>
>
>
視線恐怖症の治し方「公的・私的自己意識」のバランスを保とう

視線恐怖症の治し方「公的・私的自己意識」のバランスを保とう

今回は公的・私的自己意識のバランスを大事にするについて解説してきます。入門①でもお伝えした通り、視線恐怖の中核は「人の目を気にする」心理です。

この心理を和らげるだけで随分楽になります。じっくり進めていきましょう。

適度なバランスを保とう

公的,私的自己意識

人間には「意識」があります。この意識の行き先は2つあります。

1.公的自己意識
周りを気にする 自分がどう見られているかを気にする意識 視線恐怖症の中核的な心理

視線恐怖症,人の目を気にする

2.私的自己意識
自分の内面を気にする 自分がどうありたいかを意識する傾向 視線恐怖の方に不足する心理

私的自己意識

まずはこの2つを抑えておきましょう。この2つには心理的にどのような違いが出てくるのでしょうか。

公的自己意識と対人恐怖

堀井(2001)は、高校生256名、大学生271名、計527名の青年を対象に

公的自己意識
私的自己意識
  と
対人恐怖

との関連が調べました。その結果が以下の図になります。

視線恐怖症

まずは男子から見ていきましょう。特に「公的自己意識」に大きな影響を与えているのは、「自分や他人が気になる心性」であることが分かります。一方で、どの心性も私的自己意識にはほぼ影響がないと言えます。

人の目が気になる

次に女子はどうでしょうか。男子に比べて公的自己意識への影響が大きいことが分かります。女子の周囲からの評価を気にする傾向にあるのですね。

しかし、私的自己意識では、若干の負の相関があるものの、ほぼ影響ない程度です。

公的自己意識と対人恐怖

このように視線恐怖症を克服する鍵は、「私的自己意識」を増やすことが大事になりそうです。具体的には以下の3つの手順をベースに取り組んでいくといいでしょう。

公的自己意識の把握

まずは自分自身の公的自己意識を確かめます。例えば、会話場面で、嫌われないように話さなくては…と考えている自分がいる…など確認していきましょう。

私的自己意識の把握

視線恐怖症を改善するには、「私的自己意識」を増やしていくことが大事になります。私的自己意識は、自分自身がどうしたいか?を大事にする感覚です。

例えば、会話場面では、昨日のプチ旅行の話がしたい!と考える気持ちです。いったん相手のことは置いておいて、あくまで自分がどうしたいかを確認していきましょう。

バランスを大事にする

一方で、私的自己意識が強すぎると、い、相手の意見に耳を貸さない、自分勝手な物言い、など社会性を失ってしまうことになりかねません。

そこで、公的自己意識と私的自己意識はバランスを取ることが大切なのです。

バランスを保とう

一般的に視線恐怖症の方は、他人の目を気にする傾向が強いことが多いので意識的に「私的自己意識」に比重を置くことが大切です。ただ、あくまでもベストバランスを目指すというのが目的です。

練習問題

あなたは次の月曜日の朝礼で20人の前でスピーチをしなさいと上司から指示を受けました。この時、「公的自己意識」が高い人、「私的自己意識」が高い人、「バランス」を取る人でどのような意識の違いが起きるでしょうか。それぞれ考えてみましょう。

・公的自己意識

・私的自己意識

・バランスを取る

 

解答例

・公的自己意識
⇒絶対にミスは許されない!
本番で失敗をしたらどうしよう
上司を失望させてしまうだろう…

・私的自己意識
⇒そういえば前に楽しいことがあったな
ウケなくてもいいや。この話をしよう
最近、○○に本が参考になったんだよな

・バランスを取る
⇒上司の評価は大切だ。
空気はある程度は読むが、
自分の考えも大切にしたい。
最近、○○の本が参考になったから
皆に分かりやすく要約してみよう。

動画でも解説

練習をもっとしてみたい方は、こちらの動画もぜひ参考にしてみてください。

公的自己意識-私的意識のバランスを大事にしよう

練習問題はいかがでしたか。私的自己意識を高めることで他人の目を気にする傾向は弱まっていきます。

もちろん、自分がどうありたいかを大切にしすぎる人は、配慮にかけてしまう部分もあるのでバランスが大切です。他人を意識しすぎるよりも、自分がどうありたいか優先することを増やしていきましょう。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
堀井(2001)青年期における自己意識と対人恐怖心性との関係 山形大学紀要. 教育科学 = Bulletin of Yamagata University. Educational Science 12(4), 85(453)-100(468), 2001-02-15