>
>
>

無視される時の対処法「受入れてくれる人の見つけ方」を心理の専門家から学ぶ

無視される,心理


無視される時の対処法「ない」から「ある」への視点④

「ある」に注目して無視を解消!

コラム①では、相手が無視をする原因やきまずい状況が続いてしまう3つの原因をあげました。具体的には「気持ちを抱え込む」「無視を無視で返してしまう」「ないものへの注目」 でしたね。 今回は原因の1つである「ないことへの注目」を解決するためのコラムです。

無視を1人で我慢すると問題は複雑化!

無視をされている状況では、

・居場所がない
・友達はいない
・楽しい時間はない

など「ない」と感じているものにばかり注目してしまいます。

私には相談できる人がいない→孤立感が強まる→ひとりで抱え込む→問題が解決せず長期化

という流れになってしまいます。無視された心理は一人で抱え込むと問題が長期化するコラム②や③で挙げた方法などやるべきことをやった後は、無視する人のことは一端脇へ置いて自分を受け入れてくれている人や、ほっとできる時間に注目してみましょう。声をかけてくれる人、関わってくれる人、相談できる人は必ず周囲にいます。まずはご自身の「ある」ものを探す目を回復させていきましょう。

あるものに注目するワークとは?

このような悪循環から抜け出すには、「ないもの」よりも「あるもの」に注目する視点を取り戻すことが重要です。私たち心理学の専門家は、リソース(資源)探しと言ったりしますが、今回は「あるものに注目するワーク」と名づけます。そのままですね(^^; あるものに注目するワークを行うことによって無視されるという状況でみえなくなっていた自分の持っているものを再確認していきましょう。

具体的には
・自分を大事にしてくれる人
・無視されている場所で助けてくれる人
・悩みを相談するサービス

などをSTEP1から3の質問に答えていくことで確認していきます。このワークは紙とペンを用意するだけでできます。スマホのメモ機能などでもよいでしょう。 それではどのように行えばよいのか例題とともに具体的に説明します。最後にワークがあるのでやってみてください。

<例題>
Aさんは、会社員3年目です。同じ部署に10人いるのですが、そのうち同僚4人から避けられています。Aさんの気持ちもふさぎ込みがちになる一方です。Aさんは、少しでも問題が解決するように「あるものに注目するワーク」をやってみることにしました。

STEP1:自分を大切にしてくれる人に注目する!
家族、幼馴染の友人、近所の人、学校の先生など自分に親身にかかわってくれている人に注目してみましょう。

→母さん、妹、学生時代の友達

次に、それぞれの人とのエピソードも書いてみましょう。例えば、楽しかったこと、気遣ってくれたこと、嬉しかった事などを挙げてみましょう。

→お母さんが毎日ご飯を作ってくれる。妹が話しを聞いてくれる。幼なじみの友人とカフェでおしゃべりをしてたのしかった。プレイべートで無視されているわけではない。

STEP2:無視されている場所で助けてくれる人
→10人中6人は、無視するわけではない。上司に相談することもできる。同僚の4人のうち1人は、挨拶だけは返してくれる。

STEP3:相談できる場所を見つけよう!
あなたの周りには、悩みを解決するために相談できるサービスがたくさんあります。家族や友人に言いにくい場合には相談機関も使ってみましょう。

→職場のストレスチェックや、従業員支援制度の電話相談は気軽に利用できそう。
 *学生の方はスクールカウンセラーなど

ワーク後
A さんは、 あるものに注目するワークを行い、

・自分を無視する人より、
 やさしくかかわってくれる人のほうが多い
・相談できる場所もある

以上のことに気づきました。頭の中だけで考えるのではなく、紙に実際に書き出したことで視覚的に確認でき安心を感じることができました。あるものワークで無視された時の辛い心理を緩和
このワークのポイントは、小さなことでも思いつくことはなるべく多く書き出してみることです。たくさん書き出すことによって自分の身の回りのあることに気づきやすくなります。

練習してみよう

今度はみなさんの番です。以下の4つのSTEPを参考に、自分の問題で考えてみましょう。 紙とペンを用意しましょう!

STEP1:自分を大切にしてくれる人は?

STEP2:無視されている場所で助けてくれる人は?

STEP3:相談できる場所や期間は?

 

 

無視された時の辛い気持ちを緩和する方法

あるもののワークで無視の問題を解消!

練習問題はいかがでしたか。無視のストレスを一人で抱え込んでしまうと問題解決が難しくなってしまいます。あるものに注目すると

・ひとりではないと安心できる
・無視されている現場にも助けてくれる人がいる
・利用できる機関があることに気が付く

などのメリットがあります(三好,2015)。無視されるというストレスをひとりで抱え込むのは自分を追い詰めてしまい、問題解決を複雑化させてしまいます。自分がひとりで問題を抱え込んでいると感じたらワークで自分にあるものを確認しましょう!みんなで解決しようとすることですこしずつ状況は変化してくるでしょう!

今回で相手が無視をする場合の対処方法を紹介はおしまいです。お疲れ様でした。ここまで読んでみていかがでしたでしょうか? 次回はこのコラムのまとめになります。お楽しみに!

★無視された辛い心理は一人で我慢すると悪循環!あるものに注目してストレスを解消! 

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献        
三好真人. (2015). 日本におけるセルフヘルプ・グループへの期待と問題の現状.



辛い気持ちを和らげていきましょう