>
>
>
赤面症手術は効果ある?副作用や費用まで詳しく解説

赤面症手術は効果ある?副作用や費用まで詳しく解説

赤面症について医療機関で手術を行うお医者様もいらっしゃいます。また手術について検討中の方もいると思います。今回は手術をテーマに解説していきます。

対象となるお悩み
・赤面を対象とした手術の知識がない
・手術をしようか迷っている
・副作用などが怖い

  • 入門①赤面症と誤解,基礎知識
  • 入門②思考の偏りを改善
  • 入門③私的自己意識を増やす
  • 入門④とらわれからあるがまま
  • 発展簡易診断とチェック
  • 発展逃げ癖を改善する方法
  • 発展薬物療法,漢方
  • 発展手術の概要と川島の主観
  • 助け合い掲示板

個人的には手術は心理的なケアに限界を感じたときだけで良いと考えています。ただ

どうしても・・・

という方もいらっしゃると思います。

赤面所の手術については、どれぐらい経済的な負担がかかるのか、またどのくらい症状が和らぐのか、具体的にイメージしにくい部分があると思います。さらに手術による副作用も存在するため、治療法はメリット・デメリットを抑えつつ、慎重に検討する必要があります。

赤面症 手術 効果

原則,赤面症手術はお勧めしません

川島の主観

手術の説明の前に私の主張からさせてください。私の個人的な見解ですが、10代、20代の方にはオススメはできません。私38歳になりますが、年を取るとだんだん顔の血色が悪くなってきます。赤いぐらいが健康的に見えるので、今ではもうちょっと赤くなってもいいかな・・・なんて考えています笑

30代ぐらいになって、本当に自分と向き合い、Okを出せる場合はもちろん良いと思います。手術を希望する場合はメリットとデメリットを抑えつつ決断しましょう。

手術をしても別の部位の発汗が多くなる副作用のリスクがあり、それが新たな悩みとなってしまう方もいます。そして、手術後に後悔をしても、もう一度もとに戻すことはできません。

まずは心理療法が基本

実際に、自分が思うほど周囲の人は赤面していることに気づいていません。まずは、「みんなが私の赤面に注目している・・・」といった誤った思い込みを修正する心理療法を行いましょう。

赤面症の根幹は対人恐怖なので、例え手術で赤面症が治っても、対人恐怖心性自体はそのまま残ります。赤面自体が治ったとしても、視線恐怖がはじまったり、醜形恐怖がはじまったり、結局がモグラたたきのように次の症状がはじまってしまうのです。

やはり外科的な手術の前に、まずは自分の心と向き合うことが大事です。

手術は最終手段で

10代、20代のうちは対人不安を和らげたり、自分の考え方を修正する心理療法で対処し、30代になっても気になるようであれば、手術を検討する方が後悔するリスクも少ないです。大抵の場合は、心理療法だけでも大きな改善が見られますよ(^^)

まずは心理療法で

「ETS」手術

私の主張が終わったところで、手術について解説していきます。赤面症の治療で行われるのはETS手術(胸部交感神経遮断手術)になります。これは、発汗の指令を伝える交感神経の働きを止めて、汗を出にくくする手術です。

主に手のひらの発汗に対して用いられることが多いですが、赤面症状を和らげる効果もあります。

内視鏡を使うことにより、直接目で見たり、触ったりして手術することがないため、極めて小さい傷でオペを行うことができます。赤面症の手術の概要は以下の通りです。

・わきの下の皮膚を 3 ミリほど切る

・長い手術用のピンセット等を
 骨で肋骨で囲まれたスペースに入れ
 テレビ画面で胸のなかを見ながら、
 交感神経を見つけて切断

・両側の胸を同時に行うことが多い
・10分程度で終了
・傷は極めて小さい
・手術後に痛みを感じる方はほぼいない
・治療は全身麻酔で行う

273例とETSの効果

ETSは赤面症にどこまで有効なのでしょうか。赤面症に近い症状である顔面発汗の症例を扱った調査を見てましょう。岡林ら(1999)では、ETSの効果について調査が行われています。

1999年の12月までに「手のひらの発汗・顔面の発汗・えきか」の症状を持つ患者にETSを行った273例に、アンケート調査を行いました。

結果としては以下の通りとなります。

・手のひらの発汗
99.3%がフォローアップ期間にも
症状が治まっており、再発と回答のあった症例でも
発汗したもの少なかった。

・顔面発汗・えきか
症状が治まったという回答したのは42%
減少したと答えたのは65%だった。

このように、手のひら・顔面・えきかのすべてに一定の効果が認められている治療法と言えます。顔面発汗は6割の症例で症状の減少があるものの、手のひらほどの確実な効果はなく、個人差が激しいため医師との相談をしっかりと行った上で検討するようにしましょう。

手術 副作用

赤面症手術と「副作用」

・代償性発汗

ETSでもっとも問題視される副作用は「代償性発汗」です。これは、赤面症が止まる代わりに、高温の環境では「背中・腰・お腹・太股後ろ・太股前・胸」などの発汗が増える傾向があり、新たな悩みとなるケースがあります。

先ほどご紹介した岡林ら(1999)のアンケート調査では、合併症についても質問項目があり、69%の症例で患者さんが代償性発汗で悩んでいたと報告されています。

代償性発汗の度合いには個人差があり、全くでない人もいれば、着替えが何枚も必要になるほど大量の汗かく人もいます。こうした副作用によってETSを行ったことを後悔する患者さんもいます。

・不可逆性

この赤面症手術を行ったあとに代償性発汗により、新たな悩みが生じて手術を後悔しても、現在の医療技術では切除した交感神経をもう一度もとに戻すことは不可能です。

赤面症の手術を受けないと症状が悪化したり、健康状態が悪くなることはありません。そのため、副作用のリスクと症状の緩和をてんびんにかけて、手術の内容を充分に理解し納得してから決断することが大切です。

ETSはどれくらいの費用がかかる?

ETSの費用の相場としては、「10万円前後」となります。ETSは保険3割負担の対象となるため、手術の中では比較的低コストで受けることができます。そのほか、クリニックによって決められた診察料と、術前採血の費用が3000円前後かかります。

ただし、入院するかどうかにより費用が大きく変わります。この点は、症状やクリニックによって変わりますので、事前に確認しておきましょう。ほとんどの場合は、日帰りで終了します。

毛細血管拡張症

もう1つ赤面症で挙げられるのが、毛細血管拡張症です。顔の特定の部分が、緊張する、しないに関わらず恒常的に赤い場合などはこの症状に当てはまることもあります。これらの症状はレーザー治療も可能です。特定の個所がいつも赤い場合は毛細血管拡張症の可能性があるため、医師の指示を仰いでも良いかもしれません。

 

赤面症 治療

ここまでコラムを読んで頂きありがとうございました♪最後までお付き合いいただきありがとうございました!!皆さんの赤面症について少しでも改善のヒントになると嬉しいです。またもしよろしければ下記のコミュニケーション講座でもぜひぜひお待ちしています(^^)

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

・第7回 日本胸腔鏡下交感神経遮断研究会 日本 ペインクリニ ック学会誌 VoL9 No.1, 2002 出典リンク