>
>
>

罪悪感を消す方法「謝る相手がもういない場合」を解説

罪悪感


罪悪感の解消法-謝る相手がもういない場合④ 

コラム③では、罪悪感を消す方法として、上手な謝り方のコツをご紹介しました。4つのポイントを例題や練習問題を元に身に付けていきましょう。日常生活に取り入れていくことで、辛い罪悪感をためない自分を実感できると思いますよ。

今回は、罪悪感が消えない原因の1つ「謝る相手がもういない」場合の解決法を解説します。

謝ることができない場合の罪悪感の対処法

罪悪感を手放せない問題

罪悪感を手放す基本は、コラム③でお伝えした通り「相手に謝る」ことです。罪の心理を抱いた時に、しっかりと謝ることができれば罪悪感を概ね解消できます。しかし、謝ることがもうできない状況になることもあります。

例えば、
・親が死んでしまった
・友人が遠くに行ってしまった
・子供のころにいじめてしまった

このような場合、相手に謝ることができないため罪の心理をなくすことができず罪悪感を溜めてしまいます。

マイナスの心理を抱いた状態が長く続くと、日々の生活がネガテブな要素であふれてしまいます。罪の意識が強い場合、社会性を失ってしまう事もあるためしっかりと対処することが必要です。

謝る相手がもういない場合の対処法

罪悪感は一度抱いてしまうと取り除く事は容易ではありません。特に、死別など「謝る相手がもういない」場合は、罪の心理が解消されない場合もあります。このような場合、コラム②で解説した

「罪悪感を背負って前むきに生きていく(昇華)」

の概念を大事に、これからの人間関係で返していくと捉えると良いでしょう。昇華とは負の感情を活かしてプラスに転化することを意味していました。

例えば
父親に親孝行ができなかった
→母親に親孝行する・目上の方に丁寧に接する

いじめてしまった
→自分の子供にいじめられた子の気持ちをしっかり教育する

罪の心理をポジティブな行動につなげる点が大切です。解消されることがない罪悪感を抱いてしまった時には、ぜひ昇華を意識していきましょう!

専門機関に相談も

解決することができない罪悪感は、長く心に残ることで心と体にさまざまな悪影響を与えます。罪の心理があまりにも強い場合は、セフルケアではなく専門機関での治療が必要です。事故など痛ましい出来事で大切な人を失ってしまった…など、強い罪悪感を抱いている場合は、病院やカウンセラーに相談してみましょう。

謝る相手がすでにいない時の罪の心理をなくす方法

プラスの心理に変えて罪の心理をなくす

謝る相手がすでにいない場合の、罪悪感の解消法をご紹介しました。いかがでしたか。解消されることがない罪の心理を持ち続ける事は、日々の生活に悪影響を与えてしまうため、罪の心理を終わらせる方法を自分なりに見つける事が大切です。

今回ご紹介した「罪悪感を背負って前向きに生きていく(昇華)」という方法も、罪の心理を終わらせ人生を前向きにとらえる考え方の1つです。

人間であれば、誰でも失敗をするものです。自分なりに心を整理して、社会に恩返しをすることで前向きに生きていきましょう。

今回で罪悪感を解消できない3つの原因の説明や対処方法のご紹介はおしまいです。お疲れ様でした。ここまで読んでみていかがでしたでしょうか? 次回はコラムのまとめになります。

★謝る相手がもういない時の解消法!罪悪感をプラスの行動につなげよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



昇華の考え方をとりいれてみよう