>
>
>
怠け者の性格に対処「60%基準法」

怠け者(学習性無力感型)は「失敗OK!60%基準法」で乗り切る②

コラム①では、怠け者の心理や原因、改善法について概観していきました。怠け者の対策は「①失敗OK!60%基準法」「②アイデンティティの確立」「③生活リズムを整える」の3つでしたね。今回は、「①失敗OK!60%基準法」について解説していきます。

怠け者の性格「完璧主義」

怠け者の性格のひとつに完璧主義があります。このことは、意外と感じるかもしれませんね。 完璧主義な人は、何事においても完璧を目指すため、怠け者とは無縁に思われがちなのですが、実はわずかな失敗にも挫折感を抱きやすく、結果的に怠けているように見えてしまうことがあります。

完全を目指す
 ↓
うまくいかない
 ↓
挫折感を抱く
 ↓
自信がなくなり無気力になる

このような状態が続くと「失敗するぐらいならもうチャレンジしない!」と無気力状態から、怠け者になってしまう事があるのです。

目標が高い、プライドが高い、それなのに怠けてしまう…こんな方は完璧主義型の怠け者の可能性が高いです。

怠け者と完璧主義たとえば、婚活パーティーでの会話などを思い浮かべてみてください。完璧主義の方は、「会話で失敗してはならない!」と考えます。しかし一生懸命話をしても盛り上がりに欠けることもあります。にもかかわらず、完璧主義の人は完璧な会話でないと気が済まないため、結果的に「完璧な会話にならないから婚活パーティーには参加しない」と諦めてしまいます。

このような気持ちでは人間関係がどんどん狭くなり、社会性を失ってしまいます。完璧主義の中でも「失敗」を気にする消極的完璧主義(失敗過敏)は怠け者につながりやすいため注意が必要です。

・研究:幸福感への影響

齋藤(2009)は、大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。結果の一部を以下の図に示します。図の数字は相関係数と呼ばれるものです。簡単に説明すると、AとBをどれだけ関連があるかを示す数字で、心理学的には0.4~0.6の数値はある程度関連していると解釈していきます。

自己志向的完全主義の特徴

消極的完璧主義(正確には失敗過敏)の方は
「集団にとけこめない」が高い
「人間関係の当惑」が高い
積極的完璧主義(高目標設定)の方は、
「幸福感」が高い
ことが読み取れます。

調査の結果から、消極的な完璧主義(正確には失敗過敏)な方は「間違いをしていけない」と考えるあまり、人に対して恐怖感を抱いてしまい集団に溶け込めなかったり、人間関係で当惑するのかもしれません。

「ほどほど」で怠け者予防!2つ考え方

完璧主義による怠け者の心理状態を緩和するには「ほどほど」という感覚を持つことが大切です。この感覚が身につくと怠け者を予防することにもつながります。ここでは「ほどほど」の感覚を得られる考え方のコツを2つご紹介しましょう。

考え方のコツ1:60%基準
心理学的には所説ありますが、人間のモチベーションは達成可能性が60%程度だとモチベーションが高くなると言われています。すなわち10回やって成功する確率が6割ぐらいだとちょうどチャレンジしよう!といいう気持ちになるのです。

考え方のコツ2:OK目標
目標設定をする時には「~しよう!」というOK目標はモチベーションが高くなるといわれています。また実際に成功しやすいことも分かっています。「~してはらならない」という失敗目標は、OK目標に変換してチャレンジするようにしましょう。

もちろんあくまで一例なので、絶対的な基準ではもちろんないですが、参考として押さえておきましょう。

ほどほどの感覚で完璧主義を改善

・練習問題!完璧主義を改善

ここで、ほどほどの感覚を鍛えるための練習問題に取り組んでみましょう。以下に怠け者の人に多い「完璧主義」な考え方が書かれています。怠け者予防につながる考え方「60%基準」「OK目標」で考えてみましょう。

練習問題
あなたは思いを寄せている異性と2人きりで30分ほど話すことになりました。あなたは「楽しい話をしなければ!絶対に退屈させてはいけない」と思っています。しかし、そう思えば思うほど緊張して、うまく話ができなくなってしまいました。「60%基準」「OK目標」で考えなおしてみましょう!

「60%基準」

「OK目標」

 

解答例
「60%基準」
⇒大好きな〇〇さんだから緊張するのは当たり前。無理に隠そうとせず、緊張していることを伝えてマイペースな会話を心がければいい。緊張を隠す必要がないので60%で達成できる。
「OK目標」
⇒相手を楽しませることにこだわらず、お互いを少しずつ理解しよう。

この問題では、「絶対に退屈させてはいけない」と完璧主義に考えたことで、結果的にうまく話せなくなってしまいました。完璧主義の人は、「絶対」という言葉を使いがちです。まず「絶対」は難しいと納得した上で、何でもいいから話をすることや、逆に「聞き役」に徹するというのが、「ほどほど」の見方になります。

ほどほどの感覚で怠け者を予防

2つの考え方で怠け者を予防しよう

怠け者の予防「ほどほど」の感覚が身につく2つのコツ「60%基準」「OK目標」はいかがでしたか。完璧主義は決して悪いことだけではありませんから「ほどほど」の感覚を取り入れて、うまく付き合っていくことで、活力ある日々を過ごすこともできます。まずは練習を通して「こんな考え方もあるのか」と気付くことで、「ほどほど」の感覚を身に付けていきましょう。怠け者予防をできるようになります。

★「ほどほど」の感覚で怠け者予防をしよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①3種類の怠け者-概観
②失敗OK!60%基準法
③アイデンティティの確立
④生活リズムの整え方
⑤簡易診断・チェック

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • 匿名
    • 2019年10月27日 8:01 PM

    興味深い記事でした。参考にさせていただきます。

    自分は絵を描きたいと思うのですが、完璧を目指そうとして一歩も前に進めません。
    完璧でなくて良いから描こうとはするのですが、それでも出来た絵には満足が行きません。
    一枚描くたびにこれですから非常に苦痛です。何か良い考え方はないものでしょうか。

    0
    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・愛着障害 子ども時代を引きずる人々 岡田 尊司 光文社新書
・認知行動療法を学ぶ(下山晴彦編 金剛出版,2011)
・認知行動療法(坂野雄二 日本評論社,1995)
・自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特性との関連から 2009 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100
・斎藤(2003)自己志向的完全主義の特徴 対人社会心理学研究, 9, 2009