>
>
>

心配性の特徴と問題、克服するための具体的な方法を臨床心理士が解説

心配性


心配性の特徴と問題、克服するための具体的な方法-臨床心理士が解説⑤

モヤモヤを解消!心配性の対処のまとめ

今回が心配性コラムの最終回です。ここまで4回のコラムでお伝えした内容をおさらいしていきます。一緒に確認しましょう。コラム①では、心配性が持続する3つの原因をご紹介しました。

・起こりえないことを心配する
・心配をネガティブに捉える
・心配な考えを止められない

の3つでしたね。心配性が続いたり重度になったりしてくると、心身の不調が出てくる恐れがあり、注意が必要です。心配性を引き起こす原因には3つある

3つの原因を解決する具体的な方法

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1.認知行動療法で現実検討

心配性が持続する原因の1つ目「起こりえないことを心配する」を解決するのに効果的な方法は、認知行動療法の反証でしたね。

「もし~だったらどうしよう」という考えの中には、とりとめなく心配しているだけで、現実には起こりえない事柄も含まれているものです。そこで、反証をすることで、自分の思考の歪みに気づき、現実検討能力を向上させることができるようになります。反証するための3つの質問がありましたね。

・その心配を支持する証拠はありますか?
・心配していることが何%くらいの確率で起こりそうですか?
・同じような状況で、今までどのようなことが起きましたか?

コラム②でご紹介した例題を参考にしながら、心配性に結びつく考えに根気強く反証していきましょう。

2.解決焦点型で行動力をつける

心配性が持続する原因の2つ目「心配をネガティブに捉える」を解決するための対処法は、解決焦点型のコーピングでしたね。コラム③では、3つの手順をお伝えしました。まずは心配している事柄を紙に書きます。

①最も心配が強い時を10、心配がない時を1として
 今の心配はどのくらいか考える

②①でつけた点数が1点だけ下がったら、
 何に気づくか?

③で答えたことを行動に移す。

心配していることが改善されたふりをするという、ユニークな方法です。心配性でいろいろと考えてしまっても、最終的に解決できれば良い、と心配性をポジティブに捉えるきっかけとしてください。

3.マンイドフルネスで心配を観察

心配性が持続する原因の3つ目「心配な考えを止められない」を抑える方法として、マインドフルネスのボディスキャンをご紹介しました。コラム④でご紹介した手順は次の3つでしたね。

・姿勢を正す
・足先に感覚を集中
・全身に感覚を集中

ボディスキャンをすることによって、心配性な考えを冷静に客観視する力をつけましょう。心配性は軽減できる

心配性とうまく付き合おう

「心配性」コラムでは、心配性なために気持ちが晴れないという方向けに、心配性について正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、「これなら自分で心配性を何とかコントロールできそう!」と思っていただけたら嬉しいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、心配性の3つの原因「起こりえないことを心配する」「心配をネガティブに捉える」「心配な考えを止められない」が少しずつ解消され、心配性が軽減されていくのを実感していただけたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「心配性」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!心配性が軽減されれば、物事がスムーズに運ぶようになり、心身の疲労から解放されることでしょう。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★心配性を克服する為に3つの方法を実践!心配や不安な気持ちを軽減しよう



3つの方法を実践して心配や不安を軽減しよう