>
>
>

やる気がでない!を改善して「自分らしさ」の見つけよう

やる気がでない、改善


やる気がでない!を改善する「自分らしさ」の見つけ方③

コラム②では、やる気がでない原因の1つ「完璧主義」の解決方法を考えました。「ほどほど」の感覚を身につけることが大事でしたね。今回は、無気力症候群に対処する2つ目の方法「自分らしさの確立する」について考えます。

やる気がでない理由「自主性の欠如」

やる気がでないを克服するには、アイデンティティの確立が必須となります。アイデンティティとは「自分なりの価値観、自分らしさ」を意味します。中学生以降の思春期〜青年期の20歳前後に大人に成長する過程でアイデンティティを探すと言われています。

「自分は他の人とは違い、他の人は自分とは違う」と気づき、「自分はどんな人生を生きていくのだろうか」と自分らしさを模索します。

そして、「本当の自分の生きる道はコレだ!」という自分を見つけ、自我を定めることを「自我同一性(アイデンティティ)の確立」呼びます。

やる気とモラトリアム

「転職や就職、結婚」など、大きな決断はしなくないと考える人は注意が必要です。このような、人生における重要な選択を徹底的に避けようとすることを心理学の世界では、「回避型」モラトリアムと言います。簡単にいうと、なるべく「何もしない」で過ごしていたいやる気が出ないタイプのことですね。

この「回避型」モラトリアムとやりたいことがわからない時期である「アイデンティティの拡散傾向」の関連を調べた研究がおこなわれています。

 

下山(1992)は大学2年生369名を対象に、「回避型」のモラトリアムとアイデンティティ拡散傾向に関するアンケート調査を行いました。その結果、「回避型」のモラトリアム得点と、アイデンティティ拡散傾向は正の相関を示したのです。

そしてこの調査でいう正の相関とは、簡単にいうと、無気力傾向が強いほど、アイデンティティ拡散傾向が強いということです。このように研究結果が示すように、アイデンティティ拡散と無気力傾向(やる気がでない状態)には関連があると言えそうです。

自分らしさを見つける

みなさんは次の質問に対してどのくらい回答することができるでしょうか?具体的に考えていきましょう。

「私はどんな人なのだろう?」
「私はどのような人生を歩みたいか?」
「私はどういった仕事がしたいのか?」
「私にとって生きる意義とは何か?」

これらの質問に全く答えられない人は、アイデンティティが拡散していて、やる気がでないことが多くあるかもしれません。一方で、スムーズに答えられた人は、すでに自分らしさを確立していると言えます。自分のやりたいことが明確で積極的に行動を起こしている方が多いでしょう。

自分らしさ確立① 質問法

それでは自分らしさを確立するためには、どのような方法があるのでしょうか。今回は「質問法」「好奇心ツリー」を紹介します。

これからアイデンティティに関わるいくつかの質問に答えて頂きます。明確な回答でなくてもOKです。考えすぎず直観的に次の下の問いに当てはまる言葉を回答してみましょう。最初は表面的な質問からはじめていきます。徐々に深くなっていきますよ!

問1「私は〇〇を腹いっぱいまで食べたい」
問2「私は〇〇に行きたい」
問3「私は20年後〇〇に住みたい」
問4「私は〇〇な恋人がほしい」
問5「私は〇〇の仕事をしたい」
問6「私は〇〇しているに生きがいを感じる」

現時点では、うまく答えられない人も多いと思います。しかし、アイデンティティを確立していく作業は、つらく難しいもので、とても時間がかかるものです。焦らずじっくり自分らしさを見つけていきましょう!

まずは自分はどんな生き方をして、どんな人間になりたいのかを日常生活の中で、意識することから始めましょう。日記やブログを書くこともおすすめします!やる気がでない状態から抜け出す大きな一歩になると思います。

自分らしさ確立② 好奇心ツリー

自分のやりたいことを見つけるのは、そう簡単なものではないですし、「そんなのないよ・・・」と感じる方も多いと思います。そこで今回は私たちがワークとして行っている「好奇心ツリー」を紹介します。 

①事前準備
まずは、興味や関心があることを箇条書きて出せるだけ出しましょう。どんなに小さなことでもOKです。

例えば
・会話スキルがほしい
・スイーツを食べたい
・映画やドラマが好き
・恋人がほしい
・臨床心理学を学びたい

②順位づけ
①で出した関心事にランキングに付けます。

1 会話スキル
2 恋人
3 面白い映画
4 スイーツ
5 臨床心理学
→1位を採用します

③テーマに関連するワードで木を創る
②で採用した関心事をテーマに関連ワードで木をつくります。

テーマ「会話スキルがほしい」
ⅰ中央に幹を書き、タイトルを書きます

ⅱそこから太い枝を延ばしていきます。
 声 質問 笑顔 話し上手  

④葉っぱ、木の実、お花など自由に書いていきます 
例えば、話し上手だったら
・論理的
・ストーリー性
・観察力
・頭の回転
など・・・・

「話し上手」が具体的になり、より分かりやすくなります。

⑤葉っぱやお花のボリュームをチェックします
葉っぱやお花のボリュームを確認してみましょう。スペースが大きく空いている場合、その物事について知識が不足していると言えます。

葉っぱやお花のボリュームが少ないと、なんだか中途半端な気がしてムズムズすると思います。このムズムズがやる気を高めてくれるのです。

⑥知識でツリーを成長させよう
知識が不足している部分は調べて、葉っぱや花を増やしましょう。関心事に対しての知識は増えること好奇心の木もどんどん成長していきます。

調べる方法としては、インターネットでも構いませんが、詳しい人に聞いてみたり専門書を探してみるのもおすすめです。1つのリサーチ法にこだわらず、様々なメディアを使って調べると深い理解が得られますよ。

好奇心ツリーはいかがでしたか。自分らしさに気づくきっかけになったのではないでしょうか?好奇心を持つには様々な好奇心につながる拡散的好奇心を刺激することが大切です。自分が今やっていることの中から始めて行くと取り組みやすいと思います。 ぜひ自分の好奇心ツリーを作ってみてください。

やる気がでない!を改善しよう

今回はのやる気がでない原因を解決するために「質問法」「好奇心ツリー」を紹介しました。アイデンティティは、さまざまな経験を通じて悩み、模索する中で徐々に形成されていきます。焦らず自分のペースで確立して無気力症候群を改善していきましょう!

次回は、やる気がでない原因に対処する3つ目の方法「生活のリズムを整える」についてご紹介します。

★  自分らしさでやる気がでる!アイデンティティの模索しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



やる気でないを改善しよう