし「コミュニティを見つけるのは意外と難しい…」と感じている人も多いのではないでしょうか。ここでは、ソーシャルサポートを受けやすくするためのコミュニティの増やし方のコツを3つご紹介したいと思います。

1:コミュニティを選ぶ基準
なるべく頻繁に会うことができるコミュニティを選ぶようにしましょう。数か月に1回…といったコミュニティでは、人間関係が深まらないためソーシャルサポートを得られるコミュニティとしては適していません。定期的に接点が持てるといいですね。また、共通の趣味や目的を持った人が集まるコミュニティを探すのがおすすめです。

基準は自分の興味や関心が高いものがよいでしょう。自分にとって関心が高ければ、参加したコミュニティに積極的に長くかかわる事ができます。

例えば、

犬が好き→愛犬同好会
手芸が好き→ハンドメイド倶楽部

スポーツや楽器演奏などのコミュニティもいいかもしれませんね。

2:積極的に関わろう
コミュニティに所属したら、他の人との交流を増やす機会を積極的に増やしていきましょう。たわいもない会話でもOK!まずは会話をして人間関係を作っていくことが大切です。また、会話力を高めておくのもおススメです。

コミュニティに新しい人間関係を作っていくなかでは、最低限の会話力は必要です。会話力がついてくるとコミュニティでの過ごす時間が楽しくなるうえ、人間関係が深まればソーシャルサポートも受けやすくなります。

▼参考になるトレーニングのリンクを張っておきますので、よかったらチェックしてみてくださいね。

傾聴トレーニング
発話トレーニング
初対面力

ちょっと宣伝になってしまいますが、私たちも講座を開催しています!(お知らせはページ下部)

3:まず参加!
新しいコミュニティに参加することそのものがプレッシャーに感じる方もいるかもしれません。人と関わることで生まれるストレスもあると思いますが、乗り越えた先にはソーシャルサポートなど得るものもたくさんあります。ぜひ勇気をもって、まずは参加してみましょう!

3つの方法でコミュニティを増やしてプレッシャーに対処しよう

プレッシャーはコミュニティの所属から

今回はソーシャルサポートを利用することでプレシャーに対処する方法をご紹介しました。

まずは心の安定が図れるコミュニティへの所属を3つ作っていきましょうね。安定した環境が整うことで、プレッシャーやストレスにもしっかり対処できるようになりますよ。

今回は、プレッシャーやストレスを軽減する方法の4つ目「生活リズムを整える」について解説していきます。

★ プレッシャーの対処法!コミュニティに所属してソーシャルサポートを受ける

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



コミュニティに所属してソーシャルサポートを受けよう