>
>
>

レジリエンスを高める方法を専門家が解説

レジリエンス


レジリエンスを高める3つの方法!トレーニングで鍛えよう⑤

レジリエンスを高めてへこたれない心を

今回が「レジリエンス」コラムの最終回です。これまでの4回のレジエレンスコラムでお伝えしたことをおさらいしましょう。

レジリエンスを高めて強い心を

3つの原因!レジリエンスを高めるカギ

コラム①では、レジリエンスを発揮できないと起きてくる問題を挙げ、原因となる3つの要因を取り上げました。

・思い込みや極端な考え
・自分へのダメ出しが大すぎる
・人に頼ろうとしない

レジリエンスをうまく発揮できないと抑うつ的になりやすいなど、日常生活で不都合をきたす危険性があることが分かってきています。レジリエンスを発揮しやすい状態にあるかどうかの簡易チェックテストで、ご自分の状態を確認しましょう。コラム②③④では、レジリエンスが発揮できない3つの要因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:論理療法のABC理論
レジリエンスが発揮できない1つ目の要因「破滅思考・白黒思考」を解決するのに効果的な技法です。適応的で現実的な状況把握を目指します。そのためのコツは「“絶対~しなければならない”といった言い回しは使わない」「うまくいかないことがあっても破滅だと考えない」「どんなに強く思い込んでも幸福につながる考え方をする」の3つでした。

コラム②で紹介した練習問題を参考にして、レジリエンスを発揮しやすくしましょう。

2:正のストローク
レジリエンスが発揮できない2つ目の要因「自分を否定しています」を解決するための対処法です。肯定的であたたかみのあるまなざしを自分に向けてみることも大切です。無条件の肯定的ストロークを自分に日々投げかける!ということをぜひ意識しましょう。コラム③で紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

3:Iメッセージ
レジリエンスが発揮できない3つ目の要因「人に頼ろうとしない」を解決するための方法です。その時感じている気持ちとその理由をはっきりと言葉に表して、人に頼ってみるのも良いものです。自分の気持ち(私)主語について言葉にすることが大事でした。勇気を出して気持ちを言葉にして、ソーシャルサポートを得られるようにしましょう。

レジエレンスを発揮する

実践!レジリエンスを発揮しよう!

「レジリエンス」コラムでは、レジリエンスを今はうまく発揮できていない方、レジリエンスを高めたい方、へこたれやすい方向けに、レジリエンスについて正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、「これで簡単にへこたれない自分になれそうだ!」と思っていただけたら嬉しいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、ご自身の中でネックになっていた3つの要因が少しずつ解消され、レジリエンスを高めて頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「レジリエンス」コラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!まずは、ご紹介したレジリエンスのセルフチェックやコツ、自主トレを使って実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの具体的な方法で、レジリエンスを鍛えて、へこたれない心を身につけよう



臨床心理士の解説を参考に高めよう