>
>
>
恐怖症の症状と種類一覧④

恐怖症の症状と種類一覧④

コラム③では、恐怖症のメカニズムについて見ていきました。脳内物質によって脳が活性化し、恐怖心を覚えるという仕組みでしたね。今回は恐怖症の症状と種類について解説していきます。

 

恐怖症とは?恐怖体験が続く問題

恐怖症と悪影響

一方、この恐怖が暴走し、防衛反応が過剰に働くと日常生活に悪影響が出てきます。その1つに不安感受性の過剰が挙げられます。不安感受性とは、不安症状に対する恐怖であり、不安に伴う感覚がネガティブな身体的、社会的、心理的な見方につながると言われています(Reiss, 1991)。不安感受性が過剰になると、

・不安障害
・抑うつ
・その他身体症状

につながると言われています(Jakupcak, M et al., 1991)。例えば、お化け屋敷に入ったときのことを想像してみてください。お化けが出る!と身構えながら進んでいる状況では、緊張感や不安感は高く、ちょっとした物音や感触にもいつも以上にすごく驚いてしまいますよね?きゃー怖い!で終わる範囲内であれば、そこまで気にしなくても大丈夫です。

しかし、不安感受性が高すぎると、同じことが起きたとしても、

・汗が止まらない
・涙が出るぐらい怖い
・身体に不調を感じる。

と必要以上の恐怖を感じてしまうのです。不安感受性が高まっている中では、心身ともに過剰なストレスがかかり、それらが悪循環を引き起こす可能性があるのです。恐怖体験は、心身に大きな影響を与えます。そして、その影響は、恐怖症や不安障害や抑うつなどにつながる可能性もあります。

精神疾患の種類

恐怖症は過剰になると精神疾患として診断されることがあります。恐怖症の生涯有病率は3.0%、特定の恐怖症の有病率は1.1%と報告されています(天野,2012; 川上2016)ICD-10という基準では恐怖症について以下のように分類されています。

・広場恐怖症
・社会恐怖症
・社会不安障害
・社交不安障害
・赤面恐怖症
・対人恐怖症
・高所恐怖症
・歯科治療恐怖症
・先端神経症
・単一恐怖症
・単純恐怖症
・動物恐怖
・閉所恐怖症
・恐怖症性不安障害

同じ「恐怖」でもそれぞれ対象が異なるのが特徴です。対人恐怖症や高所恐怖症は比較的なじみがありますが、単一恐怖症など聞きなれない用語もあると思います。単一恐怖とは、特定のものに対して恐怖をする症状です。

もうこれはありとあらゆる世の中のものが対象となるのですが、わかりやすい例で言いますと、蛇やカエルなどがよく見られるようです。ただしその対象は人それぞれで、スパゲッティーが怖い、鰹節が怖いなど、様々なものが挙げられます。恐怖症は決まった方がなく、様々な要因で発症してしまうのです。

★恐怖症の症状から身体の緊張ほぐす!肩の動作法で心もリラックス

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①対処法とセルフチェック ​
②なぜ人は恐怖心を持つのか
③恐怖と脳の仕組みの関係
④恐怖症の症状と種類一覧
⑤考え方のクセを見直す
⑥不安の原因「回避癖」の克服
⑦緊張をほぐすリラックス法
⑧恐怖症診断とチェック!

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Reiss, S. (1991). Expectancy model of fear, anxiety, and panic. Clinical psychology review, 11(2), 141-153.
Jakupcak, M., Osborne, T., Michael, S., Cook, J., Albrizio, P., & McFall, M. (2006). Anxiety sensitivity and depression: mechanisms for understanding somatic complaints in veterans with posttraumatic stress disorder. Journal of traumatic stress, 19(4), 471-479. 天野大樹. (2012). 恐怖条件付け記憶の想起, 消去に対する扁桃体亜核の役割. 日本薬理学雑誌, 140(1), 14-18.

川上憲人(2016) 精神疾患の有病率等に関する大規模疫学調査研究:世界精神保健日本調査セカンド