>
>
>

レジリエンスを高めるソーシャルサポート

レジリエンス、ソーシャルサポート


レジリエンスを高める「Iメッセージ」とは?3つのコツで鍛える④

レジリエンスを高めよう

コラム③では、レジリエンスを発揮する方法の2つ目「正のストローク」についてご紹介しました。練習問題に取り組みながら3つのコツを身に付けてくださいね。今回は、レジリエンスを高める方法の3つ目「ソーシャルサポート」についてご紹介します。

Iメッセージで冷静なコミュニケーション

ソーシャルレポートとレジリエンスの関係

ソーシャルサポートとは、簡単に言えばあなたを助けてくれる人という意味です。悩みや問題を自分ひとりで解決させるだけがレジリエンスではありません。積極的に人に頼ったり、必要ならば援助を受けたりすることもレジリエンスを高めることにつながります。

大坪(2017)は、大学生254名に対して、レジリエンスとソーシャルサポートの関係について調査を行いいました。その結果、大切な人(親友、恩師など)のサポートと獲得レジリエンス(後天的に高まるレジリエンス)は関係が深いことがわかりました。苦しい時や辛い時は、自分のことをよくわかってくれる人がいつかどうかが重要だといえます。

また、友人のサポートと資質レジリエンスも関係があることがわかります。資質レジリエンスとはちょっと難しいですが、もともと先天的に備わっているレジリエンスです。先天的レジリエンスが高い人は友人からのサポートが受けやすいと言えます。なんだか助けたくなる人っていますよね。そんな人が当てはまるかもしれません。

また大坪は、獲得・資質レジリエンスは共に自己主張と関係があることも明らかにしています。ソーシャルサポートは「困っていること」を告げることが大事であることがわかります。我慢して抱え込むのも一つの美学ですが、本当につらい時はだれかに知らせることも大事にしましょう。 

ソーシャルサポートとIメッセージ

ここで、ソーシャルサポートを得るための「主張スキル」としてIメッセージについて学びましょう。Iメッセージとは、「私は」を主語にして自分の気持ちを率直に話し、次になぜそのように感じているのか簡単に説明します。アイメッセージを使って私の感情をまわIメッセージを活用してレジリエンスを高めた、ヒカルさんの例をご紹介します。

・困らせたくない・・・

ヒカルさんは3人姉妹の母子家庭の長女です。母親想いのヒカルさんは、困ったときはいつも抱え込んでいました。母親にお願いをされることが多く、困らせたくないのでいつもは我慢をして笑って「わかった」と言っていました。しかし、実は、勉強時間を削ってまで手伝っていたため、学校の成績が落ち、苦しんでいました。そこで、無理して我慢するのをやめてIメッセージを使うようにしました。

「(私は)実は私・・・手伝いが多くて苦しくて・・・辛くて泣いてるんだ・・・」

こんな形で伝えました。その結果、ヒカルさんも母親も感情的になりすぎることが減り、またお母さんや次女と役割分担をするようになりました。このようにIメッセージを使うと、冷静に気持ちを話せるので、相手と心を開いて対話できる糸口を作ることができます。

Iメッセージの3つのコツ

ここで、Iメッセージを発しやすくなる2つのコツをご紹介します。

①必ずしも「私は」を言わなくても良い
日本語の会話で「私は」をつけて話すとぎこちなくなってしまいます。実際には、「私は」を省略して構いません。

②感情を伝える
自分の気持ちを率直に話すことは難しいですが、相手に気持ちを理解してもらい、打ち解けた対話をするためには、気持ちをはっきり言葉にすることは必須です。日頃から、どのような表現がしっくりくるか探す練習もいいでしょう。

例えば、以下のような言葉がよく使われます。

「私は」…
・さみしい / 悲しい
・恥ずかしい
・助けてほしい
・こう見えて、すごくイライラしている
・不安でどうしたらいいか分からない
・ 頭が混乱してしまって整理がつかない
・本当はすごく困っている

ポイントは、“今”感じている気持ちは何かを口に出すということです。また、一方的にいろいろな気持ちを言うのではなく、最初にひとつかふたつの気持ちを話します。

Iメッセージのトレーニング

レジリエンスを高めるトレーニング

ここでレジリエンスを高めるために、ご紹介した3つのコツを踏まえながら、練習問題を進めてみてください。            

練習問題1(難易度★★☆)
次の文章のヨシコさんのかわりにIメッセージを考えてあげてください。

ヨシコさんの会社は成長著しい会社です。ヨシコさんは責任者となり、毎日残業が続いていました。最初は充実していたのですがあまりにも作業量が多く、精神的に参っています。しかし上司が気づく気配はなくずっと我慢しています。

→(私は)

 

解答例
(私は)実は最近、睡眠不足が続いていて、集中力がなくなっています。体調も悪い状態です・・・
 →本当につらい時は、まずはアイメッセージで感情を表に出しましょう

 

練習問題2(難易度★★☆)
次の文章のダイスケさんのかわりにIメッセージを考えてあげてください。

ダイスケさんは、先日4年間付き合った彼女とお別れしました。結婚まで考えていたため、とてもショックを受けています。ダイスケさんは普段からあまり人を頼ることがあまりません。しかし。今回ばかりは友人に話を聞いてほしいと考えています。

→(私は)

 

解答例
(私は)実は昨日彼女と別れちゃってね。。いまマジでいま落ち込んでるんだ・・・
→まずはアイメッセージで感情を表に出しましょう 友人が飲みにでも誘ってくれるかもしれません
 人生でショックな出来事があったときは抱え込まずに、表に出して周りの助けを求めましょう

レジリエンスを鍛える

人に頼る事でレジリエンスを発揮

練習問題はいかがでしたか。Iメッセージは正直に自分の気持ちを打ち明けることで、ソーシャルサポートを得る糸口になります。困ったときに主張できるようになると、人に頼るというレジリエンスを発揮しやすくなります。困ったときは抱え込まずに周りの助けを求めるという引き出しもぜひ持っておいてくださいね♪

次回は、レジリエンスコラムの最後です。これまでのコラムでご紹介した内容をチェックしながらレジリエンスを高める方法を改めて確認していきましょう。

★Iメッセージを活用!人に頼る事でレジリエンスを発揮しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・引用文献
岡本悠・井上孝代(2014)青年期における対人葛藤が解決するまでのプロセス. 心理臨床学研究32(4), 502-512.

大坪岳 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 2017 青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響



Iメッセージで頼り上手になろう