>
>
>

虚しい時の対処法「バランスのよい考え方」を解説

虚しい


虚しい時の対処法「バランスのよい考え方」をしてみよう②

バランスのよい考え方をしてみよう

コラム①では、「虚しい」気持ちの問題点、原因とその対処法についてお話しをしてきました。対処法を1つずつ実践して虚しい気持ちを軽減していきましょう。

今回は、虚しい気持ちの原因の1つ目「無価値感」の対処法について学んでいきましょう。

「無価値感」認知の歪みが強い人が感じる?

コラム①では、「虚しい」の1つの原因として、「何をやっても無駄で意味がない」という気持ちである「無価値感」の持ちやすさがある点をお話してきました。

この「無価値感」については、人によって感じやすさ・感じにくさがあります。その原因の1つと考えられるのは、認知の歪みです。認知の歪みとは、必要以上にネガティブな気持ちを産み出してしまう考え方や物事のとらえ方をしていることを言います。どういうことかというと、具体的に説明します。

例)
あなたは会社で与えられた案件をこなしていくのですが、あまり上司からフィードバックがなく、「自分で考えて色々やってみて」と言われています。

この時皆さんはどのように感じますか?

①「やる気が上がる」
②「やる意味があるかどうかわからないので、やる気が下がる」

などと感じる方に分かれるのではないでしょうか。

なぜそういう違いが生じているのかというと、それぞれ頭の中では、こんな感じになっています。

①無価値感を持つ人の頭の中はこんな感じ

虚しい気持ちの原因の1つ無価値観の例

この場合、上司のフィードバックが少ないことを、「自分の仕事に関心を持たれていない」ととらえていますね。その場合、何をしても結局反応してくれないので、自分の仕事に意味があるのだろうかという「無価値感」が生まれてきてしまうのです。

一方で、やる気が上がる人はどうでしょうか。

②やる気が上がる人の頭の中はこんな感じ

虚しい気持ちにならない時の捉え方の例

この場合、上司のフィードバックが少ないということを、「自分に任せてくれている」ととらえてうまくモチベーションに活用していますね。そうすると、どんどんやる気が上がっていきます。

このように上司からのフィードバックがないというできごとに対して、どのように考えたり、とらえているかということで感じ方が変わってくるのです。※もちろんこれは、詳しく置かれた状況によって、どちらのように感じやすくなるかは分かれていきますので一概には言えないところも当然あります。

考え方が作りだす気持ち

しかしいずれにしても、私たちの感じる気持ちは、考え方が作り出しています。

それぞれが置かれているできごとに対して、バランスの取れた考え方やとらえ方ができなくなると、必要以上にネガティブな考え方を生みだす場合があります。

これは、無価値感についても同じことが言えます。

例えばしばらく連絡を取っていない学生時代の友達にメールしてみたが、返信がない。

この場合も、

①連絡なんか取っても意味ない
②また連絡してみよう

このように分かれることがあります。

①連絡なんか取っても意味ないと思う人

虚しい気持ちの原因の1つ無価値観の事例

②また連絡してみようと思う人

虚しい気持ちにならない考え方の例

と、こんな感じになるのではないでしょうか

無価値感の場合も、同じように置かれているできごとに対して、あなた自身の考え方が大切になってきます。無価値感を感じた時には、考え方を見直してみることが大切です。

2つの方法で考え方を見直そう

それでは、どうすれば考え方を見直せるでしょうか?2つの方法をご紹介します。

1)紙に書き出すこと
メリットは、あなた自身の頭の中を整理することができます。

2)客観的に眺めてみること
メリットは、ご自身の中の頭の切り替えに役立ちます。一息つけるということですね。

ちなみに客観的に眺めるコツというのは、
・必要以上にネガティブになりすぎていないかどうか確かめる
・ポジティブに感じられる考え方がないかどうか確かめる
・過剰にポジティブになりすぎていないかも確かめる
この3つに気を付けてください。

練習!ポジティブに捉えてみよう

それでは説明はほどほどにして、練習してみましょう。

練習問題
無価値感を感じたできごとをあげてみてください。そして下の表を埋めていきましょう。

上に書いたできごとの事例を何かポジティブに感じられるように変更してみてください。

考え方を見直して気持ちがポジティブになりましたか。考え方次第で虚しい気持ちは改善できるので、認知のゆがみを強く持った場合はぜひ実践してみてください。

考え方次第で「虚しい」とさよなら!

虚しい気持ちをポジティブに変換しよう私たちは、誰しもがものごとに関する見方や考え方が偏っていることがあります。これは、「何をやっても無意味」という気持ちが生まれ、「虚しい」気持ちへとつながる原因となります。しかし、考え方を見直していく事でさよならできる「虚しい」もあります。ぜひ見直してみてください。

次回は、虚しい気持ちの原因の2つ目「対人関係」について考えていきましょう。どうぞお楽しみに。

★無価値感が強い時は考え方を修正して、虚しい気持ちをポジティブに変換しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

*出典・参考文献
大野裕(2003) こころが晴れるノート 創元社



考え方を見直して気持ちを変換しよう