>
>
>
人が怖いのは周りの目を気にしすぎでは?解決法を紹介

人が怖いのは周りの目を気にしすぎ?解決法を紹介④

コラム③では、人が怖い気持ちを引き起こす原因の1つ「ネガティブな部分への注目グセ」をご紹介しました。失敗したというネガティブな感情にとらわれず、視野を広げて、可能性を広げた考え方をすることが大切でしたね。

今回は、人が怖い気持ちを緩和する方法の3つ目「周りの目を気にするクセを軽減」について考えていきます。

周りの目を気にしすぎ人が怖い

公的自己意識・私的自己意識とは?

私たちは何か行動する時に、多かれ少なかれ人からの見方や評価が気にするものです。服装や立ち振る舞い、女性であれ ば化粧など周囲の人と合っているか、TPO に合っているかなど考えることもこれにあたります。また、「こんなこと言ったら 周りからどう思われるだろう?」と考えたりすることも当てはまります。

*当コラムは重要性が高いので動画での解説もあります。
*監修の川島(精神保健福祉士)が解説しています。
 チャンネル登録くださると励みになります!

 

公的・私的を比較した研究

このように周囲からの自分の見方に意識が集中することを「公的自己意識」呼びます。「公的自己意識」が高くなると対人不安を招きやすいといえます。なぜなら人の評価はコロコロ変わるからです。世の中を生きていると、あなたのことを好きな人もいれば、嫌いな人もいます。あなたの職業を好きな人もいれば嫌いな人もいます。あなたの出身地を好きな人もいれば嫌いな人もいます。

このようにコロコロ変わる周りの評価に1回1回付き合っているといつも不安にさいなまれることになります。もちろん公的自己意識は社会で生きていくうえで大事なのですが、過剰になっている方は注意が必要です。

これに対して「私的自己意識」とは、自分自身がどう感じるか?どう生きたいかを大事にする姿勢を意味します。周りの評価は自分を客観視する上で大事ですが、それと同じぐらい、自分自身がどうありたいかを大事にしていきます。実際に、堀井(2001)の研究では、公的自己意識・私的自己意識と、対人恐怖についての関連が報告されています。

実験では、高校生256名、大学生271名、計527名の青年を対象に質問紙を用いて、調査を行いました。その結果が以下の図になります。

まずは男子から見ていきましょう。特に「公的自己意識」に大きな影響を与えているのは、「自分や他人が気になる心性」であることが分かります。いっぽうで、どの心性も私的自己意識にはほぼ影響がないと言えます。

次に女子はどうでしょうか。男子に比べてどの心性も公的自己意識への影響が強く出ていますね。女子のほうがどう見られているかを気にする傾向にあるのでしょう。しかし、私的自己意識では、若干マイナスな影響があるものの、ほぼ無視していいレベルです。

私的自己意識は周りの評価よりも安定していますので、多少の批判や否定にも揺るぎません。「自分とは〜という人間だ」と自分自身について理解することで、自分というアイデンティティを確立していくことができ不安を軽減することができます。自己を持ち対人不安を克服

2つの自己意識のバランスが大切

こうした話を聞くと「私的自己意識」が高い人ほどいいと思われるかもしれません。自分の考えをハッキリと言えた方が前向きの印象を抱く方も多いでしょう。

しかし、私的自己意識が強すぎると、ボロボロの服装でも気にしなかったり、相手の気持ちを考えないなどのダークサイドがあります。そこで、公的自己意識と私的自己意識のバランスを取ることが大切です。

バランスを保とう

ただし、一般的に自意識過剰が強い方は、人が怖い傾向が高いので意識的に「私的自己意識」を強めていくことが大切です。あくまでもベストバランスを目指すという考え方でOKです。

実践!自意識過剰を治す練習問題

あなたは来週の月曜日に、20人の前で朝礼でスピーチをしなさいと上司に指示を受けました。この時、「公的自己意識」が高い人、「私的自己意識」が高い人、「バランス」を取る人でどのような考え方の違いが起きるでしょうか。それそれ考えて見てみましょう。

・公的自己意識

・私的自己意識

・バランスを取る

 

解答例

・公的自己意識
⇒少しのミスも許されない!
本番で失敗したら終わりだ…
上司からの評価が下がるのでは…

・私的自己意識
⇒そういえば前に勉強になったことがあったな
ウケなくてもいいや。この話をしよう
最近、○○の本が面白かったんだよな

・バランスを取る
⇒上司の評価は大事だ。場の空気は
ある程度は配慮するが、自分の気持ち
を大切にしたい。
最近、○○の本が勉強になったから
皆に分かりやすく要約してみよう。

「自分を認め受入れる」で人が怖い!を克服

不安が消えないときや人が怖いと感じた時には、タナカさんのように「自分自身がどうしたいか」を優先することが大切です。そこで「自己評価」が形成されると、適切な自信が生まれ不安が軽減されます。不安が消えないときや人が怖いと感じた時には、アイデンティティの形成に良い機会だと前向きに考えて、自分らしさを見つめなおしてみましょう!

次回は、人が怖い気持ちを緩和する方法の4つ目「森田療法で受け入れる」についてご紹介します。

★ 人が怖い・不安な時は 自分の価値観・考え方を大切にしよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
認知的概念モデルによる対人不安の検討:自己意識特性,自己評価および対人不安の関連について
冨田俊昭,水子学,金子義弘 川崎医療福祉学会誌9(1),49−54,1999−06−25
自己受容の独立性の検討と安定・不安定成分の分離 長谷川博一東海女子大学紀要19,187−199,1999
対人不安研究における公的意識の意識について 菅原 健介 1988 東京都立大学人文学報,196, 103116. 菅原健介
堀井(2001)青年期における自己意識と対人恐怖心性との関係 山形大学紀要. 教育科学 = Bulletin of Yamagata University. Educational Science 12(4), 85(453)-100(468), 2001-02-15