>
>
>
挫折経験を乗り越える方法・問題とメリット・原因のまとめ

挫折経験を乗り越える方法・問題とメリット・原因のまとめ⑤

今回が「挫折」コラムの最終回です。ここまでの4回のコラムでご紹介したことを復習していきます。一緒にチェックしていきましょう。

挫折の影響とその原因

コラム①では、挫折する原因を3つをご紹介しましたね。

・過小評価のしすぎ
・視野が狭い
・周囲の人に甘えられない

強い挫折感を抱き、それが長期化すると、日常生活や社会生活に影響を及ぼしたり、うつ病などの精神疾患をのリスクも高めるためのが問題点でしたね。まずはご紹介したセフル診断で今の心の状態を確認しましょう。

挫折を乗り越える方法3つ

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な対処法をご紹介しました。

1:過小評価の修正
1つ目の原因「過小評価のしすぎ」への対処法として、認知療法をご紹介しました。挫折によって過小評価しすぎる考え方は、認知療法の手法を使って修正していくことが可能です。その方法とは、4つの手順を使うことで、コラム②で確認しました。

手順1:感情のメモ
手順2:過小評価を確認する
手順3:過小評価を修正
手順4:感情を再チェック

挫折を抱いたときには、考え方を4つの手順で丁寧に整理してマイナスの気持ちを乗り越えていきましょう。

2:リフレーミングで見方を変える
2つ目の原因「視野が狭い」を解決する方法として、リフレーミング技法を紹介しました。リフレーミングは、1つの見方(フレーム)から抜け出し多面的な枠で考えることができる技法でしたね。

コラム③でご紹介した2つの方法を元に「他人だらどう考えるだろう?」という視点を取り入れて、挫折しない考え方を身につけてくださいね。

3:無条件の肯定ストロークを増やす
3つ目の原因「周囲の人に甘えられない」の対処法として、ストロークの概念や種類についてご紹介しました。

挫折経験を本当の意味で乗り越えるためには「無条件に人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちをはぐくむ「無条件の肯定的ストローク」を増やすことが大切でしたね。

コラム④でご紹介した3つのコツを参考に、無条件の肯定的ストロークを与えてもらえる環境づくりをしていきましょう。

挫折経験を人生の糧にしよう

挫折コラムでは、挫折経験を乗り越えたい方、挫折をバネに成長する方法を知りたい方向けに、挫折に関する正しい知識をご紹介してきました。

コラムを読み終えて、「これで挫折から立ち直れそう」と思っていただけたら幸いです。また、ご説明したワークや対処法は実践していただけましたか?少しずつ、一歩ずつでも構いませんので、挫折から起き上がるきっかけにしていただければ嬉しいです。

挫折の問題とメリットを解説

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「挫折」コラムをお読みいただきありがとうございました!

挫折は人生で避けて通れないとしても、それ乗り切るためのテクニックを持っているだけで自信を持つことができるようになります。これから先、どんな大きな挫折を経験しても、このコラムを活用して挫折をバネにしていただければ幸いです。まずは、ご紹介したワークや対処法を実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション心理学講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★挫折経験を3つの方法で乗り越えよう!
心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→