>
>
>

赤面症の原因と解決策「赤面しない方法」を専門家から学ぼう

赤面症,原因


赤面症の原因と解決策。赤面しない方法を専門家から学ぼう⑤

赤面症を克服!

今回が「赤面症」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

赤面症び問題・3つの原因

コラム①では、「赤面症」となってしまう3つの原因をご紹介しました。

・周りを気にする
・強く不安を抱く
・症状にこだわる

「赤面症」などの社交不安症が悪化をしてしまうと他の精神疾患の原因になってしまう可能性もあるため、注意が必要でしたね。自分の赤面度がどれ程のものか、自分の赤面度をセルフチェック表で、自分の状況をまずは確認できましたか。まだの方はぜひトライしてくださいね。赤面症の原因と解決策を3つご紹介しています

赤面症3つの原因・具体的な解決策

コラム②③④では、赤面症の3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:認知療法で赤面する認知の歪みを直す
赤面症を強める1つ目の原因「周りを気にしすぎる」を解決する方法として、心理療法の1つ認知療法をご紹介しました。

ポイントは、事実と認知を分けて考える事でしたね。不安は想像でしかありません。まずは、自分の捉えかたのクセに気づき認知の歪みを修正していきましょう。コラム②でご紹介した練習等を繰り返してポイントに注目していくと、自然とその力も養われていきますよ。

2:不安階層表で徐々に不安を緩和
赤面症を強める2つ目の原因「強い不安を抱く」を解決する対処法として、不安階層表を使ったポイントをコラム③で3つご紹介しました。

・一番点数の低いものから順に行っていく
・段階を克服したら次の段階へステップアップ
・低いものから一段ずつ克服していく

一段ずつ克服していくことで、設定していた点数が徐々に下がっていきますので、克服もしやすくなるのでしたね。

3:森田療法であるがままを受入れる
赤面症を強める3つ目の原因「症状にこだわる」を解決する対処法として、森田療法をご紹介しました。

強い不安や赤面に対する「強いこだわり」からくる精神交互作用を断ち切るには森田療法の「あるがままを受け止める」が大切でしたね。

コラム④でご紹介したポイントや練習問題を元に「どのように受け止めていくか、考えていくか」を練習してみてください。
赤面症を克服する3つの方法

実感!赤面症を克服できる自分

赤面症コラムでは、赤面症を克服したい方・赤面しない方法を知りたい方向けに、赤面症について正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて「これなら自分で赤面症を克服できそう!」と思っていただけたら嬉しいです。また、ご紹介した方法を実践して、「赤面症」となってしまう3つの原因を少しずつ解消して「赤面症」を克服できる実感をしていただけたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「赤面症」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!「赤面症」を克服することは、良好な人間関係を築き上げていくカギとなります。まずは、ご紹介した技法や自主トレを使って実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★赤面する原因を3つの方法で克服!赤面症を治そう!

 

 



3つの解決策で赤面しない自分を目指そう