>
>
>
自己効力感の上げ方

自己効力感の上げ方「社会的サポート」を受けよう④

コラム③では、自己効力感を高める方法の2つ目「スモールステップ法」ご説明しました。具体的かつ現実的な目標設定で小さな成功を積み重ねていきましょう。今回は、自己効力感が上がらない3つ目の原因「社会的サポートの欠如」への対処法について解説していきます。

社会的サポートとは?

水間(1996)の研究では、「自己嫌悪尺度」を作成する際に、1つの要素として孤独感取り入れています。孤独感が大きく、人間関係が満たされていない人は自己効力感が低くくなりやすいのです。この部分を改善するためには、「ソーシャルサポート」を受けることが重要です。

ソーシャルサポートは、4つに分類されます。
1.情緒的サポート・・励まし、肯定など感情面を支えてくれるサポート
2.情報的サポート・・ノウハウなどの情報を教えてくれるサポート
3.道具的サポート・・家に住ませてもらうなどの物質的なサポート
4.評価的サポート・・正しい評価をしてくれるサポート

いかがでしょうか。このようなサポートが得られている実感はありますか?

ソーシャルサポートと自己効力感

細田ら(2009)では、中学生305名を対象に、自己効力感と近い概念であえる「自己肯定感とソーシャルサポートの関連」を調査しています。そこでは、自己肯定感が高い群の方が、低い群と比較してどソーシャルサポートが多いと感じていることが分かりました。

自己効力感上げ方

上記のグラフのように、「友人」「母親」のどちらにおいても自己肯定感が高い群の方がソーシャルサポートが高いと分かります。

このことから、「自己肯定感」が高いと、ソーシャルサポートを増えていくことがわかります。その逆もしかりでサポートをくれそうな人を見つけることで、自己肯定感を高めることができます。

友人が多いと希望が芽生える

下の図は、国の統計(我が国と諸外国の若者の意識に関する調査)から引用したものです。「希望」と「友人の数」を分析したグラフですが、友人が多いほど将来に希望を持っていることが分かります。

友人が多いことで様々なソーシャルサポートが得られ、自己効力感が上がっていると推測されます。逆に友人が少ないと将来に希望が持てず、自己効力感が下がってしまうことも考えらます。表情が暗くなり、周囲から話しかけづらい印象を与えてしまいます。

その結果、人間関係が上手くいかなくなってしまうのです。さらにサポートが少なくなるのでストレスを一人で抱え込んでしまうこともあります。こうした状態が継続するとストレスが過剰となり、心身のバランスを崩すことにもつながります。うつなどの精神疾患のリスクも上がる可能性もあるため注意が必要です。

自分は無力だと感じていた平山さんの事例

ここで、私が実際にカウンセリングを対応をした事例をご紹介します。ある日平山さんという方がいらっしゃいました。30代前半の女性の方で、過労により体を悪くされていて、今後の働き方について向きあう目的で来室されました。対話していくと、彼女は輝しいキャリアを歩んでこられたとうかがえました。

しかし、平山さんは、

「私は誰よりも仕事ができない」
「プロジェクトを投げ出してまった」
「自分はダメ人間だから・・・」

と、自己効力感が薄い印象を強く受けたのです。

しかし、カウンセリングのなかで、「仕事ができない」という点を深堀してみると、「あれくらいのプロジェクトは一人で出来て当たり前」という言葉が何度も出てきました。平山さんは1人で背負い込んでしまう性格で、今回の健康を害したのも、尋常ではない仕事量を1人で全うしていたことに原因があるようでした。

そこで私は、『平山さんは1人でお仕事に尽力されていましたが、本当は誰かのサポートがあったのでは』と伝えました。すると、「はい、そうです。でも私の力不足で周り迷惑をかけたくなかったんです」とお話されていました。

すると平山さんは、

「上司の○○さんも気遣ってくれていた」
「部下の○○さんも手伝おうとしてくれていた」

と得られたサポートを思い返し始めました。

その後、平山さんは、仕事場でコミュニケーションを密に取るようになっていきました。楽しんで会話をすることができているようで、仕事の進捗についての状況もいろいろと共有することができるようになりました。すると、上司の会話の中で、以前平山さんが放棄してしまった「プロジェクト」は、

「一人では相当難しいプロジェクトだ」
「出来るとしたら平山さんしかいない」

という期待から任されたものであるという事が分かりました。平山さんは、肩の荷が下りたような気分になり、少し自己効力感が高まったように感じました。

「もし早めに相談してくれれば、自分もサポートできたかも」

と同僚が話してくれたようです。平山さん自身も

「辛い時は周りに相談しても良かったのかもしれない」

と少し後悔されていました。その後、平山さんの働き方は変わり、上手く周りと連携しながらプロジェクトをこなしていくようになりました。あれから数年の月日が経ちましたが、仕事の雰囲気もよく健康的にお仕事をされています。平山さんのように、社会的サポートを受けることができると、自己効力感を高めることができるのです。

さあ実践!社会的サポートで自己効力感をUP

それでは、実際に自分の身近にあるサポートについて考えていきましょう。平山さんの事例のように、あなたの力になってくれるそうな人を見つけていきましょう。

質問①
サポートしてくれそうな人を挙げてみましょう。できるだけ多く挙げてみてください。


 

解答例(平山さんの場合)

・交際している彼氏Aさん
・昔からの親友であるBさん
・現在の職場の同僚Cさん
・現在の職場の部下Dさん
・現在の職場の直属の上司Eさん

質問②
質問①で、それぞれ挙げた人はどんな部分でサポートしてくれそうですか?整理してみてください。

解答例(平山さんの場合)

自己効力感は「周囲のサポート」で上がる

今回は「社会的サポートの欠如」の対処法についてご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。気が付けば、様々な場面でソーシャルサポートは見つかるはずです。周りからの助けが増えればば自己効力感が高まる機会が増え、難しいことにもチャレンジできる精神が身に付きます。

今の人間関係を整理することで、あなたの周りに存在するの社会的サポートを見つけることができます。それがあなたの自信やスキルを高めてくれますよ。

次回のコラムではまとめをしていきます。しっかりと振り返って、日常生活に生かしていきましょう。

★自己効力感の上げ方は「サポーター」を作ること

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
自己嫌悪感尺度の作成 教育心理学研究 44 296-302 水間玲子(1996)
我が国と諸外国の若者の意識に関する調査
中学生におけるソーシャルサポートと自他の肯定感に関する研究 教育心理学研究 57 309-323 細田絢・田嶌誠一(2009)