>
>
>
自分が嫌い診断でチェック!

自分が嫌い診断でチェック⑧

定期的にこちらの自分が嫌い簡易診断で自己チェックしておくことをお勧めしています。客観的な状況を知りたい方はご活用ください。

自己嫌悪診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「自己嫌悪診断」をしてみましょう。

自己嫌悪診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
自分がイヤだ
2.
自分に怒りを感じる
3.
理想とする自分ではない
4.
自分が憎い
5.
自分に失望している
6.
無力感を感じる
7.
どこかに消えてなくなりたいと思うことがある
8.
自分を悲しく思うことがある
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は? 
あなたのお住まいは?
診断についての注意

「自己嫌悪」診断‐注意事項

・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました

・当尺度は医療的な診断を行うものではありません

・当尺度は、段階では予備調査の段階となります

・あくまで参考程度にご使用ください

 

以下は尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

 

尺度作成の趣旨

現代社会では、主にスマートフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルヘルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

 

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

 

尺度作成の条件

 

尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。

・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける

・学術的な表現は控える

・断定はしない あくまでヒントとして診断をする

・尺度の限界を明示する

 

 

尺度作成手順

・自己嫌悪の定義

自己嫌悪とは、様々尺度作成や定義づけがなされている。落合(1985)の研究では、自己嫌悪感の関連を検討している。そこでは、比較的青年期では自己嫌悪が劣等感と関連が強く、一方老年期では孤独感と関連が強いということを報告している。宮下・小林(1981)は、孤独感の中に自己嫌悪因子を位置づけているが、このことは様々な状況を各自がどのように感じるかという本人の感じ方の要因が大きいとされている。自己嫌悪は本人の感じ方であるという切り口において、様々まとめられている。その中で水間(1996)は、「自分が嫌いという気持ちにまとめられる」であると定義している。重ねて自分が嫌いという思いを始点にして、自分への怒りをもたらす激しい感情であるとともに、自分への無力感を伴う面もあると述べている。本診断でも、この水間(1996)の定義に準じる形で作成を行う。

 

 

 

 

 

以下、それに基づき項目を検討しています。

 

① 尺度抽出について

関連する6つの文献と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目のブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献

水間玲子(1996)自己嫌悪感尺度の作成 教育心理学研究 44 296-302

佐藤有耕(1999)青年期における自己嫌悪感の感情状態の発達的変化 青年心理学研究 11 1-18

水間玲子(2003)自己嫌悪感 と自己形成の関係 について -自己嫌悪感場面で喚起 される自己変容の志向に注目して-    教育心理学研究 51 43-53

小平英志(2002)女子大学生における自己不一致と優越感・有能感,自 己嫌悪感との関連  ―理想自己 と義務 自己の相対的重要性の観点から― 実験社会心理学研究 41(2) 165-174

荻野恒一(1978) 自己嫌悪のすすめ 青年心理 9 418-426

宮下一博・小林利宣(1981)青年期における「疎 外感」の発達と適応との関係 教育心理学研究 4 297-305

落合良行(1985)青年期における孤独感を中心にした生活感情の関連構造 教育心理学研究, 33, 70-75 .

 

 

その結果、以下の項目が抽出されました。

 

・自分をダメだと思う

・自分が嫌いだ

・自分に怒りを感じる

・自分が憎い

・現実の自分にショックを受けることがある

・自分に失望している

・今の自分は理想とははるか異なっている

・無力感を感じる

・どこかに消えてなくなりたいと思うことがある

・自分のことを考えると気持ちが落ち込む

・今までの自分を後悔している

・自分がイヤだ

・周りと比べて自分はダメだ

・今までの自分にイライラしている

・これからの自分にも失望している

・思う通りの自分ではない

・自分のことを考えたくない

・自分を悲しく思うことがある

・自分にふがいなさを感じる

 

② KJ法でグルーピング

⇒意味のまとまりを考慮し、「自分への怒り」「自分への失望」の2因子に分類した。

 

「自分への怒り」

・自分が嫌いだ

・自分に怒りを感じる

・自分が憎い

・今までの自分を後悔している

・自分がイヤだ

・自分のことを考えたくない

・思う通りの自分ではない

・自分にふがいなさを感じる

・周りと比べて自分はダメだ

・今までの自分にイライラしている

 

 

「自分への失望」

・自分をダメだと思う

・現実の自分にショックを受けることがある

・自分に失望している

・今の自分は理想とははるか異なっている

・無力感を感じる

・どこかに消えてなくなりたいと思うことがある

・自分のことを考えると気持ちが落ち込む

・これからの自分にも失望している

・自分のことを考えたくない

・自分を悲しく思うことがある

 

