>
>
>
罪悪感を持ったら時にはしっかり謝る!謝罪のやり方

罪悪感を持ったら時にはしっかり謝ろう

今回は「入門②謝罪の重要性」について解説します。謝罪は罪悪感を改善する上で、基本中の基本となります。入門②でしっかり解説していきます。

謝ることが罪悪感を消す基本

罪悪感は謝罪が大事

人間は失敗する生き物

人間は不完全な生き物です。時には失敗もしてしまいますし、相手を傷つけてしまうこともあります。罪悪感は「罪」という名前が入っているぐらいなので、誰かに罪の意識を持っている方が多いと思います。

謝罪は大事な行為

そん時は、相手に謝罪をする必要が出てきます。私は謝罪とはとても素晴らしい行動だと考えています。

謝罪には、過去の失敗を未来につなげていく力があります。お互いの失敗を素直に、認め合い、失敗を糧に、より健康的な関係を築いていくことができるのです。

謝罪の仕方

ただし、実際に謝ろうとしても、どう声を掛けたらよいのかわからないことが多いと思います。そこで謝る際は以下の5つを大事にしましょう。

①タイミングや場所
騒がしい場所や、周りに人がいる環境はオススメできません。静かでじっくり話し合える場所を指定しましょう。

②誠実に率直に謝る
素直に謝罪しましょう。細かい背景はあとで話しあうとして、まずは、結論からちゃんと謝りたいことがある。〇〇について本当に申し訳なかった。と伝えます。

③相手の言い分を聞く
あなたが謝罪すると、怒ったり、質問してきてくれたり、相手の考えを伝えてくれると思います。誠実に対応しましょう。

④「ありがとう」の気持ち
話し合いが進むと、次第に相手も穏やかになってくれると思います。ある程度、許しの言葉をもらえたら、感謝の気持ちを伝えましょう。

⑤原因と対策を伝える
なぜそうなったのか?一緒に原因を考え、これからどうするか?対策を一緒に考えていきましょう。

罪の心理は謝ることで解決

謝罪で罪悪感を減らした事例

実際にどのような状況で使えばいいのか、私がカウンセリングで実際にあった事例を個人情報に注意しながらご紹介します。

外国人の友人をバカにしてしまった…

次郎さんが通っている高校は日本として比較的国際色が豊かな地域でした。次郎さんには、ネパール人の親友のダカルさんという友達がいました。親友と呼べる存在です。

罪悪感 克服

次郎さんはある日、ダカルさんの国籍を馬鹿にするような発言をしてしまいました。

自分を責めない次郎さんは高校生で、その場ではあまり気にしていませんでした。しかし、時を重ね次郎さんは25歳になりました。当時の発言は最低だった罪悪感を感じています。

次郎さんは今でもダカルさんと仲がいいのですが、いつか謝りたいと考えていました。

謝罪の5つの方法

①タイミングや場所
大事な話である以上、次郎さんはファーストフード店などは避けることにしました。いくつかお店を探して、ゆっくり話せそうな個室の居酒屋を選びました。

罪悪感 居酒屋
②誠実に謝る
次郎さんは、自分が感じていることを、謝りました。

「実は高校時代のことなんだけど・・・ダカルの国籍のことをちゃかしたことがあったよね。あの時は深く考えていなかったんだけど、大学生になってからすごく悪いことをしたなと思っていて、ずっと謝りたいと思ってたんだ。本当にすまなかった。」

その後、ダカルさんは少し考えたあとお話をしてくれたようです。

謝罪で自責解消

③相手の言い分をしっかり聞く
自分の謝罪の意思を伝えたら、今度はしっかりと相手の気持ちを聞きましょう。あるがまま、感じたままをそのまま傾聴することが大事です。先ほどの例でダカルは以下のように話してくれたようです。

「そうかあ。そう考えてくれたんだね。実は当時すごく傷ついてね・・・親友だと思っていたのに、すごく寂しい気持ちになったんだ。いつも楽しかったんだけど、でもどこかで確かに傷が残っていたかも。でもこうしてAが率直に打ち明けてくれて、うれしかった。」

罪悪感 対処法

④感謝の気持ちを伝える
AさんとBさんはそうして話し合うと、いつもは話せない国籍の話についてお互い腹を割って話すことができたようです。AさんはBさんの度量の大きさに感謝をして、「ありがとう」と締めくくることができました。

感謝 罪悪感

⑤原因と対策を振り返る
次郎さんとダカルさんは、お互い落ち着くと、当時のお互いの心境など冷静に話し合うようになりました。次郎さんは原因は、次郎さんの、幅の狭い考え方にあることがわかり、対策として、なんと2人でネパール旅行に行くことに決めてしまったのです!

*この話は、ある程度変えていますが、本人の許可を頂き、事実をベースにお伝えしました。

練習問題でマスター

こんどは皆さんの番です。もし自分の中にもやもやとしている罪悪感があったら1つ解消してみませんか?もし自分の中で謝罪したいというタイミングになったらいつか以下の5つを意識して謝罪をしてみてくださいね。

①タイミングや場所
②誠実に率直に謝る
③相手の言い分を聞く
④「ありがとう」の気持ち
⑤原因と対策を伝える

罪の心理をなくす謝罪の練習問題

気持ちよく謝罪しよう

謝罪ができる人は、老若男女かっこいいと思います。そして大概の場合は、プラスの結果になって終わります。謝ることはしっかり謝って、堂々と人生を歩んで行きましょう。ぜひ日常生活の中で意識してみてくださいね。

次回は、罪悪感を消す方法の1つ「罪悪感を前向きな行動に変える」 についてご紹介します。 進むボタンはもう少し下にあります。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
能町光香(2016)言いにくいことをハッキリ言っても好かれる人の習慣 すばる舎