>
>
>
疎外感を受けづらいコミュニティとは

疎外感を受けづらいコミュニティとは・心理学の視点から解説②​

コラム①では、疎外感について概観していきました。今回は「①コミュニティへの所属」について解説していきます。

疎外感 解消

対象となるお悩み
・人間関係が希薄である
・会話の頻度が少ない
・コミュニティを増やしたい

 

  • 全体の目次
  • 入門①疎外感とは何か?
  • 入門②コミュニティへの所属
  • 入門③見捨てられ不安とは
  • 入門④肯定名人を探す
  • 入門⑤会話力を付けるSST
  • 発展簡易診断とチェック
  • 発展疎外感の4つのタイプ
  • 発展心理学上の意味と定義

具体的には
1,話し相手がいない人は注意
2,ソーシャルサポートとは
3,理想のコミュニティの数
4,コミュニティの探し方

の4つの流れで解説していきます。疎外感と和らげる上では、コミュニティへの所属が第一前提になりますので、しっかりと抑えていきましょう。

孤独感の原因

話し相手がいない人は注意

疎外感を改善する上で第1に考える必要があるのが、「コミュニティへの所属」です。もし以下のような状況にある方は要注意です。

・1人暮らしで会話ぜろ
・一言も話さない日がある
・家族と話す時間がない
・業務内容に会話が不要
 
このような状況にある方は、疎外感が高くなりやすいソーシャルサポート不足にあると推測されます。

ソーシャルサポートとは、周りの方からの心理的・道具的な援助を意味するもので、コミュニティに所属することで得ることができます。

そのため、適切な範囲内でコミュニティに所属することが大切です。

ソーシャルサポート研究

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートと心理的な問題について調査を行いました。

その結果、大切な人、友人などからサポートを得られやすい方は疎外感と近い不安感などの指標においてポジティブな関連があることがわかりました。

始めに、大切な人のサポートを見てみましょう。上図の(-)マイナスの意味ですが、大切な人からサポートを受けやすい人は、特に不安感の減少に大きく関係していることが分かりますね。

大切な人が側にいてくれる安心感というのは疎外感を和らげてくれます。

次に友人のサポートですが、こちらも不安感が低下していることがわかります。

大切な人からのサポートよりも不安感も減少は少ないものの、疲れやすさ、自立神経症状は友人のサポートの方が和らぐ傾向にあります。

このように、ソーシャルサポートを得ることで、精神的にも良い影響をもたらします。疎外感を和らげるためには、いくつかのコミュニティ所属しておきたいところです。

コミュニティの数の理想

ここで、あなたがいくつの持続したコミュニティに 所属しているかを振り返ってみましょう。ここで言う”コミュニティ”とは次のように定義します。

<コミュニティの定義>
①3人以上の複数人の集まり

②最低月1回、1時間以上の集まりがある
③雑談をする時間がある
 
これらを満たすグループに属している場合は1とカウントしてください。

例えば、家族(実家ぐらしor既婚者子供有り)職場・習い事・サークル・大学の同期・幼馴染の集まり・PTA・学生は学校、部活の友達・趣味仲間・SNSの定期的なオフ会・行きつけの居酒屋などですね。

コミュニティに所属している数は何個?

あなたが所属しているコミュティはいくつありますか?

最低3つ・理想は5つ以上

あなたが所属しているコミュニティは何ヶ所でしたか?もしあなたが所属しているコミュニティが5つ以上でしたら、満足だと思います。

ソーシャルサポートを得やすく、疎外感もそこまで高くない方が多いです。

5個以上の方:青色信号
3~4個の方 :黄色信号
2個以下の方:赤色信号

と考えると良いでしょう。

コミュニティは3か所あれば、1か所失敗してもまだ2か所所属していることになるので安定しています。

しかし、2か所ですと、1か所のダメージが大きいため、依存的になりやすく、人間関係の問題が深刻化しやすくなります。そのため、最低でも3か所のコミュニティへの所属をお勧めしています。

コミュニティの探し方

それでは具体的にコミュニティを増やすにはどのような方法があるのでしょうか。現代社会は数多くのグループがありますが、意外と所属できるコミュニティを探すのに苦労される方が多いと言えます。

理想はお仕事や家庭環境が良好であれば、かなり疎外感は軽減されるとされるとおもいますが、なかなかそうはいかないのも現実だと思います。

そこで講師からいくつか提案させていただきます。

①ネットを活用する

定番の方法としては、趣味のサークルなどが挙げられると思います。現在はインターネットで検索すると、様々なサークル活動がヒットします。

まずは自分の趣味などを基準として、一度参加してみると良いでしょう。趣味の社会人サークルやコミュニティ付きのSNSなどはおすすめです。

②地元コミュニティ

地元の居酒屋や地域のボランティア活動などもおすすめです。ネットで見つけたコミュニティはアクセスのしやすさが弱点となりやすいですが、地元のコミュニティは通いやすいという利点がありますね。

私自身は麻雀が好きなので、行きつけの雀荘によく顔を出しています。

ちなみに弊社のコミュニケーション講座も、かなりコミュニティとして通いやすいのでぜひいらっしゃってください笑 宣伝するな!と言われそうですが(^^;

③目的ベースのコミュニティ

目的ベースのコミュニティとは仕事や社会的活動を通したコミュニティです。例えば、現在では副業が活発な時代です。かつ残業時間が減少する傾向にあります。

あなたの特殊スキルは意外とポイントで欲しがっている方は存在すると思います。

例えば、SNSに登録して、関連しそうな企業様に自己PRしてみたり、自分が持っている専門的な知識をブログで発信するなど様々な方法があると思います。

またビジネスの他にも、社会貢献活動を行なっている団体は意外と多いものです。そのような活動を通して切磋琢磨できるようなグループもいいかもしれないですね。

*注意点

流動性が高く、集まる頻度が3か月に1回のようなコミュニティは人間関係を充分に深めることができないため、お勧めできません。

強引に所属してもストレスが増えてしまうだけです。同じ趣味や目的などで繋がれるコミュニティを探すと良いでしょう。

 

宣伝になってしまって恐縮ですが、私たちが開催しているコミュニケーション講座はとても暖かく継続性のあるコミュニティとしてたくさんの方が利用しています。

心理学や会話の力をつけながら、コミュニティとして活用できる場所になっています。良かったら参考にしてみてください。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・疎外感を改善する会話練習
 ・対人不安の軽減と心理療法の学習
 ・暖かいコミュニティへの所属
初学者向けコミュニケーション・心理学講座を開催しています

環境を整えて疎外感を軽減

新しいコミュニティに所属するというのはとても神経を使うと思います。

特に疎外感が大きい状態は、他人に対して警戒心を持つこと多く、緊張の連続だと思います。

しかし、最初にこの不安を乗り越え、新しい人間関係を築くことができると、結果的に疎外感の問題は改善していくでしょう。コミュニティに所属して孤独感を緩和しよう

今回のコラムでは、疎外感の原因の1つ「ソーシャルサポートの不足」の解決策としてコミュニティへの所属についてご紹介しました。最低でも3つの集団に所属できるように環境を整えていきましょう。

最初は新しい人間関係に緊張を感じると思いますが、少しだけでも行動に移す事で疎外感の改善につながります。まずは実践してみてくださいね。

次回は、疎外感に対処する「見捨てられ不安とうまく付き合う」をご紹介します。

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→