>
>
>
視線恐怖症を自力で克服する

視線恐怖症を自力で克服するアイコンタクトのコツ3つ⑤

コラム④では、視線恐怖症を克服する「行動療法」をご紹介しました。段階を踏んで少しずつ視線が怖い気持ちを克服していきましょう。今回は、視線恐怖症の解決策の1つ「自然なアイコンタクトのコツ」についてご紹介します。

動画でも説明もあります。テキストベースがご希望の方は飛ばしてください。

視線恐怖症だと不自然なアイコンタクトに

視線恐怖症の方は、「相手を全く見る事ができない」などアイコンタクトに不自然な癖が出てしまいます。その結果、相手に深いな印象を与えてしまうことがあります。視線を合わせるしぐさは、自然体で行うことが大切です。当コラムでは自然体でアイコンタクトを取る3つのコツをご紹介します。

なお、「視線恐怖症を治そうと意識しすぎる」のは逆効果になることがあります。さらにトレーニングを過剰に行うのもNGです。アイコンタクトの練習は「一日5分程度」にしましょう。日常会話で実践する場合も、「少し意識するぐらい」で気楽に取り組んでいきましょうね。

3つのコツで視線恐怖症を改善!

それでは、視線恐怖症でも自然とアイコンタクトとるコツを3つご紹介します。

①5センチ横に、5センチ下がる

筑波大学の八重澤・吉田(1981)らは「他者接近に対する生理・認知反応―生理指標・心理評定の多次元解析―」という論文の中で、他者との接近と、それに伴う心と体の反応に違いがあるかについて実験しました。

実験参加者は18~30歳の女子大生38名で、25歳の男子学生をモデルとしました。実験は「視線が合った状態と距離の近さが、不安や緊張に」どれだけ影響を与えるか?について行われました。その結果は以下の通りです。

実験結果

まずグラフの左側を見るとを見ると距離が「近く」なるほど、不安・緊張の値が上がっていることが分かります。これは、視線を合わせた状態で、相手のとの距離が近くなるほど「不安や緊張が高まりやすい」ことを示しています。相手との距離が近くなれば、その傾向が強くなっていくということですね。

視線恐怖症の場合、少しのポイントとして、椅子を若干ずらすと効果的です。本当に相手が気づかないぐぐらいでOKですので、5センチほど横にずれて座り、5センチ後ろに下がるようにしましょう。こうした工夫だけでも少し楽になります。

②目の周りを見る
視線恐怖症な人は、アイコンタクトを取ることに抵抗があると思います。まずは、目の周りを見るように意識しましょう。鼻や眉であれば相手からは視線を合わせている印象になります。また、特に眉のあいだの「眉間」はおすすめです。目の周りを見るのも抵抗がある人は、顔だけ相手に向けて、あとは顔全体をぼんやりと見る程度からは自めてきましょう。

③目線は上下に外す
ときどき目線を外しながらアイコンタクトをすると自然な印象になります。この時、「目線を縦に外す」のがコツです。横に視線を外すと「話に興味がない」「否定している」と感じてしまうことがあります。そこで、縦に外すことを意識して自然なアイコンタクトを目指していきましょう。視線恐怖症の克服にも前向きに働いてくれるでしょう。

④聞き役になる時だけ意識する
アイコンタクトを意識するのは「聞き役」時だけにしましょう。話し手の時はそこまで意識しなくても、でも不自然にうつりません。「言葉を強調する時」や「大事なだけ」視線を合わせるぐらいでOkです。本命の部分だけアイコンタクトすることで、その分メリハリが付いて、しっかりと相手に伝える事ができます。全体としては3割程度はアイコンタクトして、実際に視線を合わせるのは話しの中の10%ほどで大丈夫です。

視線恐怖症を克服するトレーニング

それではアイコンタクトの3つのコツを練習しましょう。始めのステップとして、スマフォのカメラと人形やアイドルなどのポスターを準備してください。自分が緊張する対象物が良いですね。

1:撮影セットアップ
ポスター(又は人形)にスマフォを立てかけて、撮影できる位置まで移動し、スマフォを挟んで人形と向き合います。

2:会話をビデオに撮影する
では、実際にそのポスター、人形とリアルに会話している様子を動画で撮影します。もちろん返事は返ってこないので、頭の中で想像するか、自分で声に出して一人会話しましょう。どこに住んでいますか?お仕事は何をされていますか?など思いつく限りを1分程度で進めてみましょう。

3:動画を確認する
会話を撮影しビデオをチェックしましょう。相手の目をストレートに見るのは30%ほどでOkです。「目線が適度に動いているか」「外す時は縦になっているか」「横に動いていないか」なども合わせて確認してみてくださいね。

視線恐怖症を3つコツで克服しよう

視線恐怖症を克服する3つのコツとトレーニングはいかがでしたか。視線恐怖症を治そうとこだわりすぎると、かえって挙動不審な印象を与えかねません。「視線を合わせるのは時々でOK♪」くらいの気持ちで取り入れてみてくださいね。何度もトレーニングすることで、ナチュラルに相手の目を見ることができるようになります。マイペースに克服していきましょう!

次回は、視線恐怖症コラムのまとめとして、ここまで解説したきた内容をおさらいしていきます。一緒に振り返って視線への耐性を鍛えていきましょう!

★視線恐怖症は3つのコツで克服できる!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

 

・八重・吉田(1981)他者接近に対する生理・認知反応 生理指標・心理評定の多次元解析 心理学研究 52(3), 166-172, 1公益社団法人 日本心理学会