>
>
>
恐怖症,克服方法「強いこだわり」を改善する,森田療法⑤

恐怖症,克服方法「強いこだわり」を改善する,森田療法⑤

コラム①では、恐怖症について概観していきました。具体的な対処法としては、

①認知療法
②行動療法
③身体リラックス法
④森田療法

の4つでしたね。

今回は、「④森田療法」について解説をしていきます。

恐怖症 克服

対象となるお悩み
・恐怖で大切な場面を回避する
・不安をなくそうと努力してしまう
・森田療法と恐怖症の関連を知りたい

 

人が怖いと感じる原因と解決法を紹介

過剰なこだわり⇒恐怖症

こだわりは症状を強くする

恐怖症が悪化する要因の1つに「こだわりすぎる」という特徴があります。心理学的に、恐怖を感じないようにこだわりすぎると、かえって恐怖がさらに大きくなってしまうことがわかっています。

これは「打ち消そうともがく」ことから出ている心理状況で、心理学の世界では精神交互作用といいます。

精神交互作用は
「こだわると余計に、その症状を高めてしまう」
悪循環の作用です。

具体例

例えば、
「お水を絶対に飲まないでください!!」
と言われたとします。

みなさん、
お水を飲んではダメです。

絶対にダメですよ。

ここで
「お水を飲んではダメ・・・」
「お水を飲んではダメ・・・」
と口に出して言ってみましょう。

いかがですか。

このように言われると、お水が飲みたくなりませんか?

このように、〇〇してはいけない、〇〇を徹底的に避けよう、と考えると必要以上に意識が集中してしまうのです。

精神交互作用とは?過剰なこだわりで不安や恐怖が強くなる状況

精神交互作用とは?

もう少し具体例を見ていきましょう。恐怖症には様々な種類がありますが、今回は視線恐怖を例に挙げたいと思います。

視線恐怖の恐怖メカニズム

下図は視線恐怖症でのメカニズムになります。

人が怖い気持ちを精神交互作用のメカニズムの図から解説

このように不安や恐怖を排除しようとする気持ちにこだわりすぎると、視線が怖いという気持ちがますます強くなってしまうのです。

あるがままの姿勢で恐怖症を克服

ここからは、精神交互作用を断ち切るための方法を見ていきましょう。

過剰なこだわりからくる精神交互作用の解決策には「森田療法」が有効です。

森田療法は、1919年に森田正馬によりつくられた精神療法で、対人恐怖症や赤面恐怖、視線恐怖などに対して古くから活用されてきました。

森田療法では
「症状をあるがままに受け止めて考えていく」
ことを大事にしています。

恐怖心や不安になる気持ちを強引に打ち消すことはせず、今やるべき目的に注意を向けることを重視します。

まず、恐怖症という気持ちへのこだわりを自覚し、あるがままに受け入れていきましょう。そして、やるべき目的に向かって行動する姿勢を重視するのです。

不安を緩和するポイント

それでは練習問題に取り組んでいきましょう。練習問題では「やるべきことに集中を向ける」をポイントに考えてください。

練習問題1

タロウさんは大切な入社面接を控えています。タロウはさんは対人恐怖症の傾向があり、入社試験で恐怖を抱くようになってしまいました。

怖い気持ちを感じないように…と思えば思うほど、恐怖が増してしまいます。この場合どのように考えるといいでしょうか?

 

解答例
・面接での恐怖心はあまり前
・怖い気持ちは自然な反応
・面接では準備した事を自分なりに伝えよう

練習問題2

カナコさんは、婚活パーティに参加することを決めました。異性と話をした経験が乏しく、周囲の視線を感じるだけでも恐怖心が湧いてきます。

婚活パーティ参加に向けて、不安にならないようにと思えば思うほど、不安な気持ちが強まってきます…。この場合どのように考えるとよいでしょうか?

 

解答例
・異性に慣れていないので不安は当たり前
・互いを確認する場だから多少恐怖はOK!
・無理せず自分らしく参加しよう
・不安な気持ちを素直に伝えてみよう

森田療法の考え方で人が怖い気持ちを緩和しよう

森田療法と目的・気分

森田療法にはもう1つの重要な概念である、目的本位、気分本位という考え方があります。詳しくは動画でも解説しました!良かったら参考にしてみてください♪

ご覧いただいてチャンネル登録をして下さると励みになります。

あるがまま‐まとめ

まとめ

恐怖症をあるがままに受け入れることで、過剰なこだわりを和らげる方法をご紹介してきました。不安や恐怖へのこだわりを、少しずつでも減らすことができれば気楽に生きていけるようになります。

プラスに行動するための捉え方のポイントは「恐怖症をあるがままにしながら、やるべきことに意識を向ける」でしたね。この考え方を大切に実践してくださいね。

お知らせ

専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座でお待ちしてます。

コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→