>
>
>

自己嫌悪に陥った時の立ち直り方と予防「アイデンティティの確立」を解説

自己嫌悪


自己嫌悪を改善する心理学「アイデンティティの確立」③

コラム②では、自己嫌悪の対処法の1つ目「リフレーミング」をご紹介しました。練習問題に取り組みながら、捉え方を変えて、良いところに目を向けるスキルを身に付けてくださいね。今回は、自己嫌悪の原因の2つ目「アイデンティティ拡散」の対処法について解説します。

イラスト:アイディンティティを確立している人

アイデンティティとは?

「自己嫌悪」を改善するには「アイデンティティの確立と拡散」を理解すると効果的です。アイデンティティとはどこかで聞いたことがある用語だと思います。まずは2つの用語を解説します。

・アイデンティティ確立

アイデンティティ確立とは、エリクソンが提唱しました。簡単に言いますと「自分の生き方が明確である」「私は〇〇という個性を発揮している」という感覚が持てるようになることです。言い換えると、自分なりの価値観や生き方を確立することです。

・アイデンティティ拡散

反対に、アイデンティティを上手く確立できないことをアイデンティティ拡散と言います。例えば、「やりたいことがわからない」「個性を発揮できない」という状態です。アイデンティティ拡散になると、自分に自信が持てず、自己嫌悪感を持ちやすくなると考えられます。

イラスト:自分に自信がなく、アイデンティティ拡散状態の人

このことは研究でも実証されています。

中間ら(2015)は、アイデンティティ発達の様相をとらえる尺度を作成した際に、453名の大学生を対象に調査を行いました。その中で、自尊感情のグループごとの比較を行っています。自尊感情とは、簡単に言うと「自分のことを価値があると思う」ことで、自己嫌悪とほぼ反対の概念のものです。群比較の結果、アイデンティティ達成群は、他の群に比べて有意に高い結果を示しました。

自尊感情とアイデンティティの関係。自己嫌悪にも影響する

図:アイデンティティと自尊感情

棒グラフにて、自尊感情の高さが示されています。グラフが高く、値が大きいほど、自己嫌悪が少なく健康的であることを示しています以上から自己嫌悪には、アイデンティティが確立できているかどうかは重要な問題であると考えられます。

ではアイデンティティはどのように確立していけばいいのでしょうか?今回は私のカウンセリングの事例をご紹介します。

事例!価値観を確立した原田さん

ある日カウンセリングルームに、原田さん(仮名)という方がいました。20代の男性でした。大学卒業を控えていたものの、就職が決まらないという状況でカウンセリングに来室されました。原田さんもだいぶ自己嫌悪感が強かったようです。

「自分は能力が低い」
「就職できない」
「自分のことが嫌い」

としきりにお話しされていました。かなり落ち込まれていて、私もどこから取り掛かってよいかわからず、最初はただ話しを聞いていました。

話を聞いていくと、自己嫌悪感の原因は、
・他者と比べすぎて自分を見失っている
・「普通」であることに拘る
・自分の長所を考えない

ことにあると考えられました。つまりアイデンティティの拡散の問題です。原田さんには、原田さんなりの生き方があります。人の目を気にするのではなく、ご自身なりの生き方を見つけた方が原田さんも今後の生活が送りやすいのではないかと私は思いました。

そこで私は、原田さんにアイデンティティを形成してもらうことをテーマに据え、カウンセリングを進めていきました。

具体的には、ご自身の人生を振り返り、ご自身なりの価値観をある程度作ってもらうことを目標に据えました。コラム1でお話しした通り、自分自身の振り返りをしてもらうべく、いくつかの質問をしながらカウンセリングを進めていきました。次第に原田さんは、

「会社の知名度や安定性ばかりにとらわれていた」
と話し始めました。さらに、これまで楽しかったことを振り返ると、

「何かモノを作ることが楽しい」
「お菓子が好きで、幸せを感じる」

イラスト:好きなことが見つかり、アイデンティティを形成できた人

といったように考え方が変わってきたようでした。その後、原田さんは洋菓子の職人さんとなって働いておられます。仕事を楽しまれ、毎日の生活も充実されておられるようです。原田さんのように、自分の価値観や生き方を持つことができると、周りに左右されず自己嫌悪の気持ちも軽減していくことができます。

実践!アイデンティティ形成を目指そう

それでは、みなさんも問題でに取り組んでみましょう。ここからみなさんにアイデンティティ形成のために、いくつか質問をします。これは私が原田さんにお尋ねした質問の一部です。みなさんも考えてみてください。参考に原田さんの答えも載せておきますね。アイデンティティを確立することは簡単ではないですが、少しでもヒントになると嬉しいです。

質問①
みなさんがこれまでの人生で幸せ・充実感を感じたことはどんなことでしょうか?「幼少期」「学生の時」「最近」と時期を分けて考えてみましょう。

幼少期

学生の時

最近

 

解答例原田さんの場合)
幼少期
 →夏休みの自由工作で大賞を取った、甘いお菓子を食べている時
学生の時
 →あまりうまくなかったが、野球部でバッティングだけが得意だった。ひたすら練習して試合に出ることができた。文化祭でみんなと一緒に、出し物を考え・作り上げたこと。
 最近
 →お客さんに自分の作った料理を喜んで食べてもらえること

 

質問②
みなさんがこれまでの人生で、自分をほめてもいいと思うことはどんなことでしょうか?「幼少期」「学生の時」「最近」と時期を分けて考えてみましょう。

幼少期

学生の時

最近

 

解答例(原田さんの場合)
幼少時
 →よく母親の手伝いをしていたこと。お菓子を食べたお父さんが喜んでくれた。
学生の時
 →日が暮れるまで練習したこと・コツコツ勉強を積み重ねて大学に合格したこと
最近
 →アルバイト先で、新メニューを開発した

 

質問③
ここまで挙げてくださった体験を、将来につなげるためにはどうしたら良いでしょうか?


 

解答例(原田さんの場合)

・お菓子モノに関わる仕事につけばよいのではないか
・自分の作ったもので、誰かが喜んでもらえるといいなと思う
・食べ物はやっぱり好きで、身近に感じられるといいな

 

自己嫌悪に陥らない自分を!

今回は、アイデンティティの確立についてお話ししてきました。いかがでしたでしょうか。自分の価値観を持つことは、アイデンティティ形成の作業の中でとても大きな部分を占めます。事例で紹介した原田さんのように、「誰かと比べたり・他の人や周りの価値観に左右されずに自分らしい」生き方ができるようになると自己嫌悪感も減っていくでしょう。

次回は、自己嫌悪の原因の3つ目「周りのサポートがない」の対処法をご紹介します。

★価値観を確立して、自己嫌悪から抜けだそう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献
宮下一博・杉村和美(2008)大学生の自己分析―いまだ見えぬアイデンティティに突然気づくために ナカニシヤ出版
高松里(2015)ライフストーリー・レビュー入門:過去に光を当てる、ナラティヴ・アプローチの新しい方法 創元社
岩井洋・奥村怜香・元根朋美(2017)プレステップキャリアデザイン (プレステップシリーズ11) 弘文堂
中間玲子・杉村和美・畑野快・溝上慎一・都築学(2015)多次元アイデンティティ発達尺度(DID)によるアイデンティティ発達の検討と類型化の試み 85(6) 549-559 心理学研究



アイデンティティを確立して予防もしよう