>
>
>
焦燥感で何も手につかない!

焦燥感で何も手につかない!を解決する「お悩み整理法」④

コラム③では、焦燥感の解決策として、マインドフルネスの脱中心化についてお伝えしました。呼吸に注目するなど、脱中心化していきましょう。今回は焦燥感に対処する3つ目の方法「お悩み整理法」ついて、練習問題を交えながらご紹介します。

焦って行動することの問題点

やるべきことや時間に追われて焦燥感が起こる時、「とにかく何かしなきゃ」と手当たり次第に行動してしまいますよね。一見、物事に早く手をつけることができるので、やるべきことが早く片付くのではないかと思われがちですが、かえって焦燥感を高める原因となり得ます。

まず始めに、焦って物事に取り掛かることでミスが目立つようになります。いつも通り落ち着いて取り組めば簡単に片付く問題でも、ミスによって解決が遅れてしまいます。ミスがミスを呼ぶ!というのが焦燥感があるときの落とし穴です。

という悪循環に陥ってしまいます。急がば回れという言葉があるように、焦燥感が強いときほど落ちついて丁寧に行動することが大切です。とは言え、焦りを感じた時にクールな思考を保って行動することはなかなか難しいものです。そこで、焦りを落ち着きに変えるテクニックを1つご紹介しましょう。

お悩み整理法で「優先順位」を決めよう

焦燥感が沸き起こる理由としては、頭の中が悩みでいっぱいになっていることが挙げられます。そこでひと役買ってくれるのが「お悩み整理法」です。この方法は4つのステップに分かれています。

1.今抱えている悩みをできる限り付箋に書き出す
2.書き出した悩みを以下の3つ分ける
 ・すぐに解決できる悩み
 ・時間がかかるが解決できる悩み  
 ・自分ではどうしようもない悩み
3.すぐに解決できる悩みから優先順位を決めて実行する
4.自分では解決できない悩みは思い切ってゴミ箱にポイ!

具体例

実際にどんな形でやるか?例を見てみましょう。

1.今抱えている悩みをできる限り付箋に書き出す

 クリーニングを取りにいかなくちゃ
 恋人を作る
 年金がもらえるか不安
 洋服を買いに行く
 植物の水やりを忘れた
 今年は台風が多い
 資格を取る
 通りすがりのおじさんに理不尽に怒られた
 部屋が散らかっている
 ファッションセンスを磨く
 取引先に電話する
 景気が悪い
 あと3時間で終わる仕事がある
 会話力をつける

2.書き出した悩みを以下の3つ分ける

・すぐに解決できる悩み
  部屋が散らかっている
  植物の水やりを忘れた
  クリーニングを取りにいかなくちゃ
  あと3時間で終わる仕事がある
  取引先に電話する
  洋服を買いに行く 

・時間がかかるが解決できる悩み
  会話力をつける
  資格を取る
  恋人を作る
  ファッションセンスを磨く

・自分ではどうしようもない悩み
  景気が悪い
  年金がもらえるか不安
  今年は台風が多い
  通りすがりのおじさんに理不尽に怒られた

3.すぐに解決できる悩みから優先順位を決めて実行する

1.植物の水やりを忘れた
2.取引先に電話する
3.クリーニングを取りにいかなくちゃ
4.洋服を買いに行く
5.部屋が散らかっている
6.あと3時間で終わる仕事がある 
7.ファッションセンスを磨く
8.資格を取る
9.会話力をつける
10.
恋人を作る

4.自分では解決できない悩みは思い切ってゴミ箱にポイ!

どうしようもない悩みに対して深く考えることで、解決できる悩みに取り組むスピードを遅らせます。その結果、時間がなくなって焦燥感を引き起こしてしまうのです。自分に出来ることだけに集中する。これだけで取り組むべきことが明確になり、落ち着いて行動することができます。

このように、悩みを付箋に書き出すことによって、頭の中に溜まっている情報を外に出すことができます。すると自分が今抱えている問題が明確になり、ゴールが見えるようになります。さらに難易度によって悩みを分類することで、何からを手をつければいいか具体的に把握できるのです。

お悩み整理法で焦燥感を和らげる練習問題!

それでは、ここで焦燥感を和らげるために練習問題に取り組んでみましょう。ご自身の抱えている悩みについて「お悩み整理法」で優先順位をつけてみてください。

1.今抱えている悩みをできる限り付箋に書き出す

 

 

 

2.書き出した悩みを以下の3つ分ける

・すぐに解決できる悩み
  

 

・時間がかかるが解決できる悩み
  

 

・自分ではどうしようもない悩み


  

3.すぐに解決できる悩みから優先順位を決めて実行する

 

 

4.自分では解決できない悩みは思い切ってゴミ箱にポイ!

 

お悩み整理法で焦燥感を解消!

練習問題はいかかがでしたか。「お悩み整理法」は、やるべきことがありすぎて何から手を付けていいかわからない時に役立ちます。ご紹介した4つのステップを意識することで、漠然とした焦りを具体的に捉えて、簡単な悩みから解決して見てくださいね♪

次回は焦燥感コラムのまとめになります。コラム1~4までお伝えした内容を一緒に振り返りしていきましょう。

★ミスがさらなる焦燥感につながる!「お悩み整理法」で冷静に解決しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



やるべきことを明確にしよう