>
>
>
神経質な気質「HSP」ってなに③

神経質な気質「HSP」ってなに③

コラム①では、神経質について概観していきました。今回からは「神経質とは何か」についてより深く解説していきます。重要な部分としては、「①ヒポコンドリー」「②HSP気質」「③精神疾患との関係」の3つでしたね。

今回は「②HSP気質」を紹介していきたいと思います。

HSP研究と神経質

最近では神経質に近い概念としてHPSの研究が盛んです。HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、直訳すると「とても敏感な人」と訳されます。HSPはアメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が1996年に提唱した概念で、それ以降日本でも注目されるようになってきました。神経質とも関係が近いHSPの特徴について、少し紹介していきたいと思います。

・HSPの特徴とは

刺激に敏感
聴覚や嗅覚、触覚などの体で感じる感覚がとても敏感

ちょっとしたことで動揺しやすい
些細な失敗や、他人のちょっとした言動にも大きく動揺されやすい

微妙な変化にも気づきやすい
他人の表情や、雰囲気の変化に敏感、他者に対する共感力が高い

などの特徴があります。こうした特徴は神経質な人にも共通する部分かと思います。

・HSPは脳内の過剰処理が原因

HSPは脳内の情報処理の過剰な働きが原因であるといわれています。例えば、小さな物音でも普通の人であれば、3くらい感じるものが、HSPの人では10くらいに感じてしまいます。

これは、脳内の情報処理が過剰に働くためです。HSPの人は、感覚に対する処理能力がとても高いため、ちょっとした物音でも、脳内では大きな刺激として処理されるのです。

神経質な人もこうしたHSPと共通する特性があると考えられます。そのため、神経質な人は不快な音に敏感だったり、些細な変化にも気づきやすいことが考えられます。

HSPかどうかチェック

実際に、高橋(2016)の研究では、HSPを測定する尺度の日本語版の作成が行われています。大学生374名を対象に、調査を行ったところ以下のような質問項目が抽出されました。

1.大きな音や雑然とした光景の
   ような強い刺激がわずらわしいですか?

2.一度にたくさんの事が起こって
   いると不快になりますか?

3.明るい光や強いにおい、近くのサイレンの音
   などにゾッとしやすいですか?

4.他人の気分に左右されますか? 

5.競争場面では緊張して実力を発揮できないと感じますか?

6.痛みに敏感になることがありますか? 

7.子供の頃,親や教師は
 あなたのことを「内気だ」と見ていましたか?

8.微細で繊細な香り・味・音・芸術作品などを好みますか? 

9.美術や音楽に深く感動しますか? 

10.豊かな内面生活を送っていますか?

上記の質問で該当するものが多ければ、HSPである可能性が高いです。このように、HSPの特徴としては「刺激に弱い」「感受性が高い」ことが挙げられます。

15~20%は感受性が高い

エイレン・N・アーロン博士によると、HSPはどの社会にも男女問わず15~20%の割合いるといわれています。(Aron & Aron,1997) もしかしたら、発達障害や不安障害、気分障害と診断された人の中にもHSPに当てはまる可能性があります。

こうしたHSPの原因は、5感などの感覚が過敏であることは、脳内の情報処理能力が高いためであるとしています。多くの情報が処理できることで、目や耳から入った多くの情報を認識することができるのです。しかも、後天的なものではなく、生まれつきの先天的なものとされています。

神経質はHSPが関連!

今回は、HSP、とても敏感な傾向が「神経質」に影響している可能性についてお伝えしていきました。HSPは生まれつきの気質なので、後天的に変えることは難しいとされています。

そのため、神経質な傾向を克服するというよりも、どのように活かすかに重きを置いた方が実りが大きそうです。

次回は、神経質と「精神疾患への影響」についてご紹介します。お楽しみに!

★神経質の原因「とても敏感な傾向」を受け入れよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

目次

①神経質な人-概観
②ヒポコンドリー
③「HSP」ってなに
④「精神疾患」の関係
⑤神経質診断でチェック
⑥「認知行動療法で反証」
⑦「多角的認知」を付けよう
⑧「曝露療法」で恐怖に慣れよう
⑨「森田療法」で受け入れよう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
・高橋(2016)Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 感情心理学研究
2016年 第23巻 第 2 号 68─77