>
>
>

社交不安障害をチェック!3つの原因と解決法で症状の緩和を

社交不安障害,チェック


社交不安障害の3つの原因と解決法をチェック!理解を深めて症状の緩和を⑤

対人不安障害の思考傾向を修正しよう

今回がこの「社交不安障害」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

社交不安障害の問題と3つの原因

コラム①では、社交不安障害の問題と3つの原因をご紹介しました。

・否定的な予測と大きな見積もり
・予期不安
・回避行動

社交不安障害は、社交場面や対人面において恐れや不安を抱き、それを回避することで日常生活に支障を生じる疾患のことでしたね。社交不安障害のセルフチェックで自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみて下さい。対人不安障害の原因

社交不安障害を緩和する対処法

コラム②③④では、社交不安障害の3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:認知療法の活用
社交不安障害の原因の1つ目「否定的な予測と大きな見積もり」を解決するのに効果的な策として、どっぷり浸かっていた状況や反応から距離をとって眺める方法をご紹介しました。認知の歪みから距離を取って眺めることで客観的に状況を理解や、整理、新たな気づきにつながることを分かりましたね。

コラム②でご紹介した5つのポイント

STEP① 状況と感情の確認
STEP② 認知を把握する
STEP③ 認知の見直し
STEP④ 感情を再チェックする

を意識することで、これまで意識していなかった否定的な思考傾向に気づき、現実的な予測につなげてください。

2:ストレス場面でリラックス
社交不安障害の原因の2つ目「予期不安」の考え方や対処方法をご紹介しました。

ストレス場面において「丹田呼吸法」でリラックスし、良いイメージを持って、予期不安と上手く付き合っていくことが目的でした。コラム③で3つのポイントをご紹介しましたね。

・不安はどんどん大きくなる
・リラクゼーションで心身を緩める
・イメージトレーニングをする

3つのポイントを中心に読み進める中で、対人場面での緊張感や不安感により現れる身体症状の軽減に役立ててください。

3:適応的な対処行動を身につける
社交不安障害の原因の3つ目「回避行動」の考え方や対処方法をご紹介しました。手順を元に、回避以外の適応的な対処方法を身につけていくことを目指しました。コラム④では6つのポイントをご紹介しましたね。

①小さな目標
②対処法を準備する
③苦手な場所や状況にあえて身を置く 

④心配していた症状が出る 
⑤対処する 
⑥やってみて大丈夫なことを確認する

6つのポイントを中心に読み進めることで、不安のために日常生活を阻害していた問題を解消していきましょう。

対処法で対人不安障害を緩和
まずはチェックして社交不安障害を緩和

この「社交不安障害」コラムでは、対人関係の不安でお悩みの方、社交不安障害でお悩みの方を対象に社交不安障害の問題や原因、解消法などを全5回のコラムで解説してきました。読み終えて「明日から1つやってみよう」と思って頂けると嬉しいです。

また、ご紹介した社交不安障害特有の思考傾向を変化させる方法を実践する中で、あなたが悩んでいた社会不安障害の3つの原因が少しずつ解消されることを実感して頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「社交不安障害」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。不安な状態から1歩踏み出すこと、これまでの習慣を変えるのはなかなか大変なことです。焦らず、根気強く取り組んで社交不安障害特有の思考傾向を変化させて行きましょう。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★社交不安障害の3つの原因と解決法!理解を深めて症状の緩和を目指そう



原因と対処法で症状の緩和を目指そう