>
>
>

悲しい気持ちが生じる3つの原因と具体的な対処法を知ろう

悲しい


悲しい気持ちになる3つの原因と具体的な対処法を専門家が解説⑤

「悲しい」気持ちにさようなら!

今回が「悲しい」コラムの最終回です。ここまでの4回のコラムでお伝えしたことをおさらいします。一緒に確認していきましょう。

「悲しい」気持ちの問題と3つの原因

コラム①では、「悲しい」気持ちが起こる3つの原因をご紹介しました。

・感情のメカニズム
・喪失体験
・原因帰属が内に向きすぎる

悲しい感情がいつまでも癒えなかったり重篤化したりすると、日常生活に支障をきたしたり、うつ病などの精神疾患を引き起こす危険性もあるため、注意が必要でしたね。簡易診断できる悲しみのセルフチェックで、まずは自分の状態を確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

「悲しい」を解決する具体的な方法

3つの方法で悲しい気持ちに対処コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:「表情フィードバック仮説」と「悲しくなってしまう判断をやめる」
ひとつめの原因「感情のメカニズム」を解決するのに効果的な方法をふたつご紹介しました。

ひとつは表情フィードバック仮説に基づいて、笑顔を作って楽しい気持ちになる方法でした。ふたつめは、悪いことが起きても悲しみすぎないで済むように「取り返しがつかない喪失だと思わない」方法でした。

コラム②でご紹介したワークを繰り返して、悲しい状態に対処してみてください。

2:ボジティブな記憶にアクセスする
ふたつめの原因「喪失体験」を解決する対処法として、ボジティブな記憶にアクセスするワークをご紹介しました。ワークのポイントは次の3つでした。

・今足りない性格や特性を考える。
・過去に持っていた特性を考える。
・お手本になるような人を探す。

コラム③でご紹介したワークをもとにして、喪失体験から来る「悲しい」に対処してみてください。

3:原因帰属を転換する
3つめの原因「原因帰属が内に向きすぎる」を解決する方法として、原因帰属を4つの方向に切り替えるコツをご紹介しました。特に、自分の性格や能力のせいにばかりするのではなく、次の3つのような考え方の振り分けができるとよいでしょう。

・ 今回はたまたま!と考える
・ 天気や運のせいにしてみる
・ 神様や運命のせいにしてみる

コラム④でご紹介したワークを参考にして、悲しい感情を切り替える練習をしてみてください。

実感!悲しみに負けない自分

悲しい状態を乗り越える方法「悲しい」コラムでは、悲しみを乗り越えたい方、悲しい状態にすぐに陥らない方法を知りたい方向けに、「悲しい」について正しい知識を解説してきました。コラムを読み終えて、「これなら悲しみを乗り越えられそう!」と実感していただけたら嬉しいです。

また、ご紹介した解決法や対処法は実践していただけましたか?もし悲しい状態を乗り越えるために障害となっていた「感情のメカニズム」「喪失体験」「原因帰属が内に向きすぎる」が少しずつ解消され、悲しみに負けない心持ちになってくださったら幸いです。

 

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「悲しい」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!

人生に悲しみはつきものとは言え、乗り越えるためのノウハウを知っていると心安くいられるものです。これから先、悲しいことが起きた時に、このコラムを役立てていただければ幸いです。まずは、ご紹介した対処法や練習問題を使って実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの対処法で悲しい気持ち・感情を楽にしていきましょう


原因と対処法を実践していこう