>
>
>

自己開示をすると相手の気持ちが出る

相手の気持ち


自己開示をすると相手の気持ちがわかる③

相手の気持ちを自己開示で知ろう

コラム②では、相手の気持ちを理解する方法の1つ「表情と声で本音を知る」について考えました。会話中、相手の表情と声のトーンを意識することが大切でしたね。今回は、相手の気持ちを理解する方法の2つ目「自己開示」について解説します。

相手の気持ちを知るために重要な自己開示とは?

自己開示と相手の気持ち

自己開示は以下の2点から相手の気持ちを知るために重要です。

*自己開示は本音を引き出す
自己開示をすると、警戒が解けて相手が本音で接してくれます。このため相手の気持ちを知りやすくなります。

*自己開示をしないと警戒される
逆に自己開示をしないと「この人は何を考えているかわからない・・・と相手に思われてしまます。」結果的に相手から警戒されてしまい、相手の気持ちを知ることが難しくなります。

自己開示のポイント①

では自己開示はどのようにするといいのでしょうか?ここで、マルトマンとテイラーの社会的浸透理論について解説します。マルトンとテイラーは以下の六分円を使いながら自己開示について解説をしています。ぞれぞれの意味ですが

外側 →表面的な話題
中間 →やや踏み込んだ話題
内側 →人に言えないような深い話
矢印 →自己開示の深さ

とを示しています。下図をみると、お互いの矢印が最初は表面的な話題からはじまり段々と内面的な話題へと変化していることがわかります。

相手の気持ちを知るための自己開示の深さ広さの一覧

自己開示のポイントは「お互いの自己開示のバランス」です。自分の情報を積極的に伝えると、相手も開示しやすくなり、互いの気持ちを知ることができます。まずは、浅い自己開示からはじめ、段々と深くして行けるといいですね。

②深い自己開示で相手の気持ちを知る

自己開示の深さは、相手との関係性の段階で使い分けが必要なのがお分かりいただけたと思います。特に相手との関係性がある程度深くなってきたら「内面的な話題を話す」ことが有効です。

相川・大城・横川(1984年)の研究では、内面的な話題であればあるほど「あなたが特別な存在である」裏返しでもあるのです。深い自己開示によって、親密度を高めたい意欲を相手に伝える事ができるのです。

注意点として、「重たいネガティブな話題は控えめにする」ことも時に必要です。雑談場面などで回避すべき話題は重すぎる情動的な話、二人の関係での葛藤を増す恐れのある話。過度の依存を強いる話,否定的な体験です(Afifi&Guerrero,1998)。

これらの話をする場合は、静かな場所を選んであらかじめ、相談したいことがある・・・など前もって許可をもらってからのほうが良いでしょう。親しき仲にも礼儀アリですね。

練習問題で確認!

それでは自己開示練習をしてみましょう。

**************:練習問題1
あなたは初めての合コンにいきました。
目の前にいる異性の山田さんがどこに住んでいるか気になりました。なんと声をかけるといいでしょうか?

解答
NG例
・山田さんはどこに住んでいますか?お一人くらしですか?
(自己開示不足、一方的に聞くのはNG)

OK例
・私は〇〇に住んでいます。ちょっと田舎ですが住みやすいですよ。山田さんはどちらにお住まいですか?
(まずは自己開示から始めている。相手も答えやすい)

 

**************練習問題2
あなたの上司、鈴木さんは気難しいタイプであまり話ません。自分のことをどう評価しているのか?気になって睡眠不足になっています。自分の評価を聞きたい場合、どうすればいいでしょうか?

 

解答例
NG例
・私の実力を会社はちゃんと評価してくれていますか。どのように評価しているか具体的に教えていただきたいと思います。

(自己開示がなく唐突)

OK例
・実はわたくし、今自分がどう評価されているのかとても気になっていて、少し考えすぎてしまっています。もし可能であれば、成長したいので教えていただけないでしょうか。
(自己開示から入って質問している。答えやすい)

***********練習問題3
あなたには気になる異性がいます。はじめてデートをしました。しかし、相手はもともと社交的でいつも明るいので、本当は自分のことをどう思っているのかわかりません。デート後、自分からメールをすることにしました。

解答例
NG例
・今日の私は○○さん好みだったかな?
(自分の自己開示がない)

OK例
・私は今日ととっても楽しかったです!また会いたいと思っています。〇〇さんは楽しかったかな?
(自分の自己開示があるので相手の気持ちを引き出しやすい。)

自己開示で相手の気持ちの理解を深めよう

 

自己開示で相手の気持ちの理解を深める!

練習問題はいかがでしたか。相手の気持ちを理解するための方法として「自己開示」についてお伝えしました。ポイントは「自分が先に自己開示」「まずは浅い自己開示→深い自己開示」でしたね。積極的に自分の気持ちを示すことで、相手が気持ちを出してくれます。関係に合った自己開示で、相手との距離を徐々に近づけて相手の気持ちの理解を深めていきましょう。

次回は、相手の気持ちを理解する方法の3つ目「心のよみすぎ(読心術)をやめる」についてご紹介します。

★自己開示すると相手の気持ちが出る!相手の気持ちの理解を深めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



自分から自己開示をしよう!