>
>
>
社交不安障害は会話力を伸ばして改善

社交不安障害の原因「会話力の不足」はSSTで改善しよう⑤

コラム④では、社交不安障害の症状を緩和する方法の1つ「逃げ癖を直す・回避欲求への対処」をご紹介しました。3つのポイントを参考に、症状の軽減を目指していきましょう。

今回は、社交不安障害を強める会話への苦手意識を克服するために「SSTで会話力を付ける」をご紹介します。

社交不安障害を改善するSSTとは?

まずはみなさんに、会話に関して質問です。

1日の会話時間は
どれくらいだと思いますか?

家族や友人、会社での会議や電話、SNSやメールも含めての時間です。

いかがでしょうか?

国立国語研究所の統計から、1日の会話時間を見ていきましょう。

こちらを統計では、1日の会話量の平均は6時間となっていますね。

会話時間の統計から社交不安について解説この時間数の感じ方はいろいろあると思いますが、注目したい点は内訳です。

こちらは会話時間内での形式です。雑談が60%を占めているのがわかります。

会話時間の使い方から社交不安について解説

1日の約3.5時間は雑談をしていることになりますね。

この統計から推測して、周囲とのとりとめのない会話(雑談)が会話力を伸ばすために大切だと言えます。

社交不安障害を改善するSSTを解説

このとりとめない会話を専門用語で「ソーシャル・スキル(Social Skill)」と言います。そしてソーシャルスキルを学ぶことを「ソーシャル・スキル・トレーニング(Social Skill Training : SST)」と呼びます。

ソーシャルスキルとはざっくりと言うと、人間関係を築くための会話の仕方です。会話力を伸ばすうえである程度身につけておきたいスキルの1つです。

SSTには代表的なスキルが20種類ほどありますが、今回は初対面の場面で使いやすい2つのスキルをご紹介しますね。

ソーシャルスキルは初対面に効果あり

会話の中でも、初対面は特に苦手意識を持つ人が多いかもしれません。

初対面での失敗から苦手意識をもってしまったり、繰り返しの失敗から人間関係を築くことに消極的になってしまうケースもあります。一方で初対面での会話がスムーズにいけば、会話力に自信がつき、不安要素を軽減することもできます。

初対面で役立つ2つのSSTを使って、会話力を付けていきましょう!

①5つの項目で自己紹介

初対面での緊張をほぐすのに効果的な方法です。事前に用意できるので、ぜひ実践してみてください。

自己紹介を準備して、自分から自己開示していきましょう。自己開示することで、相手の気持ちもほぐれ打ち解けるチャンスができてきます。

自己紹介では、初対面の会話に使えそうな項目をいくつか用意します。

例えば、

・住まい
・出身地
・趣味/特技
・家族構成
・仕事(学校)

この5つの項目については、会話で1分程度話せるようにしておきましょう。

②会話を伸ばす「ウイキペディアの原理」

会話が苦手な人に多い「会話が続かない」の対処法としておススメのスキルです。

ウイキペディアの原理を応用しながら話を膨らませていく方法です。まずは、ウキペディアの原理を確認していきましょう。

例えば、

ウイキペディアで「境港」を調べる場合

境港市は、中国地方の北部に位置する鳥取県の西部の市で、日本海側の重要港湾として栄えてきた街である。白砂青松の続く弓ヶ浜半島は東南にそびえる大山を背景に風光明媚な景観を呈しており、「日本の白砂青松100選」や「日本の渚100選」に選ばれている。

と出てきます。続いて

↓弓ヶ浜半島をクリックすると↓
弓ヶ浜半島は、鳥取県西端部にある半島である。弓浜半島、夜見ヶ浜半島、五里ヶ浜ともいわれる。日本の白砂青松100選に選定されている。

こんな感じで検索されると思います。

SSTで社交不安障害を緩和する

このウイキペディアの原理を「会話」に応用してみましょう。

例えば、

相手の発言
「私の好きなカフェはスターバックスです。スタバのキャラメルマキアートが好きで1日2回は行きます。」

クリックするようなイメージで、質問を考えてみると次のような感じになります。

・キャラメルマキアートはどんな飲み物ですか?
・1日2回行くスタバはどこですか?
・スタバの好きな点はですか?

コツは相手の発言の中で気になる言葉を見つけたら、その言葉をクリックして質問するイメージです。

ここで練習問題にチャレンジしてみましょう!

練習問題「会話が続くコツ」を確認

問題
次の発話(情報)から3つの質問を考えてみましょう。

相手の発話
「私はモスバーガーでよくランチを食べます。いろいろなバーガーの中でもライスバーガーが好きなのでよく注文をしていますよ。」


 

 

質問はできましたか?
解答例を見る前に
考えてみてくださいね。

 

解答例
・ライスバーガーにはどんな味がありますか?
・行きつけのお店はありますか?
・ランチセットはあるんですか?

はじめは少し難しく感じるかもしれませんが、練習を繰り返すなかで慣れてくると思います。日常生活に取り入れてながら、身につけてくださいね。

社交不安障害の症状を緩和しよう

SSTの代表的なスキルから、初対面の場面で使える2つのスキルをご紹介しました。いかがでしたか。

ほんの少しだけのご紹介となりましたが、会話力を伸ばすうえで十分効果が得られます。会話力が不足から、社交不安障害の症状に悩んでいる方はぜひ利用してみてください。

社交不安障害の症状を緩和しよう

ちなみに、SSSTをより深く学習したい方は、私たちが開催しているコミュニケーション講座でも学ぶ事ができますので、気軽に参加してみてくださいね。

次回は、社交不安障害の対処法の1つ「森田療法で受け入れる」について解説していきます。

★ 会話力に自信がない!社交不安障害で悩んでいる方は SSTで対処を



SSTで会話力を伸ばして症状に対処しよう