>
>
>
意味と定義を理解しよう

自己肯定感の意味とは?定義を学ぼう②

コラム①では、自己肯定感について概観していきました。繰り返しになる部分もありますが、ここからは深く理解していきましょう。今回は「自己肯定感の意味」について詳しくみていきたいと思います。

自己肯定感とは?

早速ですが、みなさんは自己肯定感という言葉を聞いて、どんなことを思い浮かべますか?近年、学校教育の場面などで着目されることや、大人向けにも本が出版されるなど多く使われる用語の1つになってきた印象があります。このコラムをお読みの方の中にも、「自分は自己肯定感が低い・・」などと会話で使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

自己肯定感は、学術的な用語の1つです。これまで自己肯定感の研究は、心理学の分野で数多くされており、いくつかの定義づけが行われています。

自己肯定感は以下のように定義づけられています。

「自分自身のあり方を肯定的に思う気持ちであり、自分のことを好きである気持ち」(高垣,2004)

「自己概念における評価次元(好ましい-好ましくない、望ましい-望ましくない、肯定的-否定的など)を表す総称」(平石,1990)

このように自分を認めて好きになるという意味合いで用いられることが多いのですね。自己肯定感が低い人は、自分を肯定する気持ちが少なく、自分以外の誰かになりたい、もしくは消えてなくなりたいと思ってしまう人も多いようです。

このように、自分のことを大切に思っており、後悔も少なく、前向きに考えている自覚があれば、自己肯定感が高い傾向にあると言えます。

あまり当てはまらなかった方も、これからのコラムで自己肯定感の問題点や高め方を学ぶことで、自分を認められるようになります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

★ ネガティブな考え方のクセを修正して、自己肯定感の高めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は心理学講座、実践練習をしたい!という方は社会人講座をお勧めしています。私たちが講義をしている講座となります。それでは次のコラムへ進みましょう!

心理学講座

目次

①高める方法!3つの対処法
②意味とは?定義を学ぼう
③自己肯定感不足の問題点
④「リフレーミング技法」
⑤「他人を好き⇒自分を好き」
⑥「適度に甘える法」とは
⑦自己肯定感を診断してみよう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
高垣忠一郎(2004)生きることと自己肯定感 新日本出版社
平石(1990)青年期における自己意識の発達に関する研究-1-自己肯定性次元と自己安定性次元の検討 名古屋大學教育學部紀要 教育心理学科 (37), p217-234, 1990 名古屋大学教育学部