>
>
>

「人が怖い」心理の対処法!積極的完璧主義で克服

人が怖い


「人が怖い」心理の対処法!積極的完璧主義で克服?②

「人が怖い」原因に適切な対処を

コラム①では、人が怖い気持ちに対して3つの解決策をあげました。具体的には「①消極的完璧主義→積極的完璧主義」「②ネガティブ注目グセの改善」「③周りの目を気にする癖を軽減」でしたね。今回のコラムでは、人が怖い気持ちの解決策として「消極的完璧主義→積極的完璧主義」について解説していきます。

 

消極的な完璧主義と積極的な完璧主義

早速ですが皆さんは、完璧主義傾向があると思いますか?人間ですのちゃんとしなくちゃ!という気持ちはだれにでもありますよね。しかし、この完璧主義が実は人が怖いという気持ちを高めている可能性があるのです。

完璧主義は大きく分けて、消極的完璧主義、積極的完璧主義の2種類があります。

・「消極的な完璧主義」
 会話で失敗してはならない
 恥をかいてはいけない
 機嫌を損ねてはいけない

・「積極的な完璧主義」
 絶対に会話を盛り上げよう!  
 楽しい会話をずっと続けたい
 今日の会話は必ず笑顔を大事に話す!

どちらもちょっと極端な考え方なので完璧主義と言えるでしょう。前者はミスをなくす、という消極的な完全主義で視点がマイナスに向いています。逆に積極的な完全主義はプラスに視点が向いていますね。

消極的な完璧主義→「人が怖い」

齋藤(2009)は、東京都の大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、失敗を恐れる完璧主義のある方は「集団にとけこめない」「人の目が気になる」「社会的場面で当惑する」傾向があることがわかりました。以下の図を眺めてみてください。

まず失敗過敏の段を見ると、「集団に溶け込めない」「人間関係の当惑」がUPしていることがわかります。これに対して、同じ完璧主義でも目標を高く持つ積極的な完璧主義を持つ方は、これらの傾向はみられなかったのです。それどころか幸福感がUPしていることがわかります。

人が怖いという感覚が強い方のほとんどが「失敗したくない」「相手に悪く思われたくない」という完全主義的な気持ちを強く持っています。その感情は自分自身に過度なプレッシャーをかけ、さらに人へが怖い気持ちや不安を強める1因になると言えます。

失敗のイメージは実際に失敗しやすくなる

失敗したくない・・・という気持ちを持っていると実際にマイナスの結果をもたらしやすくなります。失敗したくないと過度に考えることで、結果的に失敗を招いてしまう心理を「ゴーレム効果」と言います。誤った考えや予言を信じて、行動することで、あるはずもしない事柄(予言)が本当に)実現しやすくなるのです。

日常生活においては、例えば、「絶対に嫌われたくない」「沈黙になってはいけない」と考えて人と話すとします。嫌われたくない、と考えると嫌われた時分を無意識に想像してしまい、会話の端々に顔色を伺うような発言が出てきてしまいます。

そうした結果、実際に会話がうまくいかない体験を重ねやすくなります。失敗を繰り返すと誰でその状況が嫌になるものです。失敗体験がさらに人が怖いという気持ちを高めてしまうのです。

 

「プラスの完璧主義」とは

繰り返しになりますが失敗を回避する完璧主義の特徴は、
「絶対に○○はダメ」
「〜しなくてはならない」
「〜してはならない」
という考えをしてしまうことです。思わず力が入ってしまうようなフレーズです。気持ちも前向きになりづらいですよね。このように人が怖いという気持ちの原因にもなってしまう完璧主義ですが、決して悪い面ばかりではなく、完璧主義がプラスに作用することもあります。それは

「より良くなりたい」

と思う完璧主義です。例えば、野球の試合1点リードしているときに、「何とかリードを守りきらなければ」「そのためには少しのミスも許されない」と思うのがマイナスの完璧主義です。緊張してかえってミスが出やすい状態になってしまいます。逆に

「どうせならもっと点を取って勝利しよう!」と考えるのです。リードを守る、失点しないように・・・ではなく、良い勝ち方をしよう!と前向きな表現の完全主義に変えるのです。

対人関係の場面で考えると、「話しかけて悪い印象を持たれたくない(=だから話しかけない)」と思うのがマイナスの完璧主義です。これに対して、「いろんな人にたくさん話しかけてみよう!」と思うのがプラスの完璧主義です。

とはいっても今まで失敗回避を癖にしていた方は急に意識を変えるのは難しいと思います。まずは言葉だけでもOkです。数か月、失敗回避のイメージではなく、積極的な完璧主義を試してみてください。

 

 

練習!人が怖い気持ちを緩和しよう

ここで、練習問題にチャレンジしてみましょう!以下に、人が怖い気持ちのもとである「消極的な完璧主義」の考えが含まれている文章をご紹介します。どこがそれに当てはまるのかを見つけ、プラスに変えましょう。

練習問題1
プレゼンでは絶対に失敗して恥をかいてはいけない

プラスに変えてみましょう

 

 

解答例
プラスに変換
⇒プレゼンで生き生きと自分の話を伝えよう

 

練習問題2
最初の自己紹介だから絶対に失敗してはいけない。

プラスに変えてみましょう

 

解答例
プラスに変換
⇒せっかくだから、1回は笑いを取ろう!!
(楽しめる事に変えるのも1つの方法です)

 

プラス思考で人が怖い心理に対処

練習問題をやってみていかがでしたか。解答例は、あくまで1つの例です。みなさんが前向きになれて、不安が軽くなる解答であれば、どんなものでも正解です。またこれらのチャレンジは過剰に意識する必要もありません。余裕があるときでOkです。

少しずつチャレンジをしてみて、ご自身にとって健康的な完璧主義を追及してみてくださいね♪完璧主義をプラスの力に変えることができれば、人が怖い心理を改善できるでしょう!

次回は、人が怖い気持ちを緩和する「ネガティブ注目グセの改善」についてご紹介します。

★プラス思考を身に付けて「人が怖い」心理に対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・中野正大 (1995)予言の自己成就―<意図せざる結果>と<誤った>状況の期待―(中野正大 ソシオロジ 1995)
・”予言の自己成就”と合理性 : ブール代数分析による思考実験 社会学評論 47(2), 156-170, 1996-09-30  

・自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特
性との関連から 2009 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫
対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100



前向きな思考で克服を