>
>
>
神経質を改善するなら「森田療法のあるがまま」

神経質を改善したいなら「森田療法」であるがままに⑨

コラム①では、神経質について概観していきました。今回からは、具体的な対処法についてより深く観ていこうと思います。「①認知行動療法で反証」「②多角的認知を鍛える」「③暴露療法で改善」「④森田療法」の4つでしたね。

今回は、④森田療法について解説していきます。

森田療法とは?

森田療法は日本人である森田正馬によって考案された精神療法です。森田自身、幼少の頃から神経症症状に苦しみ、大学生の時には神経衰弱と診断されて服薬もしていました。ある時、服薬をやめて一生懸命に勉強に励んだところ、苦しかった症状がなくなるという経験をします。これが森田療法につながったと言われています。

では、なぜ神経症の症状は生まれるのでしょうか。それは、お腹が痛い、心臓がどきどきする、緊張するなどの不快な症状に注意を向けることで症状が強まり、ますます注意が向く…という悪循環が起きるからです。

これを森田療法では、“精神交互作用”と言います。

精神交互作用の図

心身の不快な症状にばかり注意を向けると、自分で自分の悩みを大きくしてしまうのです。

例えば、

なかなか眠れない時で考えてみましょう。眠れないことに注意を向けて焦ってしまうと、余計に眠れなくなりますね。まずは、些細なきっかけに注意を向けすぎて、自ら症状を作り出す悪循環が起きていることに気づくことが大切です。そして、

悩みを取り除こうとせず「眠れないなら眠らなくてもよい」とあるがままの姿勢になりましょう。このように、森田療法では、不安や恐怖心は消すのではなく、あって当然だと考えて、“あるがまま”に受容することを基本とします。

神経質な人は執着気味?

神経質と執着しやすさの関連性を示した論文があります。田中・塩見・吉岡(2002)は、下田式性格検査法を改訂し、“神経過敏性性格”や“執着性格”などの7因子を得ています。

この中の“執着性格”は、「熱中性、徹底性、強い義務責任感」を持つ性格で、Y-G性格検査の“神経質”との間に正の相関(相関係数=0.29, p<0.01)が見られました。

つまり、執着傾向と神経質には関連があるということを示しています。神経質な人は執着しやすいととらえることもできるのです。

森田療法で神経質を緩和しよう

森田療法であるがまま

ここからは、森田療法の考え方を活かして、神経質とうまく付き合っていく3つの方法をご紹介します。

①よりよく生きたい欲望を引き出す
まずは質問です。

「もしも、治したいと思っている症状がなければ、あなたはどのようなことをしたいですか?」

これは、森田療法へ導入する際のはじめの一言です(伊藤(2016))。この質問により、人間に備わっている「生の欲望」を引き出すのです。

例えば、

・よりよく生きたい
・人から評価されたい
・より健康でありたい

これらの自己実現欲求に自ら気づき、具体的にして広げていくことで、よりよく生きようとする原動力を高めます。

神経質な性格を森田療法で緩和しよう

②目的本位になる
神経質な人は、自分の不安を中心にして物事を考えがちです。例えば、会議で発言しても、人からどのように評価されているか不安が大きいために、なんとなく気分がスッキリしないことがあります。こうした状態は、自分の気分をもとに判断しているので、“気分本位”と呼ばれます。

それに対して、会議中に発言できた、自分の役割を果たした、などと目的を達成できて良かったと考えるのが“目的本位”です。森田療法では、気分本位より目的本位になることを重視します。

不安な気持ちがあることは取り除こうとせず、そのままにして、「今日できたこと」「やるべきことをやった」といった目的に対する達成感を重視してみましょう。できていることに注目できるようになると、良い気分は後からついてきます。

③とらわれを抜けてあるがままへ
人から良く見られたい、いい人だと思われたい、仕事を完璧にすべき、といった“とらわれ”が強いのが神経質な人の特徴です。しかしこのような状況では、思うように行動ができません。

そこで、今の自分を“あるがまま”に受け入れよう、というのが森田療法の考え方です。症状や不安を何とかしようとせず、そのままにしておきます。そして、何とかできるものは頑張る、何ともならないものは放っておくという心のゆとりを持つことが大切なのです。

森田療法を動画で解説

森田療法については動画でも解説しています♪良かったら参考にして頂けると嬉しいです。*チャンネル登録もお待ちしています(^^)

森田療法で不安を克服

森田療法は、不安や恐怖心をありのままに受け入れ、あるがままに生きることを重視します。3つの方法を元に、心にゆとりをもってくださいね。

森田療法には、入院治療や外来治療の方法があり、治療者が生の欲望を引き出したり、目的本位になることをサポートしたり、あるがままに生きるよう導いてくれます。このコラムでは、森田療法の考え方のエッセンスをお伝えしました!もっと詳しく知りたいという方はこちらの森田療法コラムもオススメします。

★あるがままの自分を受け入れて 神経質を改善しよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

目次

①神経質な人-概観
②ヒポコンドリー
③「HSP」ってなに
④「精神疾患」の関係
⑤神経質診断でチェック
⑥「認知行動療法で反証」
⑦「多角的認知」を付けよう
⑧「曝露療法」で恐怖に慣れよう
⑨「森田療法」で受け入れよう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
伊藤克人(2016)第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(東京) ワークショップ:心身医療における森田療法の臨床実践 森田療法への導入の実際. 心身医学, 56, 341-346.杉浦義典・杉浦知子・丹野義彦(2006)神経質傾向と不安への態度―森田療法の鍵概念の測定. 信州大学 人間科学論集 人間情報科学編, 40, 33-46.
*参考図書
北西憲二(2007)健康ライブラリー イラスト版 森田療法のすべてがわかる本. 講談社.
中村敬(2018)こころのクスリBOOKS よくわかる森田療法 心の自然治癒力を高める. 主婦の友社.

田中宏尚・塩見邦雄・吉岡千尋(2002)SPI(下田式性格検査)の改訂版の作成とその有効性の研究(SPI改訂版の作成第2報). 熊本県立大学文学部紀要, 8, 59-72.