 

以上に分類された。

 

③ WEB対応簡易型尺度とするため

  8つの質問に削った。

  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に

   採用するが今回は弊社の判断で選択した

 

「自分への怒り」

・自分がイヤだ

・自分に怒りを感じる

・思う通りの自分ではない

・自分が憎い

 

「自分への失望」

・自分に失望している

・無力感を感じる

・どこかに消えてなくなりたいと思うことがある

・自分を悲しく思うことがある

 

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず

  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

 

  ・5件法

  ・32~40

  ・26~31

  ・21~25

  ・8~20

 

の4段階とする。「自己嫌悪」の強さを示す尺度となっているため、一般的に得点が低い方が、「自己嫌悪」が少なく、精神的には健康的な状態であると想定されている。その一方で、多少の自己嫌悪は健康的に作用する面も踏まえ、結果については、長所と注意の2つの側面から記述し、読者が参考になるような記述を心掛ける。

その一方で診断結果については提案程度にとどめ、自己理解のきっかけとなるような結果を提供する。

 

 

診断結果

・自己嫌悪(かなり強い) 32~40

*長所  

あなたの自己嫌悪は高めです。現状に満足せず、さらなる向上を目指すという点では、自己嫌悪が高いことは良い方向に作用するのではないかと考えられます。ご自身の改善点や問題意識を持ちながら、日々を過ごされておられると思いますので、お仕事などでは、とても成功できるのではないかと思います。今後も自己嫌悪が高いことによるメリットもありますので、活用の方法を考えてみてください。

 

*注意

自己嫌悪が高い人は、ある種当然のことながら、自分に自信を持ちにくく自己肯定感が低下してしまうことがあります。また自己破壊的な行動など、あなたの日常生活を脅かすような行動をとってしまうことがあります。あなたの中にも必ず良いところがありますので、たまにはそうしたところに目を向けていくのも大切ではないでしょうか。

 

 

・自己嫌悪(やや強い)26~31

*長所  

あなたの自己嫌悪はやや高めです。現状に満足せず、さらなる向上を目指すという点では、自己嫌悪が高いことは良い方向に作用するのではないかと考えられます。ご自身の改善点や問題意識を持ちながら、日々を過ごされておられると思います。上手く付き合っていけると、お仕事などでは、成功できるのではないかと思います。ご自身でのバランス感覚を身につけてみてください。

 

*注意

自己嫌悪が高い人は、ある種当然のことながら、自分に自信を持ちにくく自己肯定感が低下してしまうことがあります。また自己破壊的な行動など、あなたの日常生活を脅かすような行動をとってしまうことがあります。あなたの中にも必ず良いところがありますので、たまにはそうしたところに目を向けていくのも大切ではないでしょうか。人は必ず欠点があり、長所もあるというのが人間です。長所も大切にしていきましょう。

 

 

・自己嫌悪 (やや少ない)21~25

*長所

あなたの自己嫌悪は中程度です。現時点では、時々自己嫌悪の気持ちを持つことがありますが、上手くご自身の中で解消する術を持っていると考えられます。生活の面でも、精神的にはある程度充実した生活が送れているのではないかと思います。また程よく自己嫌悪の感情があるということは、生活の中での改善点も見つけやすく、お仕事などでも成功しやすいと言えるでしょう。

 

*注意

現時点では中程度の自己嫌悪ですが、今後自己嫌悪が強くなる可能性もあります。自己嫌悪が強くなると、ふとした瞬間で仕事がうまくいかなくなったり、自信を喪失したり、対人トラブルなどが起こってしまうかもしれません。調子が悪い時などは、上手く自己嫌悪の気持ちと付き合えないこともあるかもしれません。これらは負のサイクルにハマる可能性も秘めていますので気を付けてください。

 

 

・自己嫌悪 (少ない)8~20

*長所

あなたの自己嫌悪は、低いと言えます。日常生活の中で人間として、自己嫌悪することはあると思いますが、上手く付き合うことができているのではないかと思います。そのため精神的な面では、とても健康的な生活をお過ごしではないかと考えます。ぜひこのまま、この調子で過ごされてください。

 

*注意

弱いに該当した方は、現在はほとんど問題ないと言えます。しかし自己嫌悪が高い方と比較して、ご自身を振り返ってみる機会が少ないと言えます。時には、今後の生活や仕事のために、振り返ってみて見られるのもいかがでしょうか。また将来的に、環境の変化やご自身の価値観の変化などで自己嫌悪が生じる可能性はあります。その場合にもこのコラムなどを読んで備えてください。

