>
>
>

自己嫌悪に陥る心理。立ち直るために良いところに目を向けよう

自己嫌悪


自己嫌悪に陥る心理と立ち直る方法・リフレーミング②

コラム①では、自己嫌悪の3つの原因とその対処法を紹介してきました。具体的には、「自分の悪いところばかり探してしまう」「アイデンティティの拡散」「周りのサポートがない」が対処法でしたね。今回は、自己嫌悪の原因の1つ目「自分の悪いところばかり探してしまう」の対処法のリフレーミングをお話していきます。

イラスト:自分の悪いところばかり探してしまい自己嫌悪に陥る人

リフレーミングとは?

リフレーミングとは、
「これまでのものごとを見る枠組みを変えて、違う枠組みで見ること」
を指しています。

つまり、自分自身のものごとの見方を変えていくものです。家族療法や解決志向アプローチ(Solution Focused Approach :SFA )などの心理療法で用いられています。

自分の悪いことばかり気になってしまう人は、ネガティブな側面ばかりに目を向けてしまい、自己嫌悪感を高めている可能性があります。

しかし、私たちにはネガティブな側面ばかりではなく、どこかにポジティブな側面が必ずあるのです。リフレーミングとは、必ず存在しているはずの自分の中のポジティブな側面を探していこうとすることを言います。

リフレーミングの技法は、学校場面では、学校の先生が少し対応に困っている生徒の対応方法を発見することに用いられたり、仕事のモチベーションを上げる目的の企業研修などでも活用されることがあります。様々なところで活用されています。

 

ここで、1つ例をお話しします。

以前とあるニュースで、「落ちないリンゴ」というのが話題になっていることがありました。台風でリンゴがたくさん落ちてしまい、商品にならなくなってしまった事は事実ですが、落ちなかったリンゴに目を向けて、「落ちないリンゴ」として売り出したところ、非常に価値のあるものとして、受験生にありがたがられたという話ですね。

イラスト:リフレーミングで大ヒットした「落ちないリンゴ」

これは、
「リンゴが落ちてしまい売り物にならない」

         ↓

「残っているリンゴはとても価値がある」

という様に、台風でリンゴが落ちてしまったという事実をどのように捉えるかで、私たちの気持ちの持ちようが変わってくるということです。

事例!自己嫌悪に陥った高橋さん

先ほどご紹介した、リンゴの例に限らず、私たち自身についてもリフレーミングができます。

以前、私のクライエントさんで、高橋さんという方がいました。とても対人恐怖の強い方でした。私と会う以前には、ひきこもりを経験したことも有ったようです。高橋さんは、とても自分に自信が無く、自己嫌悪感が強い方でした。その証拠に高橋さんは自分自身を、子どもの頃から嫌いだったとカウンセリング中にお話しされていました。

その自己嫌悪感の理由は、

「要領が悪い」
「理屈っぽい」
「機転が利かない」

と様々な面で、否定的な評価をしていたことでした。そこでカウンセリングで高橋さんと話をしていく中で、良い点を探していきました。そうすると、

「コツコツと物事に取り組む」
「慎重に考えてから行動する」
「相手に対して誠実な丁寧な対応ができる」

といった様に良い面がたくさん上がってきました。

そうすると高橋さんは、「自分も意外といいところがあるのだなぁ・・」と自分自身に自信を持つことができるようになったようでした。今では、元気にお仕事やプライベートを楽しまれているようです。

イラスト:カウンセリングでリフレーミングを使って、悪い面を自分の良い点として考え直せた人

この高橋さんの事例のように、リフレーミングを使って、悪い面を自分の良い点として考え直してみると自己嫌悪感を和らげることができます。

良いところは悪いところの裏返し?

実はこの話、後日談があります。高橋さんがカウンセリングを卒業して、しばらくして顔を出してくださいました。高橋さんは、あることに気づいたようです。

というように、「自分が悪いところだと思っていた点は、実は良いところだった」というようにおっしゃっていました。一長一短という言葉があるように、あなた自身が悪いと思っている点は、あなたの良い点であるかもしれません。

実践!リフレーミングの練習

それでは、あなた自身のことについてリフレーミングをしてみましょう。高橋さんの事例を参考に、気軽にやってみてください。

問題①
あなた自身が思う、「悪いところ」を挙げてみてください。


 

問題②
「悪いところ」を良い点として言い換えてみましょう。



 

解答例
問題①
あなた自身が思う、「悪いところ」を挙げてみてください。
・「短気でせっかち」
・「すぐ落ち込んでしまう」
・「緊張しやすい」

問題②
「悪いところ」を良い点として言い換えてみましょう。
・「気配りができる」
・「優しい」
・「こだわりを持って仕事をやっている」
など

そして、悪いところの言いかえはこんな感じでしょうか。
悪いところを良く言い換えて自己嫌悪に対処しよう

誰しも「良いところ」がある

今回は、自己嫌悪の対処法の1つリフレーミングについて解説しました。いかがでしたか。私たちの中で、悪いところばかりの人というのはいないのではないかと思います。反対に良いところばかりの人もいないと思います。

つまり良いところと悪いところがあるのが人間らしいと言えるのではないでしょうか。そうしたバランスの良い見方ができるようになれば、自己嫌悪感を和らげることができます。自己嫌悪に陥った時には、ぜひリフレーミングをやってみてください。

次回は、自己嫌悪になる原因の2つ目「アイデンティティの拡散」の対処法についてご紹介します。

★リフレーミングで良い見方を。自己嫌悪を和らげよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献
長谷川啓三・若島孔文編(2002)事例で学ぶ家族療法・短期療法・物語療法 金子書房



リフレーミングで良いところに目を向けていこう