>
>
>
自意識過剰の原因とは「こだわりを手放そう」③

自意識過剰の原因とは「こだわりを手放そう」③

自意識過剰な方は自分自身の特徴に対して、こだわりを持ちすぎている傾向があります。そこで、今回は上記のような自意識過剰の原因について解説していきます。

過剰なこだわり→自意識過剰

周囲から評価にこだわりすぎると、相手への恐怖心がさらに大きくなってしまいます。

例えば、
「お茶を絶対に飲まないでください!!」
と言われたとします。

みなさん、
お茶を飲んではダメです。

絶対にダメですよ。

ここで
「お茶を飲んではダメ・・・」
「お茶を飲んではダメ・・・」
とつぶやいてみましょう。

いかがですか。

このように言われると、お茶がどうしても飲みたくなりませんか?

実は、その行為を禁止や否定されると、逆にその行動への意識が強くなってしまうことがあります。

精神交互作用とは?過剰なこだわりで不安や恐怖が強くなる状況

禁止されると逆に強くなる心理―精神拮抗作用―

この禁止や否定をされることで、逆にその意識を強くしてしまうことを、「精神拮抗作用」と言ったりします。「精神拮抗作用」とは森田療法という日本の心理療法の中で使われている言葉です。

精神拮抗作用の例として、
「人前であがらないぞ」⇒ 逆に人前であがってしまう
「上司の評価なんか気にしない」 ⇒ 逆に気にしてしまう

などが挙げられます。「あがらないようにしよう」と思っても、自然と起こってくる感情を抑えこむことは難しいことです。にもかかわらず、「あがらないように!」と強く感情を打ち消すことは、葛藤を生み、逆にその意識を強くしてしまいます。

このように、自然と湧いてくる感情を否定したり、禁止することで、逆に自意識を強めてしまうことが“精神拮抗作用”です。

こだわりの悪循環―精神交互作用―

否定されることで逆にその意識を強める精神拮抗作用がさらに強くなるとどうなるでしょうか?森田療法では、似たような言葉に「精神交互作用」という言葉で、自意識過剰が悪循環になった状態を説明しています。

精神交互作用とは
こだわるとますます、その症状を高めてしまう悪循環”の作用です。

下図が精神交互作用のメカニズムになります。

 

このように不安や恐怖をなくそうとする気持ちにこだわりすぎると、不安や自意識過剰が強くなっていきます。

これまでの言葉をおさらいすると…

・精神拮抗作用:感情を否定、禁止をすることで、逆に自意識が強くなる
・精神交互作用:自意識過剰の悪循環

この2つの作用によって自意識過剰になりやすいと考えられます。

自意識過剰の対処には森田療法

この「精神拮抗作用」と「精神交互作用」は、森田療法の理論の中でいわれているものです。森田療法は不安や恐怖などの神経症を対象に、治療を重ねていく上で作り出された心理療法です。

コラム8では、この森田療法の理論を使って、自意識過剰に対処する方法を紹介しています。自意識過剰で悩んでいる人は、ぜひコラム8を読み進めてみてください!

★自意識過剰は精神拮抗作用と精神交互作用が大きく絡む

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①意味や原因・治し方を解説
②意味や性質を解説
③「こだわりを手放そう」
④「社会不安障害」へのリスク
⑤「私的自己意識を高める」
⑥治し方「現実検討力」
⑦「前向きな目標設定」に
⑧「あるがまま」森田療法とは

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

・自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特
性との関連から 2009 大阪大学 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫
対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100