>
>
>

自己嫌悪に陥る特徴と原因「3つの解消法」心理の専門家が解説

自己嫌悪


自己嫌悪に陥る特徴と原因、3つの解消法を心理の専門家が解説⑤

自己嫌悪を解消しよう

今回が自己嫌悪コラムの最終回です。ここまで4回のコラムでお伝えした内容をおさらいしていきます。一緒に確認しましょう。

自己嫌悪とは?

自己嫌悪とは、様々な定義は存在していますが、自分のことを好きになることができず「自分が嫌い」という気持ちをもつことです。これは一時的に感じる気持ちでもありますし、比較的長期的に感じる気持ちでもあります。コラム①では、自己嫌悪の問題点と原因について解説しました。原因は3つありましたね。

・自分の悪いところばかり探してしまう
・アイデンティティの拡散
・ソーシャルサポートがない

自己嫌悪の気持ちが強すぎることは問題点となります。具体的には、まずは自己肯定感が低下して、何をするにしても自信がなくなってしまうことなどがあげられます。

それ以外にも、今取り組んでいることを投げ出したり、自暴自棄になること、自己破壊的な行動をとることも重ねてあげられます。自己嫌悪に陥る原因と問題

自己嫌悪の原因とその対処法

コラム②③④では、自己嫌悪の原因と解決する具体的な方法をご紹介しました。

①リフレーミングで良いところにも目を向ける

自己嫌悪に陥る原因の1つ目「自分の悪いところばかり探してしまう」の対処法として、自分の良いところに目を向ける「リフレーミング」をご紹介しました。あなた自身が悪いと思っていたところでさえ、他の人にとって、あるいは状況によっては良いところである可能性があります。

コラム②では、
1:欠点だと思うところを挙げる
2:「悪いところ」を良いところに言い換えていく

練習をしましたね。繰り返しの練習で身に付けてくださいね。

②自分自身を受入れよう

自己嫌悪に陥る原因の2つ目「アイデンティティの拡散」の解決策として、自身のこれまでのことを丁寧に振り返っていく方法をご紹介しました。

コラム③では、
1:どんなことで充実感を感じるか?
2:自分を褒めても良いと思うこと
3:これからどう活かしていくか?

を考えてもらいました。これらはあなたのアイデンティティ形成に役立つ質問ですので、ぜひ取り組んでみてください。

③ソーシャルサポートを受けよう

自己嫌悪に陥る原因の3つ目「ソーシャルサポートがない」の対処法として、友人、家族、知り合いなどの様々な助けである社会的サポートを活用して、、自己嫌悪を乗り越えていく方法をお話ししてきました。

具体的には、
1:サポートしてくれそうな人をリストアップする
2:どのようなことでサポートしてもらえそうか

この2点を書き出して整理することでしたね。普段から整理しておくと、気持ちが下向きになりがちな自己嫌悪の時にも役に立つのではないかと思っています。コラム④をチェックしてみてくださいね。

自己嫌悪と上手に付き合っていこう

自己嫌悪は誰でも感じる事

5回にわたって「自己嫌悪」をテーマにお話ししてきました。いかがでしたでしょうか。自己嫌悪は、だれもが一度は感じる気持ちです。自己嫌悪に陥った時には、今回お話しした3つの対処法を実践して、自己嫌悪と上手に付き合ってくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「自己嫌悪」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!日々の生活の中で後悔とうまく付き合っていこうという視点を持って、自信を持って行動に移していっていただければと思います。まずはコラム中でご紹介したワークや手順を試し、実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★自己嫌悪に陥る特徴や原因を理解して、適切な対処で解消していきましょう!



正しい知識で適切な対処をしましょう