>
>
>

相手の気持ちが分かるコツ!5つの姿勢で聴く

相手の気持ち


相手の気持ちをはっきりさせるコツとは?5つの聴く姿勢で解決③

自分の想像と相手の気持ちは違う

コラム②では、相手の気持ちがわからない原因の1つ「相手の言葉をそのまま受取ってしまう」の対策を考えました。会話中、相手の表情と声のトーンを意識することが大切でしたね。

今回は、相手の気持ちがわからない原因の2つ目「相手の気持ちを考えすぎてしまう」について解説します。

相手の気持ちを考えることは優しい気持ちの表れですが、考えすぎてしまうと自分を追いつめることになります。また、あなたが想像していることを相手も感じているとは限りません。

当コラムでは、考えすぎずに、相手の気持ちをはっきりさせるにはどうすればよいかを一緒に考えていきましょう。

5つの姿勢で「聴く」を心がけよう

相手の気持ちを考える相手の気持ちを考えるには、「聴く」姿勢が大切です。「聴く」ということは、相手の感じていることや伝えたいことを理解しようと、一生懸命に耳を傾けることです。自分であれこれ想像するのではなく、きちんと相手に向き合い、気持ちを確認することが必要なのです。

それでは、相手の気持ちを「聴く」ために大切な、5つの姿勢を確認していきましょう。

①先入観を持たない
あなたが、「相手はきっとこう考えている…」と思っていると、相手の本音は聴けません。思い込みを捨て、素直に相手の気持ちを聴きましょう。

②積極的な姿勢をアピール
相手に興味があるという気持ちを、全面的に出すことが大切です。相手の思いを軽視するような態度を見せてしまうと、相手の話したい気持ちを引き出せません。視線、表情、姿勢、あいづちなどで、相手に関心があるサインを積極的に出していきましょう。

③相手の話を優先する
話の中心に自分を置かず、相手からの声を引き出すように会話を作りましょう。自分が聞き役になることで、話しやすい状況を作ることができれば、自然と本音を話してくれるはずです。

アドバイスは控えめに
親切な人ほど、会話がアドバイス志向になってしまいます。あくまでも、相手の気持ちを聴くことが目的ですから、相手の気持ちを親身になって受け止めるところまでにとどめましょう。

⑤「違い」を受け入れる
相手が間違った発言をすると、訂正したい気持ちになりますよね。しかし多くの場合、それは間違いではなく、自分との「違い」です。相手を受け入れる気持ちで耳を傾けましょう。

最初から思ったようにできなくても大丈夫です。まずは心がけて実践してみましょう。

 

素直になって相手の気持ちを考えよう

相手の気持ちは聴くから相手の気持ちを聴く5つの姿勢がわかりましたか。相手の気持ちを考え、「聴く」ことに重点を置くと、相手の気持ちがわかるようになります。

想像をふくらませて自分を追いつめてしまう前に、相手の話を聴いて、気持ちを確認することが、相手を正しく理解する一番の近道です。素直な気持ちでしっかりと耳を傾けてみましょう。相手の気持ちがわかることで、コミュニケーションもうまくとれるようになりますよ。

次回は、相手の気持ちがわからない原因の3つ目「信頼関係ができていない」についてご紹介します。

★5つの「聴く」姿勢と、素直な気持ちで、相手の気持ちを理解しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



5つの聴く姿勢を確認しよう