 

 

⑤ 今後の予定

  →回答数が充分集まった段階で

   因子分析と他の尺度との関連を精査し、

   精度を高めていく予定である

 

自己嫌悪(MAX 40)

自己嫌悪(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど自己嫌悪が強いと言えます。以下の基準を参考にしてみてください。

・32~40 自己嫌悪‐かなり強い
・26~31 自己嫌悪‐やや強い
・21~25 自己嫌悪‐やや少ない
・8~20  自己嫌悪‐少ない

 

自己嫌悪(MAX 40)

自己嫌悪(MIN 8)

あなたのライン

年代別の自己嫌悪の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群にあてはまった方は注意が必要です。

・32~40 自己嫌悪‐かなり強い
・26~31 自己嫌悪‐やや強い

  • 総合

    順位都道府県平均値回答数
    1奈良県36.4436
    2山口県35.6566
    3愛媛県34.3219
    4香川県34.220
    5山形県34.1645
    6佐賀県3418
    7熊本県33.7739
    8北海道33.67334
    9石川県33.5538
    10富山県33.4635
    11福岡県33.45157
    12神奈川県33.41415
    13長野県33.3269
    14福井県33.2524
    15京都府33.13120
    16岩手県33.0364
    17埼玉県32.98250
    18山梨県32.9123
    19兵庫県32.82173
    20千葉県32.81237
    21静岡県32.79144
    22宮崎県32.7818
    23滋賀県32.7654
    24大分県32.6831
    25岡山県32.6555
    26東京都32.65828
    27新潟県32.6466
    28鹿児島県32.6335
    29沖縄県32.660
    30岐阜県32.5746
    31青森県32.2573
    32広島県32.2381
    33大阪府32.23319
    34鳥取県32.2313
    35福島県32.1392
    36群馬県32.0664
    37愛知県32.02250
    38高知県3213
    39三重県31.9251
    40茨城県31.9105
    41徳島県31.7827
    42長崎県31.4637
    43宮城県31.21104
    44栃木県30.8658
    45島根県29.4613
    46和歌山県29.3441
    47秋田県23.49109
  • 男性

    順位都道府県平均値回答数
    1奈良県38.6913
    2山口県37.8636
    3岐阜県36.2313
    4鳥取県35.333
    5熊本県35.1712
    6徳島県354
    7山梨県34.9111
    8大分県34.717
    9長野県34.6118
    10福井県34.5511
    11岩手県34.514
    11山形県34.514
    13北海道34.03101
    14新潟県33.9417
    15福岡県33.643
    16石川県33.577
    17茨城県33.5437
    18和歌山県33.54
    19千葉県33.4873
    20群馬県33.3719
    21青森県33.2322
    22埼玉県33.0872
    23広島県3326
    23鹿児島県3311
    25佐賀県32.867
    26静岡県32.7461
    27兵庫県32.5555
    28京都府32.4346
    29神奈川県32.42117
    30東京都32.32238
    31滋賀県32.1916
    32愛知県32.0560
    33福島県31.9327
    34香川県31.56
    35宮城県31.4840
    36大阪府31.4682
    37岡山県31.2417
    38三重県31.215
    39高知県317
    39島根県315
    41長崎県30.888
    42秋田県30.5319
    43沖縄県30.4416
    44富山県30.437
    45愛媛県29.254
    46宮崎県28.45
    47栃木県27.8121
  • 女性

    順位都道府県平均値回答数
    1愛媛県35.6715
    2香川県35.3614
    3奈良県35.1723
    4佐賀県34.7311
    5宮崎県34.4613
    6富山県34.2128
    7山形県3431
    8神奈川県33.8295
    9京都府33.5774
    10石川県33.5531
    11北海道33.49229
    12沖縄県33.3944
    13福岡県33.33110
    14岡山県33.2938
    15岩手県33.1947
    16熊本県33.1527
    17山口県3330
    18埼玉県32.99176
    19兵庫県32.97115
    20滋賀県32.9537
    21長野県32.8651
    22東京都32.81582
    23静岡県32.7882
    24大阪府32.67234
    25栃木県32.5937
    26千葉県32.48161
    27鹿児島県32.4624
    28青森県32.2449
    29三重県32.2236
    30福島県32.2265
    31新潟県32.2148
    32福井県32.1513
    33大分県32.0824
    34愛知県32.01190
    35広島県31.8755
    36高知県31.85
    37長崎県31.6229
    38群馬県31.5145
    39鳥取県31.310
    40徳島県31.2223
    41岐阜県31.1233
    42宮城県31.162
    43山梨県31.0812
    44茨城県31.0168
    45和歌山県28.8937
    46島根県28.717
    47秋田県2290

