>
>
>
自意識過剰とは?意味は性質を解説②

自意識過剰とは?意味は性質を解説②

自意識過剰は一般的には、自分がどう見られているかを気にしすぎることというイメージがあります。実は、他人の目を気にする以外にも自意識が過剰になることがあります。

そこで、今回はあまり深く知られていない自意識過剰の意味や性質について解説していきます。

自意識過剰 意味

自意識過剰は2つに分かれる

皆さんは「人からどう思われるか」を気にするほうですか?やはり人間なので、誰にでも相手に不快に思われないようにする気持ちはあるでしょう。こうした気持ちのことを一般的には「自意識過剰」という表現することがあります。ただ、心理学的には自意識は「公的自己意識、私的自己意識」に分けられます。

「こんなこと言ったら嫌われるかな」「自分の見た目は変じゃないかな」といった周囲の目を気にする意識を「公的自己意識」呼びます。「公的自己意識」が高くなると対人不安になりやすいと考えられています。もちろん周りと強調するためには大切な意識なのですが、過剰になっている方は注意が必要です。

いっぽうで「私的自己意識」とは、自分自身の考えや意見、どのように振る舞いたいかを大事にする姿勢を意味します。周囲からの評価は自分を客観的に見る上で大事ですが、それと同じほど自分自身がどうしたいかに着目していきます。

堀井(2001)の研究では、公的自己意識・私的自己意識と、対人恐怖との関連が調べられています。実験では、高校生256名、大学生271名、計527名の青年を対象に質問紙を用いて、調査を行いました。その結果が以下の図になります。

まずは男子をご覧ください。特に「公的自己意識」に大きな影響を与えているのは、「自分や他人が気になる心性」であることが分かります。いっぽうで、どの心性も私的自己意識にはほぼ影響がないと言えます。

次に女子を見ていきましょう。男子に比べて公的自己意識への影響が強く出ていますね。女子の周りからどう見られているかを気にする傾向にあるのですね。しかし、私的自己意識では、若干の負の相関があるものの、こちらもほぼ影響がないレベルです。

私的自己意識は安定していますので、少し批判や否定されてぐらいではブレません。「自分とは○○な人間だ」と自分自身に理解することで、自分らしさを確立していくことができ不安を和らげることができます。

2つの自意識のメリット・デメリット

ただ、もちろん私的自己意識も過剰になりすぎると悪影響がでます。理想なのは、公的・私的の2つの自己意識のバランスを取ることです。周りの目を気にすることは、良い意味では相手への気遣いができる側面がありますし、自分がどうありたいかを大事にしすぎると、一人よがりで敵を作りやすくなってしまうでしょう。

どちらにもメリットデメリットがあります。まずは自分がどれだけ「私的自己意識」を出せているか、「公的自己意識」を出せているかを把握すると良いでしょう。以下の表は2つの自意識のメリットデメリットをまとめたものです。

 

私的自己意識は、やりたいことに打ち込める、自分を表現できるいっぽうで、過剰になりすぎると自己中心的になり共感性が欠如してしまいます。

公的自己意識は、気遣いや共感など協調性を高めてくれるものの、エスカレートーすると対人恐怖症や過緊張などを引き起こします。このようにどちらか一方に、肩入れするのではなく状況によってバランスよく使い分けるのがベストです。

★自意識過剰は「公的自己意識」から!バランスを大切に

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①意味や原因・治し方を解説
②意味や性質を解説
③「こだわりを手放そう」
④「社会不安障害」へのリスク
⑤「私的自己意識を高める」
⑥治し方「現実検討力」
⑦「前向きな目標設定」に
⑧「あるがまま」森田療法とは

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出展・参考文献
堀井(2001)青年期における自己意識と対人恐怖心性との関係 山形大学紀要. 教育科学 = Bulletin of Yamagata University. Educational Science 12(4), 85(453)-100(468), 2001-02-15
日本精神神経学会 監修 (2014) DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル