>
>
>
自意識過剰の対処法「私的自己意識を高める」⑤

自意識過剰の対処法「私的自己意識を高める」⑤

皆さんは
「他人の目を気にするタイプ」
でしょうか?
他人の目を気にすることは社会人としてとても重要です。周囲に気を使うことで、人にやさしくでき、お互いを大事にする関係性を築くことができます。

しかし、周囲からの評価に過剰に意識を向けると、気遣いで疲れてしまうこともあります。特に、人からどう見られているのだろう?と過剰に考える方は要注意です。

私的自己意識を高めよう

コラム②では、
「公的自己意識」・・・他人の目を気にする
「私的自己意識」・・・自分がどうありたいかを大切にする

をご紹介しました。軽くおさらいしていきましょう。堀井(2001)の研究によると、他人の目を気にしたり、周りに馴染めない人ほど私的自己意識が低く、公的自己意識が高いことが分かりました。

こちらは女子の結果ですが、男子でも他人の目を気にする人は私的自己意識が低く、公的自己意識が高いという結果が報告されています。

・2つの自己意識のバランスが大切

こうした話を聞くと「私的自己意識」が強いほどいいと思われるかもしれません。自分の考えをハッキリと言えた方がプラスの印象を抱く方も多いでしょう。

しかし、私的自己意識が強すぎると、ボロボロの服装でも気にしなかったり、人が傷つくことも平然と口走ってしまうなどのダークサイドがあります。そこで、公的自己意識と私的自己意識のバランスを取ることが大切です。

バランスを保とう

ただし、一般的に自意識過剰が強い方は、他人の目を気にする傾向が強いので意識的に「私的自己意識」を強めていくことが大切です。あくまでもベストバランスを目指すという考え方でOKです。

実践!自意識過剰を治す練習問題

あなたは来週の月曜日に20人の前で朝礼でスピーチをしなさいと上司に指示を受けました。この時、「公的自己意識」が高い人、「私的自己意識」が高い人、「バランス」を取る人でどのような考え方の違いが起きるでしょうか。考えてみましょう。

・公的自己意識

・私的自己意識

・バランスを取る

 

解答例

・公的自己意識
⇒絶対に失敗してはいけない!
本番でミスをしたらどうしよう
上司からの評価が下がるのでは…

・私的自己意識
⇒そういえば前に面白いことがあったな
ウケなくてもいいや。この話がしたいな
最近、○○の本が勉強になったんだよな

・バランスを取る
⇒上司の評価は大事だ。時、場所、場合を
ある程度は配慮するが、自分の考えも大切にしたい。
最近、○○の本が勉強になったから
皆に分かりやすく要約してみよう。

自意識過剰は早めの対処が必要

最後に、公的自己意識について補足させて頂きます。人の目が気になるのは、10代からはじまります。社交不安症を発症した人の約75%が15歳以下で発症しています(図1)。同じことが精神保健疫学調査(1993)やこころの健康についての疫学調査(2006)でも示唆されています。

自意識過剰 改善

社交不安症の特徴は、早期発見が困難なところです。治療が遅くなってしまい、発症年齢と専門機関に訪れた年齢が大きく異なるケースが多くあります。もし「人の目が気になる」という気持ちが強く、人間関係が不安になっている方は練習問題を参考にしてみてください。

私的に考えて自意識過剰を克服!

練習問題はいかがでしたか。私的自己意識を高めることで他人の目を気にする傾向は弱まっていきます。もちろん、自分がどうありたいかを大切にしすぎる人は、配慮にかけてしまう部分もあるのでバランスが大切です。他人を意識しすぎるよりも、自分がどうありたいか優先することを増やしていきましょう。

★自意識過剰は考え方を変えることで克服!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①意味や原因・治し方を解説
②意味や性質を解説
③「こだわりを手放そう」
④「社会不安障害」へのリスク
⑤「私的自己意識を高める」
⑥治し方「現実検討力」
⑦「前向きな目標設定」に
⑧「あるがまま」森田療法とは

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
大学生の不登校傾向と対人恐怖心性との関連 堀井 俊章
横浜国立大学教育人間科学部紀要. 横浜国立大学教育人間科学部 編 16, 135-143, 2014-02
日本精神神経学会 監修 (2014) DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル