>
>
>
無視される時の対処法-「ない」を「ある」に変えよう④

無視される時の対処法-「ない」を「ある」に変えよう④

コラム①では、無視される心理的影響や解決策について概観していきました。今回は、「辛い時は思い切って甘えよう」について解説をしていきます。

無視を1人で我慢すると…

無視をされている状況では、

・居場所がない
・友達はいない
・楽しい時間はない

など「ない」と感じているものにばかり注目してしまいます。

1.私には相談できる人がいない
2.孤立感が強まる
3.ひとりで抱え込む
4.問題が解決せず長期化

という流れになってしまいます。無視された心理は一人で抱え込むと問題が長期化するコラム②や③で挙げた方法などやるべきことをやった後は、無視する人のことは一端脇へ置いて自分を受け入れてくれている人や、ほっとできる時間に注目してみましょう。

声をかけてくれる人、関わってくれる人、相談できる人は必ず周囲にいます。まずはご自身の「ある」ものを探す目を回復させていきましょう。

ソーシャルサポートで不安低下

ソーシャルサポートとは、「周りの方からの心理的・道具的なサポート」を示すもので、集団やグループに所属することで得ることができます。

そのため、適切な範囲で人に頼ることが大切です。

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートとメンタルへルスについて調査を行いました。

結果的、大切な人、友人などからサポートを受けやすい方は無視される時の気持ちに近い、不安感など項目において前向きなつながりがあることがわかりました。

大切な人のサポート

始めに、大切な人のサポートです。上図の(-)は負の相関を表していますが、大切な人から支援をもらいやすい人は、特に不安感の低下に大きく関係していることが分かります。

大切な人が近くにいてくれる環境というの心が不安定な状態を和らげてくれるのですね。

友人のサポート

続いて友人のサポートですが、こちらも不安感が少なくなっていることを示しています。

大切な人からのサポートよりも不安感の減少ぐあいは小さいものの、疲れやすさ、自立神経症状は友人のサポートの方が和らげる効果があります。

このように、ソーシャルサポートを受けることで、心理的な問題にプラスの影響をもたらします。無視されるのが辛い人は、時には友人や大切な人に甘えてもいいんだという気持ちを持つと良いでしょう。

サポーターに注目ワーク

このような悪循環から抜け出すには、思い切って甘えることが重要です。私たち心理学の専門家は、リソース(資源)探しと言ったりしますが、今回は、

「サポーターに注目ワーク」

と名づけます。

そのままですね(^^; このワークを行うことによって無視されるという状況で見えなくなっていた自分の持っているものを再確認していきましょう。

具体的には、

・自分を大事にしてくれる人
・無視されている場所で助けてくれる人
・悩みを相談するサービス

などを3つのステップで質問に答えていくことで確認していきます。このワークは紙とペンを用意するだけでできます。スマホのメモ機能などでもよいでしょう。

それではどのように行えば良いのか例題とともに具体的に説明します。最後にワークがあるのでやってみてください。

例題

・太郎くんは会社員3年目
・同じ部署に10人いるの
・その内同僚4人から無視されている
・自分には仲間がいない…という気持ちに。

①自分を大切にしてくれる人に注目する!

まずは自分に親身にかかわってくれている人と、その人にまつわるエピソードを書いてみましょう。太郎さんは以下のように書き出していきました。

・母さん
毎日ご飯を作ってくれる
洗濯をしてくれる

・妹
話しを聞いてくれる
「おかえり」と言ってくれる

・学生時代の友達
幼なじみの友人とカフェでおしゃべりした。
ゲームを一緒にできて楽しかった、

②無視されている場所で助けてくれる人

次に職場や学校など無視されている場所で助けてくれる人を書き出しましょう。太郎くんは以下の書き出しました。

⇒同僚の10人中6人は、無視するわけではない。
田中
鈴木
田村
井上
森田
木村

この人たちは自分のことを無視しない。また、上司に相談することもできる。

③「ない」か「ある」かを再確認

ワークを通じて、考え方にどのような変化があったかを確認していきます。太郎さんはあるものに注目するワークを行い、自分には仲間がいない…という考え方から、

・無視しない人の方が多い
・相談できる場所もある

ことに気づきました。頭の中だけで考えるのではなく、紙に実際に書き出したことで視覚的に確認でき安心を感じることができました。あるものワークで無視された時の辛い心理を緩和
ポイントは、小さなことでも思いつくことはなるべく多く書き出してみることです。たくさん書き出すことによって自分の身の回りのあることに気づきやすくなります。

練習してみよう!

今度はみなさんの番です。自分が無地をされている状況で考えてみましょう。 紙とペンを用意しましょう!

①自分を大切にしてくれる人に注目する!

 

②無視されている場所で助けてくれる人は?

 

③「ない」か「ある」かを再確認

 

 

 

無視された時の辛い気持ちを緩和する方法

まとめと関連コラム

まとめ

練習問題はいかがでしたか。無視のストレスを一人で抱え込んでしまうと問題解決が難しくなってしまいます。あるものに注目すると

・ひとりではないと安心できる
・無視されている現場にも助けてくれる人がいる
・利用できる機関があることに気が付く

などのメリットがあります(三好,2015)。無視されるというストレスをひとりで抱え込むのは自分を追い詰めてしまい、問題解決を複雑化させてしまいます。

自分がひとりで問題を抱え込んでいると感じたらワークで自分にあるものを確認しましょう!

関連コラム

今回は助けてくれる人に目を向けるワークを行いました。しかし、現実的にサポートしてくれる人が少ないと、「自分を受け入れてくれる人は誰もいない…」とネガティブな方向に意識が行きがちになります。

そこで、積極的に助けてくれる人を増やす努力も大切です。ソーシャルサポートコラムでは、具体的にどうすればサポーターを見つけられるのかを解説しています。

ソーシャルサポートをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
ソーシャルサポートとは?

お知らせ

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・共感力トレーニング
・傾聴力をつける練習
・非言語の読み取りワーク
・暖かい人間関係を築くコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。ぜひお待ちしています。

人間関係講座

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • たぬ。
    • 2020年6月27日 7:04 PM

    きんさん、こんにちは。私も今高校生です。少しでも力になれたらと思ってコメントさせていただきます。
    初めに、ここに書いてあることはあくまで参考程度にしてください。適度に受けとめてもらえたらいいと思います。
    「自分以外の誰かがいじめられそうで、それを見てて嫌だったから先生に伝えた。そしたら矛先が自分に向いてしまった。」という解釈でいいでしょうか?いじめを正直に伝えたのはいいことだと思います。偉いです。不安なことがあったら他の誰かに吐き出すのが一番だと思います。もし家族に迷惑をかけるのが嫌だったら、他に相談相手になりそうな人を増やしておくのも一つの手だと思います。同じ学校の人じゃなくてもいいです。同じ年の人じゃなくてもいいです。まずは理解してくれる人を探してみるのが一番だと思います。落ち着いてから、次の行動を考えてみるのもいいかもしれませんね。
    今は辛いかもしれませんが、きっと大丈夫です。

    返信する
    • きん
    • 2020年6月27日 10:57 AM

    私は学校に行くのが怖いです。高校一年生になったのですが、クラスでいじめが起こりそうになり、それが嫌だったので先生に正直に伝えました。そしたら次の日私が嘘をついていじめっ子を陥れようとした。という噂が広がっていました。耐えられなくなり保健室に逃げたのですが、月曜日に学校に行くのが怖いです。もしかしたら周りから無視されるかもしれない。悪口を言われているかもしれない等色々なことを考えてしまいます。家族にも相談しているのですが、特に母親にすごい迷惑をかけている気がして辛いです。どうすればいいですか。助けてください

    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献        
三好真人. (2015). 日本におけるセルフヘルプ・グループへの期待と問題の現状.