2018年7月20日から調査を開始しました。現在集計中です。

*長所
自己嫌悪がかなり強い状況です。現状に満足せず、さらなる向上を目指すという点では、自己嫌悪が高いことは良い方向に作用するのではないかと考えられます。ご自身の改善点や問題意識を持ちながら、日々を過ごされておられると思います。うまくこの感情をプラスに活かせばお仕事などでは、とても成功できるのではないかと思います。自己嫌悪が高いことは頑張ろうとする証でもあります。活用の方法を考えてみてください。

*注意点
自己嫌悪が強い方は、ある種当然のことながら、自分に自信を持ちにくく自己肯定感が低下してしまうことがあります。また自己破壊的な行動など、あなたの日常生活を脅かすような行動をとってしまうことがあります。あなたの中にも必ず良いところがありますので、たまにはそうしたところに目を向けていくのも大切ではないでしょうか。

以下のコラムで自己嫌悪の改善方法を解説しました。参考にしてみてください。また自己嫌悪はかなり強い状況ですので、消えてなくなりたい・・という感覚がある方は心療内科や精神科の受診も視野に入れましょう。

 

*長所
あなたの自己嫌悪はやや強いです。現状に満足せず、さらなる向上を目指すという点では、自己嫌悪が高いことは良い方向に作用するのではないかと考えられます。ご自身の改善点や問題意識を持ちながら、日々を過ごされておられると思います。上手く付き合っていけると、お仕事などでは、成功できるのではないかと思います。ご自身でのバランス感覚を身につけてみてください。

*注意点
自己嫌悪がやや強い方は、ある種当然のことながら、自分に自信を持ちにくく自己肯定感が低下してしまうことがあります。また自己破壊的な行動など、あなたの日常生活を脅かすような行動をとってしまうことがあります。あなたの中にも必ず良いところがありますので、たまにはそうしたところに目を向けていくのも大切ではないでしょうか。人は必ず欠点があり、長所もあるというのが人間です。長所も大切にしていきましょう。以下のコラムで自己嫌悪の改善方法を解説しました。参考にしてみてください。

*長所
あなたの自己嫌悪はやや少ない状況です。現時点では、時々自己嫌悪の気持ちを持つことがありますが、上手くご自身の中で解消する術を持っていると考えられます。生活の面でも、精神的にはある程度充実した生活が送れているのではないかと思います。

また、程よく自己嫌悪の感情があるということは、生活の中での改善点も見つけやすく、お仕事などでも成功しやすいと言えるでしょう。

*注意点
現時点では健康的なレベルの自己嫌悪ですが、今後自己嫌悪が強くなる可能性もあります。自己嫌悪が強くなると、ふとした瞬間で仕事がうまくいかなくなったり、自信を喪失したり、対人トラブルなどが起こってしまうかもしれません。調子が悪い時などは、上手く自己嫌悪の気持ちと付き合えないこともあるかもしれません。これらは負のサイクルにハマる可能性も秘めていますので気を付けてください。以下のコラムで自己嫌悪の改善方法を解説しました。参考にしてみてください。

*長所
あなたの自己嫌悪は少ないと言えます。日常生活の中で人間として、自己嫌悪することはあると思いますが、上手く付き合うことができているのではないかと思います。そのため精神的な面では、とても健康的な生活をお過ごしではないかと考えます。ぜひこのまま、この調子で過ごされてください。

*注意点
現在はほとんど問題ないと言えます。しかし自己嫌悪が高い方と比較して、ご自身を振り返ってみる機会が少ないと言えます。時には、今後の生活や仕事のために、振り返ってみて見られるのもいかがでしょうか。また将来的に、環境の変化やご自身の価値観の変化などで自己嫌悪が生じる可能性はあります。以下のコラムで自己嫌悪の改善方法を解説しました。予防として参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

いかがでしたか、思った以上に自分が嫌いな傾向が強かったという方もいれば、気にするほどでもないのかもと感じた方もいらっしゃると思います。自分の状態を客観的に知ることで、悩みの解決策が見つかったり、悩みそのものが小さくなることあります。

診断を受けて自己嫌悪を改善したい!という気持ちを持たれた方は、当コラムでご紹介した対処法を学んで一緒に対策していきましょう。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①自己嫌悪-概観
②心理学的な意味・定義
③相手も嫌いになってしまう
④問題意識が芽生える
⑤リフレーミングとは
⑥やりたいことに集中
⑦褒め褒め君を探そう
⑧自己嫌悪診断でチェック!

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→